なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

「紙芝居 たつのこたろう」 みんなの声

紙芝居 たつのこたろう 作:松谷 みよ子
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「紙芝居 たつのこたろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親子の絆に感動

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    松谷みよ子さんの、民話を基に書いたお話の傑作だと思うのですが
    児童書でも紙芝居でもレビューが見つかりませんでした。

    昨年、子供向け番組で昔話からとった名前のキャラクターがでていて
    どうしても竜の子太郎が読みたいと言い出したのですが、
    園児が読むような絵本が見つからず紙芝居を借りてきました。

    山あいの貧しい町に住む怠け者の太郎。いつのころからか竜の子太郎と呼ばれていた太郎が、お母さんに会いに行くため旅にでます。
    竜になったお母さんにやっと出会い、竜になったいきさつを聞きます。
    そして、竜になったお母さんが人間のために役立ったことで元に戻ります。

    昔の村の貧しさも伝わりますし、親子の絆が力強く描かれています。
    お母さんと太郎が抱き合う場面では、本当に良かったと思いました。
    家で紙芝居を読むとあって、24場面が少し園児には長めだったけれど
    集中して聞いてました。

    今は小学生になって、一人読みが出来るようになった子供に
    児童書で読ませてみようと思います。

    掲載日:2008/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット