十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おばけのはなし 2」 みんなの声

おばけのはなし 2 作:寺村 輝夫
絵:ヒサクニヒコ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1979年06月
ISBN:9784251060167
評価スコア 4
評価ランキング 19,432
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 怖っっ!!

    このシリーズ初めて読んだんですけど、子供向けとは思えない残酷で容赦ないお話でした。本物の昔話を偽りなく子供に伝えてくれているのだと思います。
    覚悟してなかった分、恐々読み進めていた私と対照的に息子は何故か楽しそうに聞いていました。怖くもなかったようです。・・・何故でしょう?苦笑

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • オバケの季節に

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    年長の次男が幼稚園の貸し出しで借りてきました。
    短いお話が7つ入ってますので、1日2個ずつと決めて読んであげました。
    息子はオバケを怖がってる様子はなく「目が3つにはが2つ」の話などは
    「かわいーよー」とケタケタ笑いながら眠りについてました。

    少し残酷な描写もありますが、それも昔話の醍醐味でそのまま読みました。
    意外と普通に受け止めてるようです。
    日本のオバケに興味を持ち始めたら、おすすめです。

    掲載日:2010/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけにまつわるお話がいっぱい

    寺村輝夫のむかし話シリーズの1冊です。
    おばけにまつわる昔話が9話も収録されていて、
    おばけ好きのお子さんに嬉しい本の1冊ではないでしょうか。

    テレビ番組のまんが日本昔話を思い出すような、
    ザ・昔話といった感じで、昔話に親しんできた私としては
    おじいちゃんが寝る前に話してくれた昔話を思い出すような雰囲気で、
    自分自身がタイムスリップできる気分でした。
    だからなのか、息子も楽しかったようです。

    かっぱキツネなどにまつわるお話が入っていて、息子はそういった動物ネタが好きだったようです♪

    掲載日:2008/12/04

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット