だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

うみべであそぼう」 みんなの声

うみべであそぼう 作:なかの ひろみ
写真:小林 安雅
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784834023534
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
「うみべであそぼう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 海に行きたくなります!

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子11歳

    我が家はビーチコーミング(浜辺に落ちている漂着物を拾い集める遊びのこと)が趣味です。
    岩場に遊びに行くと、小さくて面白い生き物がいっぱい。
    浜辺にはゴミや海草に混じって、貝殻や、ヒトデやウニの殻などがうちあがっています。
    貝殻やヒトデがかわいたもの、ウニの殻とか、本当にかわいいんですよ♪我が家では海からの贈り物と呼んでいます。

    この海遊びの楽しさが満載なのが、この本。
    この本には、ヒトデやウニの楽しい生態が、美しい写真とともに説明されていて、すぐにでも海に遊びに行きたくなります。
    巻末には、出てきた生き物についての詳しい説明が載っているのも嬉しいところ。海に持って行きたくなります。

    小学校での朝の読書タイムに、月に一度読み聞かせにお邪魔するのですが、4年生の7月にこの本を読みました。
    「うわぁ〜」なんて声をもらしながら、楽しそうに聞いてくれました♪
    ついでに貝殻やウニの殻、ビーチグラス(瓶の破片が波に洗われて丸くなったもの)などを、標本箱に入れてプレゼントしたら、とっても喜んでくれて、私も嬉しくなりました♪




    掲載日:2012/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海の観察

    この前ウミウシなどを触る体験に行ってきました。そのあとに見たので、この本をリアルな感覚で見てました。「ウミウシはこんぐらいやったね〜。楽しかったね!また行こう!!」って言って、体験を振り返って楽しかったです。写真とか詳しく載ってました。

    掲載日:2011/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真絵本

    写真絵本に興味を持っているのでこの絵本を選びました。沢山の物が登場するので楽しく読む事が出来ました。見た事がない物もあって、とても勉強になりました。一つ物でも角度を変えて色々な方向から見せているのが良いと思いました。色々と手に載せてみたくなる様に漢化するアングルが素敵だなと思いました。実際に海に行きたくなる絵本です。

    掲載日:2009/05/26

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット