あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

したて屋リセロット」 みんなの声

したて屋リセロット 作:ナディーヌ・ウォルター
絵:カンタン・グレバン
訳:宮本佳枝
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784893257239
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,803
みんなの声 総数 4
「したて屋リセロット」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あたたかな友情物語。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子12歳

    この時期になると、特に絵本選びに熱が入ります。
    なぜって・・・年長さんにとっては、幼稚園最後の読み聞かせになり、
    当然ながら、良い絵本を選びたいと考えるからです。
    そこで、推薦したいのがこの絵本。

    したて屋のねずみのリセロットは、小さいけれどとても器用。
    ねずみたちの服を、注文があれば、
    どんなものでも素晴らしい服に仕上げてくれます。
    ところが、ねずみたちの服を全部作ってしまったので、
    仕事がなくなってしまいました。
    そこへ、なかよしのもぐらが言いました。
    「どうして、ねずみの服しか作らないの?」

    リセロットは体が小さくて、
    自分よりも大きな動物たちの服を仕立てることが出来ません。
    でも、小さい体で頑張るリセロットをみて、
    森の仲間たちが助けてくれるようになるのです。

    ひとりでは出来ないことも、
    仲間と協力すれば出来る素晴らしさを教えてくれる絵本です。
    年長さんには、こんなともだちをたくさん作ってほしいと思います。

    カンタン・グレバンの絵は、淡く優しい絵。
    動物たちも可愛い。
    おはなしにぴったりです。

    最後に仕立てることになるおおかみは、迫力満点。
    なぜって、おおかみの鼻の上にいるリセロットが、
    あまりにも小さく、今にも食べられそう。
    ちょっと、どきどきしました。
    でも、とても紳士的でした。

    サンタさんからのプレゼント。
    今でも娘の本棚に大切にしまっています。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 動物の絵が魅力的

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    カンタン・グレバンと言えば、「ウルフさんのやさい畑」「カプチーヌ」等でお気に入りの作家の1人。

    主人公のリセロットは、ねずみの仕立て屋。
    ねずみ達の服を全部作ってしまったので、仕事が無くなってしまいます。
    そんな時、仲良しのもぐらがある提案をします。
    「ほかの どうぶつの ふくを つくればいいじゃないか?」

    それからは、他の動物達の服を仕立てることになるのですが、仕立てで大事なのは採寸。
    当然、自分よりずっと大きな動物の採寸をしないとならず、周りの動物達が協力してくれるのです。
    皆で肩車をしての採寸は、なかなかのもの。
    いろいろな服を仕立てていくのですが、一番気にいったのは、いたちのワンピース。
    笑えます。

    最後に仕立てることになったのは、おおかみ。
    このおおかみは、あなぐまがコートを仕立てて貰った時に、遠くから羨ましそうに眺めていたという伏線もあり、帽子を作ることになるのです。
    仕事を終えた時の、皆の満足感に満ちた絵に、ほっとしたお子さんも多いことでしょう。

    友情で成り立つという物語もさることながら、やはり、カンタン・グレバンの絵が良いです。
    沢山の動物が登場しますが、それぞれが、良いキャラクターを醸し出していて、更に、仕立てた服がアクセントを加えています。
    動物に服をいうコンセプトが奏効した楽しい作品だと思います。

    見て楽しんで欲しい作品として、オススメです。

    掲載日:2011/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙の毛糸の色が暖かい色で素敵だったのでこの絵本を選びました。自分には出来ない事でも友達がいれば助け合う事が出来る素晴らしさを教えてくれる絵本でした。主人公が自分の特技を生かして皆の注文通りの物を作成していく様子にとても感動しました。周りの友達もしっかりと主人公の事をサポートしているのが素敵でした。こんな温かい仲間に囲まれて暮らす主人公は幸せ者だと思いました。

    掲載日:2009/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲間の協力

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    一人ではできないことも、仲間と協力すればできる。
    そんなことを教えてくれる絵本です。

    したてやをしているねずみのリセロットは、ねずみ相手だけでは仕事がなくなってしまいます。
    そんなときに、ともだちのもぐらが素敵な考えを提案します。
    ともだちを思うもぐらの優しさに、心が温まります。

    このリセロットも仕事熱心で、けな気に頑張る姿がとてもかわいらしいです。
    中でも仕事中にあみばりを持ったまま寝てしまう姿には、思わずニッコリ微笑んでしまいます。

    怖いおおかみにもほめられたリセロット。
    これからもみんなのために頑張って欲しいです。
    くれぐれも体には気をつけてね。

    掲載日:2009/03/09

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット