だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ねこじゃらしの野原」 みんなの声

ねこじゃらしの野原 作:安房 直子
絵:菊池 恭子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年06月
ISBN:9784062611527
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 寝入り物語にどうぞ

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子8歳

    学校の本のボランティアを始めて6年近くになりました。
    最近、新しい試しみとして、学校図書室内に、子どもたちへお薦めの本などを紹介する新聞を不定期で、張り出しています。

    今の子どもたちの心に響く本、読んでおいて損はしない名作など、紹介したい本は山ほどあります。
    今回はどんなお話を紹介しようかと、いろいろ手にしていて、この「とうふ屋さんの話」を読んでみました。

    素直にいいお話でした。

    実際、編集されている作品は1982年を皮切りに1980年代のもので、お話の中で描かれている町並みは、今の子どもたちにはちょっと想像しにくいかもしれません。
    (近所に手作りとうふ屋さんなんてものもなかなか見ませんしね)

    大人のくせに、好奇心旺盛でよく不思議なことに巻き込まれてしまうとうふ屋の主人が、高感度高いです。
    短編集をまとめたものなので、寝入り物語に1話づつ読んでもたいした時間にはなりません。ぜひ一度お子さんたちに読んでもらいたいお話です。

    掲載日:2008/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット