ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

にんじんのたね」 みんなの声

にんじんのたね 作:ルース・クラウス
絵:クロケット・ジョンソン
訳:小塩節
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784772101929
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,516
みんなの声 総数 21
「にんじんのたね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • どんな芽を出すの? 

     野菜の植え付けには、種から育てる方法と苗を植えて育てる方法があります。
     芋類は親芋を植え付けます。
     例えば、だいこんは種から育てますし、キャベツは苗から始めます。エンドウは種からですが、季節によっては日当たりの加減もあって、小さなポットで苗の状態にして植えかえするようなこともあります。
     種の場合、気をつけないといけないのが鳥の攻撃です。土の中に埋めて見えないはずですが、どうしてもほじくりかえされるということがあります。ですから、防虫ネットをかけます。
     また種によっては発芽しない場合もあります。そのため、何粒かを同時に蒔いて、芽が出てきたあとに間引きをしたりします。
    種から始めるのがいいか苗からがいいのか、それぞれの野菜の特性がありますから一概にはいえません。
     ただ、種の場合は土がぽっこり膨らんで、さてさてどんな芽がでてくるのかという楽しみはあります。
     この絵本も、そんな楽しみを描いた作品です。

     なんといっても、クロケット・ジョンソンさんの絵がいいです。特に背景が描かれているわけでもなく、線も色も素朴です。それでも、この絵本の持っている雰囲気がよく伝わってきます。
     男の子がにんじんの種を「ひとつぶ」土にまくところから始まります。この子、勇気があります。「ひとつぶ」だと発芽しない可能性もありますから。お母さんもお父さんもお兄さんも「芽はでないと思うよ」と言いましたが、男の子は毎日水をあげたり草をとったり、しっかり世話をしてあげます。
     でも、なかなか芽は出てきません。
     野菜によっては発芽に時間のかかるものもあります。
     男の子はそれでも待ち続けます。すると、どうでしょう。
     ある日、芽が出て、またたくまに男の背丈以上に育っていきました。
     そして、大きなにんじんが収穫できました。

     たったこれだけの話ですが、この男の子の根気のよさには脱帽です。
     どんなことも、いつか芽がでることがあります。そのことをこの子は教えてくれているのかもしれません。
     これだけ大きなにんじんを、男の子はどんな風に食べるのでしょうか。それを考えるのも楽しい、絵本です。

    掲載日:2015/11/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ねばりづよいな〜 あきらめずに

    にんじんのたねをひとつぶまきました
    お母さんも お父さんも おにいちゃんも「め なんか でないとおもうよ」
    みんなに 否定されても   あきらめずに  水をやり 草を取り

    みんながまたそろって 「 め なんかでっこないよ 」

    それでも めげずに くさをとり みずをやり 

    とうとう めがでたのです   男の子は 信じていたのです 

    みんなはどういったでしょう? 
    男の子のねばりづよさ 信じる心に乾杯です!
     
    この子はこれからも ねばりづよく 生きていくことでしょうね

     すごい! 感動です!

    掲載日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛のちから

    あまり立派ではない、一粒のにんじんの種。
    まわりの家族は、「め なんか でないとおもうよ」というのです。

    だけど男の子は、一生懸命世話をします。
    なんど言われても、気にせずに。
    そして、とても立派なにんじんになるのです。

    にんじんの生命力。
    男の子の信じる気持ちと、深い愛情。

    シンプルですが、とても深くて感動的なお話でした!

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルなストーリー

    男の子がにんじんのたねを植えるのですが、
    家族みんなに「めはでないよ」と言われてしまいます。
    でも、必ずめがでると信じて、お水をあげ続ける男の子
    の姿が、とっても頼もしく感じました。
    最後には、男の子の信じたとおり、しっかりとめがでて
    くれます!
    シンプルなストーリーですが、信じることの大切さ、
    植物を大切にする気持ちなど、素敵なことを教えてくれ
    ました!!

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルだけど奥深い

    あれ?はろるどくん?と思って手に取りました。クレヨンを持っていないので、はろるどくんではないようです。
    男の子はにんじんのたねをひとつぶ土に撒きます。周りの家族から「芽なんかでないよ」と言われ続けても、一途に世話をし続けます。私も言ってしまいそうなセリフでしたが、大いに反省させられる結果に。
    自分の心を信じ続けることの大切さが、とてもシンプルに描かれています。子どもたちにも繰り返し読んであげたいです。
    自分の生きる道に不安になった大人も勇気をもらえるかも。

    掲載日:2013/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み比べて

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    こちらの方は、ほぼ直訳で「にんじんのたね」を中心に訳されています

    もちろん、そこにはあきらめない男の子の水やりがあってこそですが・・・

    種自身の、男の子の水やりに応えようという、言葉が最後の1文かな・・・

    男の子が種に一番近かったということですね
    後は好みの問題ですが、どちらにしろ親しまれる絵本です

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子育てみたいで後から思い出す

    園長先生に勧められた絵本です。

    小さな男の子がお母さんにもらった人参のたね。
    誰も芽などでないと思っていたけれど、
    男の子は周囲の意見に影響されることなく、
    人参の種を大切に育てるお話。
    絵本の男の子のマイペースな表情が印象的です。

    読み終わった後は、信じる力はいいな・・・という感想と、
    子ども達にも読みやすいなという簡単な感想でした。

    それから子育てをしているうちに、
    この絵本を何度も思い出すようになりました。
    人参の種がまるでわが子の成長のように思えてきます。

    わが子だけ出来ない事や成長がゆっくりな点があったり、
    幼稚園に在園していると、
    ついつい他の子と比較してしまう状況になります。

    そんなとき私は、この絵本を思い出します。
    子どものペースで成長する、親として信じる力、
    周囲の意見に影響されない心の強さ、
    自分の考えでゆっくり愛情をこめて育てていくすばらしさ、
    きっとわが子なりに立派に育ってくれるだろうという希望を
    この絵本から教えてもらえます。

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 信念

    誰に何を言われようと信念を持っている男の子が立派です。

    たった一粒の人参の種を芽が出ると信じて水をやり、草をとって「まだ

    まだ まだ まだ・・・・・・」でした。

    諦めないで、芽が出ることを信じてる男の子の信念は、見習いたいと思

    いました。人参は、袋いっぱい蒔いてしまって間引きするものだとばか

    り思っていた私は、恥ずかしくなりました。たった一粒の種も沢山の種

    も本当は一つ一つの種だから、一つ一つを大切に育てるのは一緒なんだ

    と思いました。人からなにを言われようと自分に信念が持てるのは、自

    分にとって自信があることだからそんなふうに生きていくのが理想です

    掲載日:2010/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぱらぱら漫画みたい

    2歳9ヶ月の息子に読んでやりました。ニンジンの種を植え、芽がでて実がなることを期待している男の子のお話です。

    絵がとってもシンプルで(表紙の絵のまま、ずっと最後まで)、文章も少なく、まるでぱらぱら漫画のようです。

    でも、種を植え、それを父、母、兄が芽がでるはずないさ!と否定的な目で見ていることがちょっとさびしいですね。種を植えて芽がでてくるまでが、とっても楽しみなのですから、それを否定するなんて・・・と思いました。ちゃんと芽はでてくるので、安心してください。うちの息子は、否定ムードだったからか、あまり感動はしなかったみたいです。

    種を植える楽しみを伝えたい方にはおもしろいかもしれません。

    掲載日:2010/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 信じる者は救われた

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    周りから否定的なことを言われ続けても、自分の信念にしたがってやりとげるということの素晴らしさを教えてくれる一冊です。

    気軽に手にとってみたこの本ですが、深い内容でした。

    自分を信じて最後には、救われたところでスッキリとします!

    大人も子供も楽しめる絵本です。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット