かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれものの試し読みができます!
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!

のはらひめ おひめさま城のひみつなかなかよいと思う みんなの声

のはらひめ おひめさま城のひみつ 作:なかがわ ちひろ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1995年
ISBN:9784198602994
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,938
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • お姫様って大変だな

    おひめさまになりたいって世界中の

    女の子が思うことでしょうが、

    想像以上におひめさまって大変ですね。

    楽しくてもガハハと大きな口を開けて

    笑うのはダメだし、おいしい食べ物を

    食べている時もガツガツと食べてはいけません。

    お勉強もできて、美しくて、、、と

    あれもこれも!!

    読んでいるだけでウワーーッとなりました。

    お話の最後はしっかりとオチがありましたが、

    おんなのこってたくましくなきゃダメですね

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 表紙の御姫様が愛らしかったのでこの絵本を選びました。主人公が色々な経験をして成長していく所が素晴らしいと思いました。自分の目標の為に試練に耐える姿がとてもかっこ良かったです。主人公に手ほどきする先生もユニークで気に入りました。沢山のドレスの色とデザインが独特で見入ってしまいました。御姫様にますます憧れる絵本でした。

    掲載日:2009/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • お姫様って大変ねぇ〜

    お姫様になるには・・そんなに大変な勉強が
    待ち受けているんだ。
    「ふわふわの布団が積み重なった上に寝るのは危ないし、
    今のままのが楽しいよ。」という娘は、
    私に似てのんびり屋かも。
    お姫様になるより、今が素敵なら、幸せなんだよね。
    めでたし、めでたし(?)

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • しつけに役に立つ本

    うちの娘は、白雪姫が大好きなのでサンタさんのクリスマスプレゼントで。
    この本、お姫様にあこがれてる娘という設定といいうちの娘っぽく娘の名前でいつも読んでます。
    また外国語のお勉強をしなくちゃいけないとか(ちょうど英会話をやってて)ごはんは、ちゃんとお座りして食べないといけないとか・・・。けっこうしつけにも役にたったり・・。

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子ならだれでも・・・

     娘が保育園の年中くらいの時に、「おひめさまごっこ」をさかんにしていたので、おひなさまのお節句にプレゼントした絵本です。
     もう10年以上まえのことになります。

     おかしいくらいにいろんな勉強をして、試練に良く耐え、「あなたさまなら、どんなおひめさまにも、おなりになれます」と言われますが、まりちゃんの考えたおひめさまとは・・・

     女の子なら、だれもがお姫様にあこがれて、ロングドレスがわりの風呂敷、ママのメイク道具、手作りの冠・・・と、お姫様修行?をしますよね。

     でも、たいがいは、その子らしい道を歩いていく!
     この絵本のまりちゃんも、とっても元気で、明るくて、健康的!
     うちの娘も、「のはらひめ」派に育ちました!

    掲載日:2008/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に!と目をキラキラ☆

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    のはらひめ、なんとも素朴っぽいそれでいて可愛らしいタイトルです。
    絵のタッチもやさしく線が細かく繊細です。

    女の子はお姫様になりたいとおもっていました。
    女の子はお姫様になる為にお勉強をするお城に行くことになりました。
    お城ではおつきが6人もいて体をゴシゴシ洗われたり
    ものすごい数の衣裳から今日のドレスを選んで着替えをたり。

    どんな王子さまとも会話が出来るように、各国の言葉のお勉強。
    どの王子様がよりお金持ちか、知らなくては、と数字のお勉強。
    時には王子の助けのためにと戦うお勉強も。

    メルヘンと現実の間にあるようなこのお城でのお勉強は興味深いものばかり。

    娘は よだれをたらさないで、寝相も綺麗に何日も眠る訓練というのに惹かれていました。
    「これが出来たらいばらひめにも、白雪姫にもなれる」と
    描かれていたからです。
    「え?今のところ、もう一度読んで」
    「へ〜本当になれるんだぁ。」
    娘の中でも白雪姫やいばら姫は御伽噺と判っていた様なのですが
    このくだりを読んで「頑張ればなれるものなんだ」と解釈したようです。
    まだまだ子供ですね(笑)

    女の子の大好きなお姫様のストーリーを掘り下げたり、
    お姫様ってこんなにすごい人(?)なんだって考えたり
    今のプリンセスブームにはもってこいの絵本です。

    掲載日:2006/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • お姫様になるためのお勉強のお話。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    女の子でしたら、誰もが憧れるお姫様が1人はいる事でしょうね(o^_^o)
    もしも、お姫様になれるとしたらどうでしょう(☆o☆)お姫様は1日にしてならず?!お姫様になる事って、容易ではないかも知れません(o^_^o)
    女の子の気持ちを心地よく揺さぶってくれる、楽しいお話でございました♪
    女の子にお薦めの作品です。

    掲載日:2006/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • お姫さまになる方法

    • ほんともさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子2歳、女の子0歳

    おひめさまになりたい女の子「まりちゃん」が、おひめさまになるために奮闘するお話です。笑い方や話し方、眠り方や踊り方など様々な事を勉強していきます。中にはプロポーズの断り方なんてのもあって、思わず笑っちゃいます。おひめさまになるのは、なかなか大変!
    2歳の娘はこの本の影響でしょうか・・先日、写真館での撮影の際、迷わずピンクのドレスを選びました!女の子なら、おススメの一冊★

    掲載日:2006/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • プリンセスになりたい子必見

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子11歳、女の子9歳、女の子4歳

    同じ作者の『たこのななちゃん』が大ヒットだったので、こちらも借りてきました。

    おひめさまに憧れる、普通の女の子まりが、ある日突然迎えにきた金の馬車に乗って、おひめさま城に招かれます。ここで、立派なおひめさまになるための修行を積んで、卒業すれば、本物のおひめさまになれる!というのです。

    ディズニーのプリンセスにはまってる次女は、所々に知ってるお姫様が出てくるので、予想以上に喜んでいました。長い髪の毛にも憧れてるので、日本のかぐやひめやお付きの人にも、興味津々でした。

    優しいタッチで、細かいところまでていねいに描かれた絵は、見れば見るほど発見があり、女の子におすすめです。

    ただ、ストーリーやラストのオチは、『たこのななちゃん』ほどおもしろくないかもしれません。

    掲載日:2005/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子はやっぱりお姫さまが大好き

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子10歳、女の子4歳

     「お姫さまになりたい」と願っていた女の子まりが、お姫さまになるための修業をするお話。お姫さま城で、笑い方、言葉使い、社交の仕方……とお勉強を続け、最後にまりがなったお姫さまは……?
     プレスクールのお友達の影響でプリンセス好きになった娘に読みました。やはりドレスを選ぶページが好きなようです。でもこのページには、実際、まりちゃんの着ているドレスが見つからないことから、「ない、ない」とそこがちょっと不満気。いろいろな国の(いろいろなお話からの)お姫さまが紹介されますが、世界中のいろんなお姫さまを登場させようと試みた作者の苦心が伝わってきました。娘の知らないお姫さまもいたので、知っていたほうが楽しめたかなと思います。(もうちょっと年齢の高いお子さんの方が、知識のある分、楽しめるかも知れません。)
     個人的に、花の描かれ方が好き。でも……、やっぱり、いろんなものが詰め込まれ過ぎなのかな……。狙いは面白いと思うのですが、今一つぴたっときません。西洋のお姫さまのイメージに絞った方がまとまったのかな。世界中を網羅しようと思ったら、それこそ、少数民族に至るまでということになり、無理な感じがしました。

    掲載日:2004/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット