もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

くものがっこう」 みんなの声

くものがっこう 作:みらい なな
絵:いけずみ ひろこ
出版社:童話屋
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784887470866
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,456
みんなの声 総数 8
「くものがっこう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • くもにも学校があるんだね

    お空を見上げるのが大好きな娘。いろんな形の雲を見つけては、『リンゴみた〜い』『かいじゅうみた〜い』などと言ってる娘にピッタリの絵本だと思って選びました。雲の学校にも校長先生がいて、色んな勉強して。目をキラキラさせて聞いてました。沢山の想像力をいっぱい膨らませて。

    掲載日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • くものうごきは早いのよ

    くものがっこうのお話です。
    入学するところから始まり、色々な形をつくったり、空の校庭を跳ね回ったり。
    一年生っぽい雰囲気に親近感をおぼえる娘。

    くものがっこうは、“くもり空”ができたら卒業。
    くもだけに流れが早く、案外あっさりと「ごうかく。そつぎょうです。」となったので、娘は「もうそつぎょう?はやっ!」と叫んでました。だって娘の学校生活、これからが本番ですから(笑)

    お菓子の形になったり、どうぶつの形になったり、なかなか楽しいお話です。

    掲載日:2013/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔は・・・

    私も子供のころは空に別世界があるって思っていたのですが・・・・この絵本を子供に読んでいて、そのころの気持ちがよみがえってきました。子供もこのお話を聞いて、「空の世界に行ってみたい!!」って言っていたので、子供はみんな通る道なのかなっておもいました。

    掲載日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い生徒たち

    うんぼく、うんなん、うんせい、うんとんの4人の可愛い生徒たちが

    学校に行って立派な雲になる練習風景を画いています。

    4人共とても可愛くて微笑んでしまいます。

    曇り空が作れるようになったら卒業なのですが、それまでの過程を一生

    懸命な4人の姿がかっこよかったです。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々な練習

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    「くものがっこうえんそく」が面白かったので、こちらも借りてきました^^
    くもの学校では一体どんな事をするんだろうとワクワク。
    四角になる練習、好きなものになる練習など形を変える練習があったり、青空や曇り空などの空模様を変える練習があったり、面白かったです。
    でも、入学から卒業までちょっとあっけなかったかな?
    「くものがっこうえんそく」のスケールが大きかっただけにちょっと物足りなく感じました。

    掲載日:2011/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  •  空模様のお勉強

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    私の評価は普通なのですが、娘が気に入りました。
    学校にいくというのが少しずつ身近に感じられてくる年頃なので、こういうおはなしが楽しいのかも。
    内容は題名から想像がつくとおり、雲の子どもたちが学校へ行き、空模様の作り方を学習するというものです。
    卒業試験は「曇り空」。
    晴れて欲しい日に曇ってしまったとき、空で雲の子どもたちが一生懸命身を寄せ合っている姿を想像すると、ちょっと楽しい気分になれるかもしれませんね。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 曇り空の作り方♪

    • すずらんぷさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子13歳、女の子10歳

    空の色が爽やかな、初夏にぴったりの絵本です。お話しもとてもわかりやすく、絵もとってもかわいいですよ♪
    4人(?)のくものこどもたちが、「くものがっこう」に入学します。卒業課題は空一面の曇り空を作ること。それまでに、いろいろな課題をこなしていく様子がほのぼのと描かれています。私自身は「青空」を作るページが特に気に入りました☆
    曇り空で気持ちが沈みがちな日でも、空の上で雲の子供たちががんばっているのかなぁ…などと考えると、何だか楽しくなってきますね。
    作者のみらい ななさんはオリジナル作品は今作が初めてということなのですが、シャーロット・ゾロトウさんの絵本を多く翻訳されているようです。こちらも、読んでみたくなりました。

    掲載日:2009/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユニークなくもの練習

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    くものがっこうに入った4人のくもの子供。
    先生のもとで、様々な練習をします。
    どれもユニークな練習で、空を見るのが楽しみになりそうな絵本です。

    中でも娘の気を一番引いたのは、くもがいろいろな形に変身する場面でした。
    「これ何だろう?」の問いに、ひとつひとつ元気よく答えていく娘。
    知っているものがたくさん出ていたので、ほめられてまたうれしそうな表情を見せていました。

    あらゆる練習をクリアし、最後にはくもの子供たちがまたまた大変身。
    その光景を見て、娘の表情がいっそう明るく。
    手でなでなでし続けていました。

    掲載日:2008/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット