おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

12つきのおくりもの」 みんなの声

12つきのおくりもの 作:サムイル・マルシャーク
絵:杉田豊
訳:白井 三香子
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1997年01月
ISBN:9784577015667
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,794
みんなの声 総数 2
「12つきのおくりもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 12の月の精

    12の月の精にとてもロマンを感じました。12の月の精たちは、勤勉で動物たちに優しい、働き者で、綺麗な歌声でいつも楽しませてくれて、雨や風の日でも明るい笑顔を見せてくれる娘に見方してくれました。12の月の精たちも協力して、「みんなから、君へのプレゼントだよ。」とすみれの花を咲かせてくれる場面は、とても優しくて感動しました。物語にとても惹かれてぐいぐい惹きこまれていきました。我がままな御姫様も自分を反省してよかったです。絵も綺麗で可愛かったです。

    掲載日:2011/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森は生きているの原作

    幼いころにアニメかアニメ絵本で読んだ、「マツユキ草」という白い花が印象的な、森は生きているという物語が大好きで、大人になっても心のどこかに残っていました。

    そして、子供が幼稚園から借りてきたこの絵本の冒頭を読み、森は生きていると同じ話だとすぐに気が付きました(後で調べたらこちらが原作だということです)。

    登場する花がマツユキ草ではなくすみれでしたが、健気な少女が12つきの妖精に出会うこのお話はやはり素敵なお話でした。

    ただ、我が子には12月の妖精の絵が少しわかりにくかったみたいなので、その辺を幼い子にも理解できるような工夫が欲しいと思いました。

    掲載日:2008/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



コップのフチ子原案!これまでにない絵本ができました

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット