雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

ぼくはねこのバーニーがだいすきだった」 みんなの声

ぼくはねこのバーニーがだいすきだった 作:ジュディス・ボ−スト
絵:エリック・ブレグバッド
訳:中村 妙子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1979年
ISBN:9784034250709
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,618
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 十番目の良いところ

    ペットが死んだ悲しみを乗り越えるには、心から弔ってあげることに始まると思います。
    良かったところを数えてあげることは素晴らしいことですが、花を咲かせる手伝いをしているというのは、ちょっと違うんじゃないかなと思いました。
    生きていた時のバーニーが、死んでなお役に立つって、子どもには切なすぎるのではないでしょうか。
    その点、お父さんの言葉に違和感を覚えた自分です。
    命を受け止めてあげないと、この子は死の意味を勘違いしてしまうような気がしました。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 死を正面から乗り越える

    ペットが死ぬ話といえば「ずーっとずっとだいすきだよ」を思いつきますが、何度もそういう事に遭遇している身としては、あまりにきれいに割りきって納得のいかないものでした。
    そしてこの本に出会い、これなら合点がいく、(そういう場面になった時)我が子に読んであげられると溜飲を下げました。

    また宗教的見解をさらりと否定して、あくまでもバーニーそのものの死に焦点をあてており、気休めではなく真っ向から死に対峙して乗り越えさせていた。
    バーニーの死が、他のものを生かすという言葉はよかった。こう言われると、いちばん気が休まる。
    幼いころ恐怖も伴って体験した飼い犬猫の死が今頃ようやくきれいな思い出になった気がする。

    掲載日:2014/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 命について考えるきっかけに

    小学2年生の教科書に推薦図書として紹介されていたので、図書館で借りてみました。
    ねこのバーニーが亡くなってしまうというところから始まる悲しいお話ですが、悲しさの中にもバーニーに対する愛情と家族の優しさが感じられる絵本だと思います。
    命について心について、小さい子でも理解しやすく、親子で考えるいいきっかけになりました。
    全ページモノクロで絵からも物静かで悲しさがあふれています。

    掲載日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつかくる日

    我が家にも猫がいます。いつかその日が来たら、しっかりとお別れができるのだろうか。時々そんなことを考えます。
    この絵本には、その答えがありました。
    子どもにも説明ができ、自分自身もしっかりと受け止められると思いました。
    この世界とは違う世界の存在に、親子で考えられるお話、さらに深い愛情を感じました。

    掲載日:2014/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛するものとのお別れの時

    大好きな人との別れは言葉では言い表せないほどつらいことです。
    それが、人でなく、動物だったとしても。
    大人ですら、それを受け止めるのは、なかなか難しいもの。
    ぼくの家のねこ、バーニーがなくなってしまい、家族でお葬式をします。バーニーを埋めて。
    友達は、バーニーは天国に行ったといい、ぼくは、土の中だと譲らない。
    でも、そういうのって、子供だからわからないんじゃなくって、大人だって同じなんです。
    死んじゃったらどこへ行ってしまうのか...
    どうして死んでしまうのか...
    誰かがなくなるたびに、同じことを考え、同じ悲しみにくれ、その答えはどこにあるのかわからない。
    でも、みんなで、バーニーのことを思い出し、バーニーのいいところを話し合う。
    そういうことって大事ですよね。
    父親と一緒に種を植え、土の中のバーニーは、この種が花を咲かせるお手伝いをしているんだよ、というお父さんの言葉。
    バーニーを失って落胆するぼくの心は、とても救われた気がしたんじゃないかな、と思う。
    心にすんなりと入っていく本です。

    掲載日:2007/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな説明もあったのか。。

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    死をあつかった本は多いですが、死んだ後の魂や、残したもの存在を書いたものがほとんどです。

    この本は、死んだら肉体がどうなるかを書いてあって、より子どもたちには
    具体的で分かりやすいです。

    「よいところを10数える」はわが家で流行って、落ち込んだ人がいれば、
    いいところをみんなで10個でも20個でも言ってあげます。

    いいところを数えるって、その人の好きな面をさがすことで、
    その人への感謝にも繋がりますね。
    もちろん、人だけではなく、動物でも物でもそうです。

    この絵本からいろいろを教えてもらいました。

    掲載日:2006/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深い感動を呼ぶ本!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子6歳、女の子2歳

    ペットの死をテ−マにした作品で有名なのは、「ずうっと、ずっと、大すきだよ」(ハンス・ウィルヘルム 作)がありますが、けっこう好き嫌いが分かれますよね?(1年生の教科書にも載っていて、長女の音読を毎日聞いてますが、私にはあまり響いてこないな〜。)

    一方、こちらは、ビンビン響いてきますよ〜(笑)。だいすきだったねこのバーニーが死んでしまい、深い悲しみの中にいるぼく、そんなぼくに、かあさんは、「バーニーのいいところを十おもいだしてごらん。おそうしきでみんなに話せるように。」と言います。いっしょうけんめい考えたけれど、九つしか思い出せません。両親とぼくととなりのアニーの4人だけの、ささやかな、でも心のこもったおそうしきも終わり、アニーと口げんかになります。そこへ現れたとうさんは・・・。
    愛するペットを失った少年の、素直な気持ちが書かれ、それを暖かく見守る両親の深い愛情が、静かに伝わってくる作品です。ラストはジ〜ンとなりますよ。
    表紙以外はすべて白黒の絵が、よけい雰囲気を作っています。

    掲載日:2002/12/04

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット