だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

むささび星」 みんなの声

むささび星 作:今西 祐行
絵:斎藤 博之
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1971年09月
ISBN:9784591005385
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
「むささび星」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 重厚な山人たちの話でした

    九州の山奥に杉を育てて生活している村の話です。
    独特のしきたりと木登り競争。
    風土色で固められているので、受け止めるには高学年向けかもしれません。

    木登り競争に勝つことで、すぎのほつみの権利を得る男たち。
    勝者のとったすぎのほはいい木が育つといわれ、男たちは競争に勝つための鍛錬を重ねます。
    いったん勝者になると、すぎのほの買い手も集まり、収穫が間に合わないと隣村からすぎのほを買い付けてそれを売るという者も現れる。
    勝者は一躍裕福になるのだが、そのために男たちは鍛えることを忘れたり、怠惰な暮らしで次の年に勝者になることがない。

    その中で、早くに父と死別して、貧乏な家に育った太郎が、競争に勝ち、奢ることなく誠実に生きていくさまが描かれます。
    そして、太郎はむささび星の伝説として語り継がれることになる。

    杉の木の、木から木へとむささびのように飛ぶ技は、想像すると恐怖心しか生まれないのですが、男の美学として描かれているのでしょうか。
    想像できない話ですが、そのような風土が昔にはあったのです。
    玄人受けするような絵本だと思います。

    掲載日:2011/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと切ないはなし

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    これは創作民話なのでしょうか。

    「すぎのほつみ」のおはなしなのですが、内容が地元のひとでないと正直、よくわかりません。
    幼い頃に亡くしたお父さんを慕う子供の気持ちがよく出ていて、そしてついにはお父さんによばれたかのようにいなくなってしまう・・・
    そんな切ない最期でしたが、お父さんに会えて良かったなあという気持ちと、星になったという表現で、とても美しい話になっています。

    子供は、なぜかこのおはなしをよく覚えていて、読み気かせをしたあと何日かたっても、「むささび星は良い話だよね」と言っていましたね。
    最期、死んでしまったのが印象的だったのかな。

    掲載日:2008/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット