くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

CO2のりものずかん」 みんなの声

CO2のりものずかん 作:三浦 太郎
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784593560660
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,840
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 比較しやすい

    難しい環境問題。なかでもCO2のこと。大人でも、なんとなく”車から排出されて地球に悪い”という程度の知識の人も多いのでは…。
    CO2は、人間が息をするだけでも発生するが、乗り物を使うと多く発生する。その、乗り物の種類によって量が違う。
    この絵本は、人一人あたりで比較しているのが、比較しやすい。

    掲載日:2018/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • このお話は、いろいろな乗り物の出すCO2の量が紹介されていました。桁がものすごく大きくなって、想像しにくくなってきたら人間の呼吸と比べてどれだけ多いかを想像することができたので、子供もわかりやすかったみたいです。

    掲載日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすいですね

    おもしろい絵本だと思いました。

    CO2がなんなのかと聞かれると説明は

    難しいですが、数字をみて、なにか感じたと

    思います。

    ただ、残念なのが、最後がなんか途中というか、

    だからなんだろう、、となってしまいました。

    だからこうしましょうねという答えも欲しかったです。

    読み終わった後、それで?となってしまいました。

    掲載日:2016/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 視覚的に伝わりやすい!

    3歳5ヶ月の息子に、絵本原画展のショップで購入しました。

    彼はとても乗り物が大好き。
    これは乗り物の二酸化排出量を視覚的に表しています。
    まだ二酸化炭素のこと、環境問題などは
    彼には難しいとは思いましたが。
    そして、まだ数字もよくわかっていません。
    まだ、少し早かったかな。。

    しかし、それでも、二酸化炭素について簡単な説明をすれば、
    フォントの大きさやイラストで、
    なんとなくぼんやりは伝わったもよう。
    とても視覚的に分かりやすい絵本だと思います。

    かつ、とてもオシャレなイラストです。
    乗り物好き息子の心を捉えたようです。
    最後の、人間一人あたりの二酸化排出量を
    比べたイラストは、本当に分かりやすかったです。

    掲載日:2014/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 環境問題

    二酸化炭素の問題が、とてもわかりやすく書かれているなと思いました。
    文章も簡潔ですし、CO2の数字の大きさなど視覚的にも、二酸化炭素の量がわかりやすいですね。

    もちろんしっかりと「車よりも、電車」というメッセージも。
    環境問題を考えるきっかけになりそうですね。

    今度は、子供と読みたいと思います。

    掲載日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • CO2って何?

    『くっついた』『なーらんだ』などで、赤ちゃん絵本のイメージの強い三浦太郎さんにこんな絵本がありました。

    年長児さんぐらいから低学年のお子さんぐらいまで、ひょっとするともっといけるのかな?

    どんなものがどのぐらいのCO2を出しているのかがわかります。

    CO2削減と言われても、頭で描けないとだめなわけで、その点、比較しながらわかりやすく子どもに伝わる本だと思いました。

    自家用車よりも、公共交通機関をと言われるわけもわかるかも。

    でも、高速道路は、土日は1000円ということもあり、国の施作と、環境を守ることがくい違うことがあり、その点を子どもから問われることになった時には

    どう説明すれば?

    などと、ここから発展することを必要以上に考えてもしまいました。

    まあ、一冊の絵本にそこまで求めるべくもなく、CO2って何?

    削減するには?という観点の入り口になる絵本だと思います。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 納得です

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    親子のお話会で紹介をしました
    CO2(二酸化炭素)削減と言っても目に見えないものをどう削減するのか、子供にも浮上にわかり安いのりものという表現で表した、画期的な科学絵本ですね
    三浦さんの赤ちゃん向けの絵本を良く知っているママたちでしたので、同じ作者でこのような絵本も書いていることに、驚きもあったようです
    子供達を大切にするからこそ、未来の子供たちのために、地球を守るために書いたのでしょうか・・・
    一人分で比べるところは私自身も勉強になりました
    後は一人一人がどう行動するかです
    絵本の中も再生紙を思わせるような使い方ですね

    掲載日:2010/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 環境問題が学べる絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    最近とても注目している三浦太郎さんの作品。
    ファーストブックに良書が多いのですが、今回は身近な環境問題について、乗物を使って説明しています。

    1kmあたり、乗物がどれだけCO2を排出するかという量を、人が歩いた場合と比較しているのがGood。
    この上なく体感しやすい数値となっています。
    大人にとっても初めての気づきがあることでしょう。

    地球温暖化とか環境問題という言葉を聞かない日はありません。
    子供に聞かれて上手く答えられない経験もあるご両親もいることでしょうが、この絵本で解決です。
    絵は、いつもの三浦太郎さんの親しみ易いもの。
    表紙がノートの体裁になっているのも、なかなか洒落ています、

    子供との学習に是非役立てて欲しい絵本で、読み聞かせつつ親子で学習できます。
    続編も期待しています。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三浦さん

    三浦さんの作品だったのでこの絵本を選びました。単純化されている形にするために随所が洗練されていてさすが三浦さんだなと思いました。この絵本を読むことで様々な乗り物の二酸化炭素排出量を自然に学べるのが良いと思いました。二酸化炭素とはどんな物かを分かり易く説明しているのも気に入りました。環境に敏感になれる絵本です。

    掲載日:2010/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実感しやすい

    • さなぼんさん
    • 30代
    • ママ
    • 富山県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    いろんな乗り物のCO2排出量を人の呼吸ででるCO2と比較していて
    大人が読んでも分かりやすい。
    ニュースなんかで聞こえてくるCO2の量って数字が大きすぎて、全く実感できないものだった。
    でもこの本では、人の呼吸やいろいろな乗り物から出るCO2の量が書かれていて、CO2がすごく身近なものに感じる。

    むすこは乗り物が出てくるというだけで、少し興味を持ってくれた。
    まだ小さいので、今はそれだけで十分だと思う。
    ひとつのきっかけになるんじゃないかな。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】木村カエラはじめての絵本出版記念連載B

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット