ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

そらをとんだかめ」 みんなの声

そらをとんだかめ 作・絵:クマーリプンニャ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2009年01月
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,431
みんなの声 総数 8
「そらをとんだかめ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スリランカの昔話  こんな話があるんだな〜
    「そらをとんだかめ」 おもしろいタイトルにひかれました
    つる かめは何だか縁起の良い話かな?

    つるはかめと友達になるのです 日照りでかめは池に水が無くなり 困っていたのですが 友達のつるたちは かめを 池まで連れて行ってあげると親切にいうのです・・・・(約束はどんなことがあっても 口は開けない)

    空を飛んでいく つるたちとかめの姿が 何だかおもしろい

    森中のどうぶつたちは、かめが空を飛んでいるのにビックリするのです

    村の人々は空を飛んでいるつるとかめの姿をみて かめさんがんばれと応援するのです   う〜ん なんだか へんな光景だから 疑問に思うのではと思いましたが
      
     かめはつるの言葉を信じてがんばるのですよ。
    このけなげさは 池に行きたいと思う一心なんですね
    空を飛んでるかめとつるの姿を見て

    こどもがいった言葉
    「はねもなくて そらをとぶ ばかなかめ!」

    かめは 馬鹿にされたのに腹が立ったので 「なんだって!」この一言でくるくると 落ちてしまうのです・・・
    「あーあ」
    つるは そのままいってしまうのですが  えっ? つるさんたちかめのこと友達だったら もっと面倒見てあげてよ
    その後かめは 池にいくことができたんでしょうね
    かめがかわいそうに思いました

    掲載日:2013/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • やりきれない

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    タイトルからして面白そうだったので、図書館で借りて来ました。
    亀がどうやって空を飛ぶんだろうと思いながらワクワクしました。
    なるほど。亀が棒を咥え、それを2羽のツルが咥えて亀を運ぶのですね!
    何があっも決して口を開けないという約束でね。
    亀もツルも、お互い棒を咥えているので、飛んでいる間はコミュニケーションができません。亀の不安もツルには届かないし、ツルの激励も亀には届かない。そのもどかしさが何とも言えませんでした。
    だからこそ、ラストのようなやりきれない結果になっちゃったのかな〜と思いますね。
    その後亀はきっと、自力で池まで歩いたのではと信じたいですね。

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 縁起のいい話!?

    この本の題名を読んだ時に、どういう展開でかめが空をとぶんだろう?って思いながら読み始めました。鶴に助けてもらって、空を飛んだのですが、棒を離してしまい、結局空から落っこちてしまいました。そんなかめを鶴は助けなかったのに、うちの子は怒ってました。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話って・・

    昔話って結末がなんだか意味不明に終わることが多いです。
    で、この本もやっぱり最後がちょっと「何で?」って思える結末でした。
    子供は最初この絵本に興味なさそうでしたが、子供が亀に向かって叫ぶ場面が大好きで子供のセリフは自分が読むと譲りません。
    私にはこの絵本のよさがわかりませんが子供は大好きです。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • スリランカ

    スリランカの昔だったのでこの絵本を選びました。約束を守る事の大切さを教えてくれる絵本でした。どんな状況でもどんな事を言われても約束を守る事で自分の夢を叶える事が出来るのは大変な事だと思いました。主人公が一生懸命に励む様子が伝わってくる描き方が気に入りました。我慢する事の大切さを教えてくれる絵本でした。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頑張ったね

    鶴との二人三脚で頑張った亀さんだったのに、もう一歩のところで口を開けたので空から落ちてしまいました。
    もう少しで目的地の池だったのに残念です。
    折角仲良しになった鶴さんたちだったのに、約束を破ッタンだから仕方ないといえばそうなんだけれど、なんだかさみしい気持ちになりました。
    でも頑張った亀さんです。鶴さんたちだって遠い距離を亀さんを必死になって頑張って運んだんだから亀さんは感謝していると思いました。
    意地悪な子のことなんか気にしなくていいし、相手にしなかったらよかったんだと思いました。きっと亀さんは、後は自力で水のある池までたどり着くと信じています。頑張った亀さんだからきっと出来ると思います。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしいお話

    何の気なしに書店で手にしたんですが
    これは子どもの頃読んだことがあるお話だったと気づいて
    迷わず購入しました。
    懐かしい!やっぱり子どものころ触れたお話って鮮やかに蘇るものですね。
    てっきり日本むかしばなしだと思っていたのですが
    スリランカの昔話だったのですねービックリです。
    二羽の鶴の持つ棒に食いつき空を飛んだ亀が
    懸命に棒を離さずにいるのだけれど
    ついに我慢の限界に至っていくきっかけが楽しいですね。
    ラストも皮肉った感じではなく背表紙でカメさんもハッピーになってめでたしめでたし♪ですね。

    掲載日:2008/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 予想外の結末!?

    • さやかさん
    • 40代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子10歳、女の子8歳

    表紙を見て、「かめがどうやって空を飛ぶの?」と思い

    手に取りました。

    つるとかめがでてくるお話なので、どんな結末かをある程度

    予想して読みすすめました。(もちろんハッピーエンド)

    かめが空を飛んでいる間は、「がんばれ!」という気持ちで・・・。

    ところが、最後は「え〜っ、こんな結末あり?」と思いました。

    ちょっと消化不良な感じもしますが、こういうことも

    ありますよね。

    その後のかめくんはどうなったのかな??

    掲載日:2008/12/04

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット