こいのぼりぐんぐんこどもの日! こいのぼりぐんぐんこどもの日! こいのぼりぐんぐんこどもの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
これ1冊で、「こどもの日」のことがまる分かり!
なーお00さん 30代・その他の方

ストーリー仕立てで分かりやすいです
しっかりとしたストーリー仕立てになって…

ココの詩」 みんなの声

ココの詩 作:高楼 方子
絵:千葉 史子
出版社:リブリオ出版
本体価格:\2,500+税
発行日:1987年10月
ISBN:9784897841571
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,295
みんなの声 総数 1
「ココの詩」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 憧れを原動力にして行動する女の子

    425ページもある長いお話なので、私一人で読みました。

    最初息子が興味を示したので最初のみ読んでみたのですが、当たり前ですが、やはりまだ理解できないようでした。

    人形だったココは子ども部屋のドアから出て行きます。

    「あの向こうに何があるのだろう?」と好奇心に突き動かされるように動いていくココ。高楼方子の長編物には、憧れを原動力にして行動する女の子たちがよく出てきますが、ココもその一人かもしれません。

    ココが知ってしまった名画の贋作のこと。それをどう解決するのか?目が離せない展開でした。

    それと、少女として暮らすココがそのままの生活を送り続けていれるのかも気になりました。

    あとがきを読むと作者が一年四ヶ月イタリアに滞在していたことがあり、そこから生まれたお話だとか。

    「サン・ロマーノの戦い」という名画がモチーフになっているようです。

    登場するネズミたちが魅力的でした。イタリアの街の中で、人間には知られずに暗躍するネコとネズミの世界があるという、もう一つの世界が感じられました。

    でも、子どものお稽古を待っている合間に読んだので、話がつながりにくいところもあり、もう一度読んでみようと思っています。

    掲載日:2008/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


子育ての大きな悩み「寝かしつけ」に役立つシリーズ!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット