あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

バスがきた」 みんなの声

バスがきた 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1985年
ISBN:9784032044102
評価スコア 3.53
評価ランキング 31,377
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ちょっとあわなかったかな

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    バスが好きな息子ですが、こちらの本はどうも気に入らなかったようです。
    なぜかは・・・わかりません。私の語りかけがたりなかったのか・・・
    バスからいろんな人が降りてくるのですが、どのページでも食いつきは全く無く・・・
    「一度読んだら、もういいや」という感じでした。

    掲載日:2015/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルだからこそ

    バスがやってきて、人が乗り降りする様子が描かれています。
    描かれている内容はいたってシンプル。特に大きな意味もないように感じます。
    でも、だからこそ、奥が深いといいますか、この絵本から色々なことが読みとれるのではないかと。
    親子でおしゃべりをして、どんどん世界を広げていける、そんな絵本です。
    やっぱり五味太郎さんはすごい!

    掲載日:2015/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • う〜ん

    五味さんらしい絵本かなと思います。
    バスが好きな息子のために
    借りましたが、あまり興味がなかったようで
    とても残念です。

    文章も短いので小さいお子さんでも
    大丈夫かと思います。

    運転手さんが降りて終わり。
    単純な絵本ですがきっとその奥に何か伝えたいものが
    あるんだと思いますが・・・

    掲載日:2013/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルに

    バスがきてから降りる人乗る人、よく見かけるその風景が
    シンプルに描かれています。一番すきなページはお買い物から
    帰宅した家族が描かれているシーン、微笑ましいです。
    シンプルな中に、色々な物語や景色が想像できます。

    掲載日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • バスがきたんです。

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳

    五味太郎さんの作品が好きです。さらに息子は車好き、なので選びました。
    絵は風景が素敵で、本当にカレンダーにしたいくらいです。

    ただ、セールスマンやお墓参りする人などが何をしているのか、3歳の息子にはわかならいようで、毎回「何しているの?」と聞いていました。バスが大好きですが、そのわりには反応がいまいちだったので☆3つです。

    掲載日:2011/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 拍子抜け・・・

    1ページずつ

    丁寧に読んでいきましたが

    最後の終わり方が

    『おーーーーいっ!!』

    っと突っ込みたくなるような

    オチでした。

    でもそれが、

    この作家のいいところです。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色鮮やか

    乗物好きな息子へ。
    でも1歳半なので、まだ早かったようです。
    バスと認識できませんでした。
    色鮮やかなので、めくって楽しんでいます。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 単調すぎて、暗いイメージ

    バスが大好きな2歳になったばかりの息子に読んでやりました。

    バスがさまざまな停留所でいろんな目的をもったお客さんを降ろしていく様子が映し出されているのですが、なんとなく全体的に暗いイメージです。こげ茶が基調としているせいもあるかもしれませんが、なかにはお墓に行くお客さんを降ろすとか、病院にいく患者さんを降ろすとか、それ自体がちょっと暗いイメージを持たせます。

    そうでなくても、単調で長いので、メリハリがないので読み手の私もあくびが出そう・・・。息子もバスの本のわりに、あまり反応せず、読んでーとせがむこともありません。バスには様々なお客さんが乗っているのは確かなのですが、同じようなバスの本でも「ピンポンバス」はどこかわくわく、明るい感じが持てて楽しいですよ。

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目的は?

    バスから降りてくる人々を描いたお話です。

    色々な人が、それぞれの目的をもってバスに乗り、降りてくる、そんな様子が描かれています。

    注目するのはバスなのかもしれませんが、周囲の情景が様々で、街の様子や人間模様が描かれていて面白いと思いました。

    続編で電車や飛行機などが出るといいなぁと思います。

    掲載日:2008/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • どの人がバスから降りた?

    お話ではないので下の子でもとっても理解できていいみたいです。バスが好きな子におすすめ。
    息子はどの人がバスから降りたのか、バスはどこにいるのか?とずっと質問だらけですが、一回一回納得できるようでゆっくり本を読んであげたときに、読んでいます。
    病院が好きな娘は、病院のとこがお気に入りで包帯グルグルの人がとっても気になるみたいです。

    掲載日:2008/03/10

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / パパ、お月さまとって!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(3.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット