ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ムーミンのともだち」 みんなの声

ムーミンのともだち 原案:トーベ・ヤンソン
文:松田 素子
絵:スタジオ・メルファン(我妻康美)
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年08月
ISBN:9784062148832
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,038
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいい&深いっっ!!

    ムーミンの雑貨が家にあるので、同じ絵が描いてある絵本に反応するかと思い1歳5ヶ月の娘に読み聞かせました。
    文章がしっかり書いてあるので、まだ娘には長かったようですが、私にとってはとてもよい絵本でした。
    冬の寒さ、友達との別れ、そういう辛いことがあるからこそ強く、豊かに生きることができる…。
    ムーミンのかわいいイラストでこういう大事なことを教えてくれる絵本は、子供にとっても説教っぽくなく心にすんなり入っていくのでは!?もう少し娘が大きくなったら、改めて読み聞かせたい絵本です!

    掲載日:2008/12/05

    参考になりました
    感謝
    3
  • いつも一緒にいなくても

    ムーミン、というとつい楽しいキャラクターを見てしまいますが、お話もすてきです。
    スナフキンやリトルミィをはじめ、年齢も性別も全然ちがうのに、みんな友だち、というのがうらやましいなと思います。動物なのか、人間なのか、も関係ありません。

    スナフキンが旅立つのを、ムーミンは淋しがります。けれど、いつも一緒にいなくても、意見がちがっても、
    信頼しあえるのが友だちなんですね。
    ママの植える球根を見て、スナフキンを理解するムーミン、こんな考え方ができるようになりたいなと
    思いました。

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • 友達の立場に立って

    子供の頃ムーミンのアニメをよく見ていました。

    ですが、原作の方は白黒でおなじみのキャラクターも
    印象が違う気がして手を付けておりませんでした。

    本作のシリーズは、カラーでアニメに出てくるムーミンに
    似ているので読んでみようと思いました。

    秋になってムーミン谷の皆は冬眠の支度をします。
    ムーミンが冬眠?とアニメでそんなのあったかなぁと
    思いながらも、冬沢山の雪に覆われしまう谷に
    とどまれないスナフキンは春になったら戻ってくると
    ムーミンに約束しますが、ムーミンはふくれてしまいます。
    スナフキンが暖かい南の国に旅立ってしまうことに
    腹を立てたのです。
    (自分たちは家もあって冬眠しまうのになんと勝手な!)
    娘はムーミンの気持ちに賛同しましたが、スナフキンは
    たしか外で暮らしているし、みんなが冬眠している間
    一人で待っていろと言うのかなと話し合いました。

    最後にはムーミン同様娘も納得してスナフキンの事を
    きちんと考え笑顔で送りました。友達の立場に立って
    考える事を話し合えた絵本です。

    掲載日:2011/03/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • スナフキン

    「ムーミン」の存在をキャラクターグッズなどでは知っていても、お話として読むことは、子供にとってはおそらく初めてだったと思います。
    少し長くて登場人物も多いので、難しいと感じることもあるかもしれませんが、友情や春まで待つ楽しみが書かれていて、良い作品だと思います。

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 別れ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    だいすきなスナフキンとは冬はお別れ…。
    昔アニメで見ていたと思うのですがそういえばそんな設定だったなと思い出しました。
    また季節がめぐって会えるといってもやはりお別れはさびしいものですね。
    別れがあるからこそありがたみが分かるということはたしかにありますが。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつか息子と読みたいです。先に私が読みました。大好きなスナフキンは冬を前に旅立ち寂しいですが・・・大好きな友達の歌を歌ってくれます。離れているときこそ近くに感じるよと。お別れするお友達がいれば、この絵本で教えてあげたいです。

    森で見つけた冬を越すサナギは寒さにあたらなくてはちょうちょになれません。ママが植えているチューリップの球根も冬を越さなければ綺麗な花が咲きません。色々と子供に教えてあげたい内容の絵本でした。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • スナフキンのオリジナルソング

    キャラクターとしてのムーミンはよく知っているけれど、おはなしは読んだことがありませんでした。小さい子でも楽しめるムーミンの絵本があると知って、良い機会と思い、子どもたちと一緒に揃えて読んでいます。
    こちらは冬も間近に迫ったころのおはなし。秋も深まってきた今の時期にピッタリでした。ムーミンたちの住むムーミン谷の秋の景色が美しく描かれています。
    スナフキンがひとりで旅に出てしまうことを寂しく思うムーミン。そんなムーミンのために、スナフキンがオリジナルソングをプレゼントしてあげます。
    ♪ぼくのともだちすてきなともだち いつもいっしょじゃないけれど あわないときがあるけれど そんなときこそおもいだす とおいときこそちかくなる ひとりでいるからわかるんだ♪
    歌にして読むのが難しかったですが、子どもたちはへたな歌をうれしそうに聞いてくれました。

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット