すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

こどものすきなかみさま」 みんなの声

こどものすきなかみさま 作:新美 南吉
絵:谷内六郎
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1982年02月
ISBN:9784477161181
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,639
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どのおはなしも身近に感じられますが、どれも南吉ならではの視点で書かれています。
    「こどものすきなかみさま」は昔話が基になっているそうです。

    「ひとつのひ」は想像力の面白さを教えてくれます。
    だれでも想像すれば、知らない世界へと行けますし、相手を思いやる気持ちが育ちます。

    どの話も読み終わってほっとできるので、こういうお話をたくさん読めば、子どもたちは優しい気持ちになれると思いました。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいまなざしを感じる

    郷土の作家ということで、記念館にも行ったことがあります。

    といっても作品自体はあまり読んだことがありませんでした。

    谷内さんの郷愁をそそる絵がマッチしていると思いました。

    タイトルになっている「こどものすきなかみさま」が微笑ましかったです。

    平和への祈りが感じられる「ひろったラッパ」もいいなあと思いました。

    全体を通して感じられるのは、物や子どもを見る時の優しいまなざしでした。

    「うられていったくつ」に対してもいつまでの大切にはいてほしいと願う気持ちが物がたくさんある時代には感じにくい気持ちですが、それもいいなあと思いました。

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット