ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

「王さまブルブル」 みんなの声

王さまブルブル 作:舟崎 克彦
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「王さまブルブル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分の老いを認めて

    草原の王様として、強さに自信があったライオンのブルブル。歳月は残酷なもので、ブルブルも年をとり、力を誇示するのが難しくなります。

    強かった誇りを捨てて生きることができないブルブル。人間でもとてもプライドが高い人は、自分の失われた力や過去の名声にしがみついてしまうものかもしれませんね。

    年をとったブルブルがどうやって生活していくのか、自分と折り合いをつけていくのかがとても気になりました。

    最後は、気持ちのよい終わり方で、ブルブルにとってもよかったのではないかと思いました。

    自分の老いを認めて、年を重ねていくって難しいことだなと感じました。

    掲載日:2008/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット