庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

たんじょうかいのプレゼント」 みんなの声

たんじょうかいのプレゼント 作:宮川 ひろ
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「たんじょうかいのプレゼント」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 涙してしまいました

    小学校で誕生会、そしてお母さんがくるという設定があまり聞いたことがないので、ちょっと違和感がありました。園生活ならありそうですが。

    カバーの説明によると、そういうお話もあるそうです。

    でも、その違和感を払拭するようなのが、後半でした。


    こうすけの新らしいお母さんがお母さんになろうと決心したくだりに涙してしまいました。


    息子はけろっとしていましたが、こういう場面は、大人の方がぐっとくるものがあるかもしれません。

    いろいろな家族のあり方があっていいし、また幸せがあるなあと思いました。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきなおかあさん、じぃぃんとします。

    絵が明るく少し漫画チックなところもあり、コミカルな展開かなと思いきや、心にじーんと暖かな思いが広がる本です。繰り返し読んでは、お母さんの(作者のかな?)暖かな思いを何度も味わいたい感じです。お話はこうです。1年1組では月に一度その月のお誕生日の子をお祝いしてお誕生会を開きます。その会では、お友達から手作りのレイをプレゼント。そして、招かれたその子達のお母さんがその子にまつわるお話をプレゼント。そして、お話の後はチュウのプレゼント。そして歌やなぞなぞ、紙芝居の楽しいイベント。と盛りだくさんです。ところが、来月のお誕生日のこうすけは、もう気が気ではありません。チュウのプレゼントをしてくれる人はいるのかな?お母さんは何を話すのかな?・・・さてさて、こうすけのお母さんのお話はどんなおなはしだったのでしょう?是非、一度読んでみてください。とてもすてきなお話です。人の心を優しくしてくれるような気がします。

    掲載日:2002/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット