アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

おやおや、おやさい」 みんなの声

おやおや、おやさい 作:石津 ちひろ
絵:山村 浩二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2010年06月
ISBN:9784834025552
評価スコア 4.49
評価ランキング 7,006
みんなの声 総数 95
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

95件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • みずみずしい*

    ダジャレのようなちょっと違うような ことばあそび楽しいです♪
    石津さんのことばあそびって、ワンランク上って感じがします。リズムのよさも◎。
    このシリーズ、わりと小さい頃から読んでるのですが、うちの娘がハマりだしたのは、年長さんくらいから。
    “ことば”の理解度がグンとあがったからだろうなって思います。
    わたし的には、山村浩二さんのかわいいのにリアルさとみずみずしさを保ってる絵がたまらないです。美味しそう♪

    ちいさい子は絵とリズムで楽しめ、大きい子は更に“ことばの旨み”を堪能できるんじゃないかなって思います。

    掲載日:2013/05/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわにぼちゃん

    2歳の息子が、今一番はまっている絵本です。

    やさいたちのマラソン大会のお話です。

    息子の一番お気に入りのページは、
    かぼちゃの ぼっちゃん かわにぼちゃん
    のところ。
    ばたばた走りまわっては、
    「かわにぼちゃ〜ん!」
    と言いながら、おもいっきり倒れて遊んでいます。

    私が、「きゅうりは きゅうに?」というと、
    息子が、「とまれない〜!」
    と答えたりして、親子で毎日楽しんでいます。

    私と主人のお気に入りは、
    はくさい はくしゅは てれくさい
    です。
    はくさいが照れながら走っているうちに、
    他のやさいに追い越されてしまうという・・・。

    長いお話ではありませんが、とっても見所のある絵本です☆

    掲載日:2010/06/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 野菜嫌いが治るかも

    • ★ハチ★さん
    • 30代
    • せんせい
    • 静岡県
    • 男の子0歳

    簡単な言葉遊びなのですが、出てくる野菜達がとってもユニークでかわいらしいです。
    しかもしっかり物語になっていてページのすみずみまで楽しめる絵本です。
    野菜嫌いの男の子が給食中に苦手なものを残そうとしてたいたときに、そっと絵本を持ってきて「これと一緒だよ」と声を掛けたら完食してくれました。

    掲載日:2017/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 存在感のある野菜たち

    本屋さんで見かけるたびに気になっていました、
    野菜たちの、リアルなような、とてもユーモラスな、それでいて存在感があって・・・。

    ようやく図書館でみつけて借りてきました。
    眺めるだけでもよし、じっくりと朗読してみるのもよし。

    個人的にはかぼちゃのぼっちゃんが救出されているあたりが芸が細かくて好きです。

    掲載日:2016/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • だじゃれ満載

    色々な種類のおやさいたちがマラソンを走る中で、野菜らしいダジャレが満載です!うちの子の場合、野菜の名前が気になったらしく、何度も何度も「これなあに?」と質問攻めにあってしまいました。おかげでスーパーでも野菜の名前がちゃんと言えるようにw

    掲載日:2016/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愉快な野菜マラソン

    野菜たちがマラソン大会に出たら、こんなに楽しいのですね。
    リズミカルな言葉遊びと、野菜の表情がとても和ませてくれました。
    これで好き嫌いが無くなったら言うことなしですね。
    応援の野菜からもいろんな声援が有りそうで、登場キャラクターを眺め回して楽しみました。

    掲載日:2016/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことばあそびが楽しい

    最近言葉の吸収がめざましい次男に読み聞かせました。「かぼちゃのぼっちゃん おいけに ぼちゃん」のページが気に入った様でした。一緒に「ぼちゃ」と言っています。隣で聞いていたお兄ちゃんは、にんじんに注目してました。リズムよく短い文書で書かれているので、何回か読めば上の子はきっと覚えてしまうでしょう。絵も優しいタッチで描かれていて、だけどリアルでみずみずしく、それぞれの野菜のキャラもしっかり表現されていて楽しめます。

    掲載日:2016/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく覚えられそう

    いろんな野菜たちがマラソンをする様子がなんだか滑稽です。
    この絵本の魅力はリアルな野菜の描写と、リズミカルな文章だと思います。走る野菜たちをうまく文章で表現していて、暗記しそうなくらいインパクトがあります。いろんなお野菜が登場してくれるので興味をもつきっかけになりそうで気に入りました。

    掲載日:2016/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい

    本屋さんで、読んでと言うので読んだら私の方が楽しんじゃいました。かぼちゃが川にぼっちゃんした次のページでは、みんながかぼちゃを引っ張って川から救出しているシーンが。そういう、細かなところを探してみていくと色々な発見があり何度も読むと楽しめそうです。

    掲載日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっという間に丸暗記!!

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    息子が1歳の一度見せた時はほとんど興味を示しませんでしたが、
    改めて図書館で借りてみたところ大ヒット!

    知ってるお野菜がたくさんでてきたり、
    ダジャレっぽいフレーズが気に入ったようで
    大爆笑。
    とくに、『きゅうりはきゅうにとまれない』と
    『かぼちやのぼっちゃん、かわにぼちゃん』は
    大のお気に入りで、本を読んでいる時でなくても言いながら笑ってます。
    食卓にこの本に出てくる野菜がのると盛り上がるし、
    多少機嫌が悪い時も『かぼちゃの、、、?』と
    こえをかけると笑い出すほど。

    他にも息子が食べたことのないパセリやラディッシュなどがとりあげられてるのもいいと思ったし、
    観客たちも全部違った野菜で描かれてて、
    これなぁに?と野菜を覚えるのにもピッタリです。

    息子はあっと言う間に丸暗記して、
    本が手元にないときにうろ覚えで読むと
    『ちがうよ!○○だよ!』と言ったり
    『あと、△△の野菜もあったよ!』などと
    何度も指摘をうけました。。。
    子供を夢中にさせる、素敵すぎる本です!

    掲載日:2015/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

95件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / しょうぼうじどうしゃじぷた / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝かしつけの魔法のテクニック

全ページためしよみ
年齢別絵本セット