イースターハッピーふっかつの日! イースターハッピーふっかつの日!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
大人気行事絵本最新刊! これ一冊で“イースター”の全てが分かる!!

だめよ、デイビッド!」 みんなの声

だめよ、デイビッド! 作・絵:デイビッド・シャノン
訳:小川 仁央
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年04月
ISBN:9784566007109
評価スコア 4.74
評価ランキング 834
みんなの声 総数 114
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

114件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • まさに今・・・

    まさにこの本のデイビッドのように、いたずら盛りの3歳の息子。
    私もついつい「だめ、だめ」とか「しずかにしなさい!」とか言ってます(反省)

    息子はこの本を見ながら「こんな事したらダメだね〜」とか言ってゲラゲラ笑っています。

    大好きだからこそ、怒ったあとのフォローが大切だなぁと思った一冊です。
    毎日怒らずに済めばいいですが、そんな事はまず無理?なので、怒った分だけ「だいすきよ」と抱きしめてあげたいです。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • ドキッッッッ!!!!!

    はっきり言って、恐い系のママには怖い本です。

    当時、2番目の子にかまけてばかりで、ついつい長男を厳しく育てていたころ、この本に出会いました。
    本人はゲラゲラ見ていたのですが、私は内心どきっっっとしました。

    デイビッドを通じて、純粋な少年の心を覗けた気持ちになりました。

    掲載日:2010/01/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小さな子がいる大人にも。

    • めらんこりさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、男の子0歳

    我が家の3歳児もイタズラ大好きで、やって欲しいことはやらないのに、やらないで欲しいことばかりします。
    1日に何度「ダメ!」「やめて!」と言っていることか…。

    でも、そんなイタズラ小僧でも、かわいくてたまりません。
    デイビッドのように抱きしめてあげると、すごく嬉しそうな顔を見せてくれます。

    子供にもいいけど、親が読んでもほっとできるかもしれません。

    掲載日:2017/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • やんちゃなデイビット

    見るからにやんちゃものの、デイビット!
    いたずらする気がなくても、ぜんぶがいたずらになっちゃう。
    大人の立場からしたら、これは大変!
    でも、元気いっぱいでなんだか憎めない。
    ページが進むにつれて、こんなにダメダメ言われてすこし可哀想と思ってきたのですが
    おかあさんの言葉にほっとしました。

    掲載日:2017/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかる〜(笑)からの・・・

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    子ども(特に元気な男の子)のやるイタズラ(大人にとっては。子どもにとっては遊び)に、あるあるっておもしろく読みました。実際にそんなことがあると、そんなおおらかな気持ちで向き合えないんですけどね。今は2歳前の息子もあんなふうになるのかと思うと・・・おそろしい!でも、最後のページで思わず泣きそうになってしまいました。本当、子どもってかわいいんですよね。しょげてると抱きしめたくなっちゃう。悲しそうにしてるとこっちも泣きそうになっちゃう。・・・そしてガミガミ言ってごめんって思う。でもまたがみがみしちゃう。こんな繰り返し。愛おしい毎日。

    掲載日:2017/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさに

    まさに、まさに! うちの子 !
    子どもが幼稚園に入りたての頃、図書館でこの本と出合いました。
    初めて読んだときは、そのそっくりさに本にかぶりつきました。
    自分が何をしているのか、その結果何が起こるのか、本人ですらわかっていない行動の数々。
    親は結果しか見ていないので、大きな声で咎めてしまう。
    子どもは寝る前に暗くなった寝室で、今日した来たことを思い出し、たまらなくなって『ごめんなさい』と…
    本の最後には、抱きしめあう親子。
    読み聞かせをした後に子どもと同じように抱きしめ合いました。
    読んだ後に親子して微笑みあうことができる、そんな絵本でした。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 普遍なんだな〜

    この絵本の主人公のデイビッドくんはアメリカの男の子のはず。しかも、この絵本が出版されたのは約20年前。それなのに、現代の日本の男の子たちとぜんぜん変わらない!おもしろいなぁ〜
    文化が違くても時代が多少違っても、男の子がお母さんに注意されそうなことや、やりそうなことは変わらないんですね〜

    なにをやっても「だめよ!」と怒られちゃうのですが、やっぱりママの愛情が一番うれしいよね!

    とても微笑ましい絵本です。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全頁試し読みで読みました。娘二人だったからか、ディビッドのように悪戯や困った経験がなかったので、やんちゃも可愛くていいかなあと思っていた私ですが、孫たちは、今まさにその時で日常茶飯事でやっております(笑)おかあさんの「ディビィ、こっちにおいで。よしよし、デイビッド!だいすきよ!」と、抱きしめてあげることが一番大切だと思いました。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読む前の気持ちとしては、
    デイビッドってどうしようもない男の子の絵本のようだけど、
    どうして、こんなに賞をもらっているのかな?
    ってそんな感じでした。
    全ページお試し読みで興味津々で、読んでみました。
    ママの声と、デイビッドの何かしているいろいろな場面がどんどん
    出てきて、デイビッドが元気で、好奇心旺盛で、屈託がなくて、、
    という風に、どんな子なのか、すぐにわかりました。
    これでは、大きな声を出さないわけにはいきません。
    でも、裏表紙のNOの連続、、ああ、かわいそうに、
    こんなにかわいいのに、いっぱい怒ってしまって、、
    と思ってしまう気持ち、すごくわかります。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ああ、わかる〜

    朝の「もう起きなさい」から始まり、夜の「もう寝なさい」まで一日中次から次へと「〜しなさい」や「ダメ」と言いたくなることのオンパレード!
    うちの息子もデイビッドと同じだわ〜。

    デイビッドほど派手な”やらかし”まではいかなくても、多かれ少なかれ子供はみんなそんなものなのでしょうね。

    「ダメ!」と言ってしまわないように飲み込むようにしていますが、それでもつい「ダメ!」を発してしまうこともあります。
    きつく叱ってしまうこともあります。
    でも最後のアレがあればきっとデイビッドたちにはお母さんの愛情が伝わるはず!

    掲載日:2017/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

114件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / キャベツくん / 大きなクスノキ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いないいない…ばあっ!で、とびきりの笑顔に♪

みんなの声(114人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット