だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

チャレンジ ミッケ!(5) むかしむかし」 みんなの声

チャレンジ ミッケ!(5) むかしむかし 作・絵:ウォルター・ウィック
訳:糸井 重里
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,360+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784097260851
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,375
みんなの声 総数 15
「チャレンジ ミッケ!(5) むかしむかし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 一番お気に入りのミッケ!

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子8歳

    チャンレンジミッケ!のシリーズは何冊か持っていますが、この「むかしむかし」が一番のお気に入りです。目を凝らしてじーっと、息子と探しながら時間を過ごすのが、最高に楽しいです。

    有名な昔話のワンシーンが沢山登場します。探すのが難しいものを「みっけ!」と指差したとき、とても満足感があります。
    絵もとても素敵でみているだけでも、癒されます。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人でも難しい!

    親子二人で肩を並べ探しました。

    お互いムキになり、必死に探しましたが、

    どうしてもみつからないものもあるんですよね涙

    でも別の人がその絵本を見たり、

    別の日にもう一度見ると「あっ!」と

    思わず声がでるくらい見つけたときうれしいです。

    昔話がテーマなので、それも含めて探すと

    絵の背景も楽しめます。

    あとがきを読むと、作者の心意気がよく伝わってきます。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めて制覇!!

    図書館から借りてきて、5歳と10歳の娘たちと楽しみました。

    毎回、ミッケ!シリーズには惨敗(涙)してきたのですが、
    今回のこの一冊は、
    「○○って何?」の質問もほぼ無く、初めて制覇できました!!!
    ↑説明したのは「ておの」と「ゴブレット」くらいでしょうか?
    あ〜、あと「ゴブリン」も聞かれました。
    全部なんとか見付けられて、「きっとこれだよ」で済ませましたが(笑)。

    次女は途中で「このお人形さんが必ず隠れてる!」と隠れキャラ(?)を見つけて、
    とても嬉しそうでした。

    5〜6歳のお子さんからおすすめです。
    10歳の長女も、とても楽しんでいました。
    全部見つかると、本当に気持ちいいですよ!!\(^▽^)/♪

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとぎ

    シリーズで一番好きです。
    色んなおとぎ話の場面がかわいすぎ!あのセット全部欲しい!
    集中して一気にミッケ!しました。

    あかずきんちゃんでは、めんぼうを違うめんぼうと勘違いして、なかなか見つけられませんでした…
    そりゃいくら探しても見つからないはずですよね(笑)
    後で勘違いに気づいたので、無事見つけることはできましたが…。

    ミッケ!は答えがないから、間違うと大変です!

    甥っ子と一緒にするととても気に入ったようだったので、甥っ子にもプレゼントしました!
    ふたりでミッケ!競争して遊んでます。

    誰かと一緒にチャレンジすると、楽しいですよ。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しいー。

    5歳長女は幼稚園で「ミッケ」にはまってるらしく、読みたがっていたので図書館で予約してやっと借りれました。

    いろんな昔話の風景が出ていて眺めるだけでうっとりします。私は眺めるだけでいいのですが(笑)長女が見つからないとこは「ママどこ?」と聞いてきます。それを見つけるのが一苦労。途中で正直降参したくなることも。でも見つけた時は何とも言えない達成感(笑)これがミッケにはまる理由なんでしょうね。

    ただ寝る前の1冊にするにはとっても危険です(笑)

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の中の世界

    ミッケ!シリーズに家族ではまっています。
    今回のチャレンジ ミッケ!は、むかしむかしの昔話の世界。絵本の世界に入った気分で、絵本好きにはたまりません。
    息子もでてくるお話、半分くらいですが知っているので、楽しんでミッケ!していました。
    ミッケ!が大好きな息子ですが、諦めるのが意外と早く、答えを早く知りたがる時もあります。でもやっぱり自分でミッケ!した時はうれしそうで誇らしげ。
    小さい子でもじゅうぶん楽しめるし、大きくなってからも、大人になっても楽しめる本だと思います。

    掲載日:2013/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • うっとりするような世界

    寝る前に読むには酷すぎたというのが正直な感想です。
    いくつかのおとぎ話がそれはキレイな世界観で描かれていて、じっくり眺めていたくなるページばかりです。

    だけれど、ミッケするのが本当に難しい。
    (私がもう眠くて仕方なかったのもかなり影響ありますが)

    途中から「もう見つけるためじゃなくて、きれいな絵を見てママの読むのをただ聞いていて。」って言って母も娘も探すのを諦めてしまいました。

    ちいさなミッケは見やすく3歳の妹にもほどよいボリュームと難易度でとても気に入っていたので、この難易度にビックリしました。

    ひょっとしたらシリーズによってまたレベルが違うのかもしれませんね。
    少し調べて、徐々に読んでいきたいです。

    それにしても本当にかわいらしくきれいな世界で。
    探すのは難しくても、とても好きになりました。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 解禁!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    大人も子どもも、さがしもの絵本にはまるのは、
    苦労してやっと見つけたときのあの快感が、気持ちいいから。
    もやもやした気持ちから、頭がスッキリした時のプチ幸せ…
    たまりません!

    今回の舞台は、むかしばなしの世界から。
    「3びきのこぶた」「あかずきんちゃん」「ヘンゼルとグレーテル」など、
    有名な作品11話と、ラストはすべての物語から総出演の豪華版です。

    そして、なによりも美しい映像が目を引きます。
    あとがきにあるように、苦労の賜物です。
    じっくりと眺めて楽しむのも、いいかもしれません。

    今まで、ミッケは我が家では敬遠してきました。
    なぜって?
    やっぱり、探す物の名前がわからないといけないでしょう?
    子どもに、いちいち聞かれるのがめんどくさい。

    今では、娘1人で探しものをすることが多いですが、
    たまには一緒に探しています。

    今回のミッケは、私も1人で挑戦しましたが、これが結構難しかったです。


    まあ、親子でゆっくりと楽しむのも、至福のひと時ではないでしょうか?

    掲載日:2011/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難易度高し!

    探し物絵本は大好きで初めて「ミッケ」シリーズを手にとりましたが
    こんなに難しい本だったとは!

    2歳の子供は探す物の名称を知らないのがたくさんあるので
    私が誘導してあげないといけないのですが、見つけられない・・・
    子供に「これじゃない?」と言われる始末(笑)
    親の威信にかけて必死に探してしまいます。
    1冊読み終える前にかなりの疲労感が。
    しかし、すべて見つけた時の達成感は何とも言えません。

    またその物を見つけられなくても美しい絵は見ているだけで
    楽しくもあります。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとぎの国

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    さがすのが難しかったもののひとつが、めんぼう。
    てっきり耳かきのほうを想像して探しましたが、いくつかのページに同じ絵があったのでやっと気がつきました。調理で使うほうのめんぼうだったんです。
    探すのも楽しいですが、美しい写真にも目をみはりました。作るのが大変そうだなとか、余計な想像もしながら楽しむことができます。

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット