みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。

おなかの大きい小母さん」 みんなの声

おなかの大きい小母さん 作:まど・みちお
絵:はた こうしろう
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年01月
ISBN:9784477010601
評価スコア 4
評価ランキング 23,324
みんなの声 総数 1
「おなかの大きい小母さん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 生きとし生けるものに畏敬の念

    乳幼児向けのおはなし会で配布する通信を作り始め、絵本や大人向けの本を紹介する中で、スペースがあく月があり、詩を載せようと思い立ちました。

    そういえば、まどさんの詩で妊婦さんにエールを送る優しい詩があったことを思い出しました。

    それがこの表題にもなっている「おなかの大きい小母さん」です。

    道端の草花や木々が妊婦さんのお腹の中の赤ちゃんにエールを送っているなんてまどさんらしい優しさが感じられる詩です。

    改めて読みなおしてみて、あの蚊にさえも優しいまなざしで見つめるまどさんって、やはり素晴しいなあと思いました。

    いつも平易な言葉で、そして小さなものたちに向ける目がとても温かい。

    生きとし生けるものに畏敬の念が感じられるのです。

    こんな優しい詩が書けるなんてとても素敵です。

    ベージュとピンクの色調の表紙、中の挿絵も茶色の線のみと、とてもシンプルではありますが、詩の世界を広げてくれそうな気がします。

    元々詩は好きでしたが、息子が乳幼児期の頃は長い本もなかなか読めませんでしたし、詩にとても助けられたのを覚えています。

    出産祝いに贈っても喜ばれそうなこの本。

    詩はちょっとと敬遠せずに、お子さんと一緒に楽しんでいただけたらいいなあと思います。

    掲載日:2010/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット