雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

「すてきなケティ」 みんなの声

すてきなケティ 作:クーリッジ
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「すてきなケティ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもの頃に読んだお話

    子どもの頃、小学館の世界名作全集で「ケティ物語」という題名で読みました。続編として「その後のケティ」というのがあると知っていたのですが、なかなか読めずにいました。

    ようやく古本を見つけて、シリーズ全部買ってしまいました。

    「すてきなケティ」は、長女で下に妹弟が5人もいるにも関らず、全然お姉さんらしいところがないケティの様子が描かれています。おてんばだけれど、他のシリーズでは、成長してこのおてんばぶりが見られないのが少し残念でもあります。

    いとこのヘレンさんがケティの人格形成に関ってくるとても重要な人物で、ヘレンさんが事故で下半身不随であるにも関らず、清潔で感じがよく優しくてケティに良い影響を与えていくのが、子ども心に羨ましく、こんな人に会ってみたいと思ったものです。

    少女の成長物語なので、系統的には「赤毛のアン」や「若草物語」と同じ系統と思われます。

    おてんばで活発なのは、「若草物語」のジョーに近いかもしれません。

    ケティがブランコの事故でやはり下半身不随になり、けがを克服して、我慢や忍耐を覚えていくのが、子どもながら感動的で、子どもの頃に何度も読みました。

    「すてきなケティ」の中に、いつか自分もみんなから憧れられる人になりたいというのがありますが、子どもって、今の自分は棚にあげて、素敵な人になった大人像を描いてしまうものかもしれないと思いました。

    掲載日:2008/11/17

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット