大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

かいわれざむらいとだいこんひめ」 みんなの声

かいわれざむらいとだいこんひめ 作:川北 亮司
絵:国松 エリカ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784494008001
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,418
みんなの声 総数 26
「かいわれざむらいとだいこんひめ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • かいわれわれ

    われわれは、かいわれわれ、かいわれわれ。かいわれざむらい達一生懸命だいこんひめを探すのですが。。結果、だいこんひめに助けられるという。何度も読むうちに楽しくなってくる絵本です。娘は、にんじんが、うっうっうっと泣いてるシーンが好きなようです。

    掲載日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • かいわれざむらい 小さいけれど。。

    いなくなったお姫様を
    さむらいたちが探しに行く時代劇、
    そしてハッピーエンドといえば
    むつかしいストーリーではありません。

    だいこんひめ、かいわれざむらい、
    今まで主人公として絵本で活躍しそうにない
    野菜です。

    おおぜいの かいわれざむらい
    ちいさいのに いさましく
    独特の言葉で 
    ひとりひとり(1本1本?)ちがう顔。

    おとなの私がひとりで楽しむ絵本というより、
    絵本の読み聞かせの上手な方に
    読んでもらって
    聞いてみたい絵本です。

    かいわれ 大根、
    小さいお子さんに なじみのある野菜ではないような気がしますが、
    幼稚園児ぐらいのお子さんが
    どんな表情、感想を持つか
    案外 言葉を真似したりするのではないかな。。と
    想像します。

    かいわれ大根、
    これから野菜売り場で気になる存在になりました(笑)

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • だいこんひめをさがせ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    だいこんひめが行方不明に。
    かいわれざむらいがだいこんひめをさがしに出ます。
    なんとなくオチが予想できてしまいました。
    かいわれざむらいはひとりでなくてたくさんいます(笑)。まあかいわれですしね。
    ことばのリズムが面白いと思いました。

    掲載日:2015/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野菜の時代劇

    かいわれ大根のお侍さん、かわいいです。
    風になびく様子が、頼りないような感じもしたりして・・・
    「われわれは・・・」の台詞が、特徴的でしたね。
    他にも、リズミカルな言葉が多くて、声に出すと面白いですよ。
    登場するキャラクターが野菜ばかりで、楽しかったです。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムが良くて楽しい

    野菜が主役になった絵本は数あれど、かいわれだいこんが主役、しかもお侍だなんて、スゴい発想!と題名を読んだだけで笑えました。
    お城から姿が見えなくなったお大根姫を探して、かいわれ侍たちが出陣します。背筋(じゃなくて頭?)をぴーんと伸ばすその姿は勇ましくて、でもちょっと笑えます。
    歌のようなリズムの良い文章が楽しくて、娘たちは声をあわせて読み上げていました。擬音がたくさん使われていて、聞くのも読むのも心地よかったです。

    掲載日:2014/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じ大根なの?

    かいわれ大根が絵本に出てくるって

    なかなかないんじゃないかな?

    赤ちゃん絵本だとカレーに入りそうな具だけだし、

    好き嫌いの絵本だとピーマンだったり。

    かいわれ大根にとっても興味を持ってました。

    このひょろひょろした葉っぱみたいなのは何だろう・・

    そんな顔してましたが、かいわれ大根だと説明すると、

    大根の仲間なの?同じ大根?みたいに

    ますます興味をもったようです。

    このひょろひょろの侍たちがとってもかっこよく

    姫を探しに出かけます。

    お話の中に、さっさっさっとか、ぽっぽっぽとか

    擬音が何回もでてきます。

    さむらいの言葉の部分だけちょっとかっこよく

    読むとおもしろくなります。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • かいわれわれ?

    鉛筆のような顔にピッと伸びた葉っぱ。この姿が、なんかツボです。
    シャキっと勇ましく、行方不明のだいこんひめを探しに行くのですが、
    やることなすこと空回るカンジが面白かったです。
    本文は、全てが歌のようにリズムがあります。
    そして、気がつくと“かいわれわれ かいわれわれ”と呟いてる自分が居ました(笑)
    平和すぎる時代モノです♪

    掲載日:2012/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい!!

    子供も私もとっても気に入ってます!!かいわれざむらいってなんかいい!!とっても頼りなさそうなのに侍だなんで。そこがまたカワイイです。このお話では、活躍するのかと思いきや・・・結局何にもできないまま終わってました。そこもなんかかわいくていいです!

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野菜のキャラクター達が良い

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    我家では、「フンガくん」シリーズが大人気の国松エリカさんの絵による作品です。

    物語は、だいこんじょうで、だいこんひめが居なくなったと、大騒動になっているシーンから始まります。
    とのが大根というのは当たり前ですが、その家来達がユニーク。
    ニンジン、ナス、キュウリ、ゴボウ等の家来達、表情がとても豊かで結構笑えると思います。
    そこに登場するのが、かいわれざむらい。
    ひめを探しに行くのですが、あまり統制が取れておらず、川岸では葉が絡まってしまったり、ぶつかったりで、間抜けという感じです。
    川の中にひめを見つけた所までは良かったのですが、泳ぐつもりが溺れてしまい、実は水浴びしていたひめに助けられる始末です。

    かいわれざむらいとだいこんひめが並ぶと、まるで一寸法師という感じ。
    考えてみれば、かいわれって極めて小さい野菜ですから、こんな風なのでしょうが、キャラクターの選択としては大正解。
    良い味を醸し出してます。

    絵もさることながら、文章がとてもリズミカルなので、読み手にとっても読み易い作品だと思います。
    幼稚園の年少くらいからがオススメで、このキャラクター達に、はまるお子さんも多いことでしょう。

    掲載日:2011/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 題名と表紙に心つかまれました。

     まず、題名と表紙にガッツと心をつかまれました。

     ずっと歌を歌っているかのように読める文でした。

     息子たちは絵をよく見ていました。
    隠れた野菜さんを教えてくれました。

     小さな面白さが心に残る本でした。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット