ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

「まねやオイラの旅ねこ道中」 みんなの声

まねやオイラの旅ねこ道中 作:森山 京
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「まねやオイラの旅ねこ道中」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人に喜んでもらうのが嬉しい

    オイラはおばあさんのうちで飼われていた猫でしたが、おばあさんの死後、おばあさんの弟の権三にこき使われて家出します。

    器用な猫で、何でもまねができるので、どこへ行っても重宝がられます。

    重宝がられているのに、村が恋しなくなって村に戻る道中のお話なのですが、わざわざ家に戻らなくても了斉先生のお宅などは快適に過ごせそうなのになと思いました。

    誰がの持ち物である「○○の猫」というよりも、自分で選び取った人生の方が苦労はあっても幸せなのでしょうね。

    どんなことをしても器用な猫なのですが、その道を極めようとする気はなく、人に喜んでもらうのが嬉しいという生き方が心に残りました。

    掲載日:2008/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット