もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ごろごろ にゃーん」 じいじ・ばあばの声

ごろごろ にゃーん 作・絵:長 新太
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1984年02月
ISBN:9784834009668
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,827
みんなの声 総数 108
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 飛び続ける飛行機

    ずいぶん前に、こどものともの配本で我が家にやってきた絵本です。
    配達されて、毎晩の絵本の時間に加わりました。
    子どもが小さかった頃に、活躍してくれたのですが、
    今も現役で活躍している絵本なのですね。
    我が家にも2代目がいます。
    嬉し気な、たくさんのネコの顔
    勇ましく飛んでゆく魚のかたちをした船。
    そろそろ3代目かな。

    掲載日:2018/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飛行機

    孫は、飛行機には乗れないだろうと思っていました。手術して頂いた先生から許可を頂いて韓国旅行に行きました。なんだか、何度読んでも、「ごろごろ にゃーん ごろごろ にゃーん」の繰り返しが嬉しくなる絵本でした。窓から猫たちの嬉しい顔が覗いているのが微笑ましかったです。犬たちが飛行機に吠えているのは、きっと自分たちも乗りたかっただろうと思いました。「ごろごろ にゃーん ごろごろ にゃーん」
    とてもリズム感がよかったです!

    掲載日:2011/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供には楽しいようで

    • 茶々丸さん
    • 70代以上
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

    正直言って、じいちゃんには理解出来ない絵本でした。ごろごろにゃーんと飛行機が飛んでいくが繰り返されているだけなのに、孫娘はなぜそんなに楽しそうに見ているのかわかりませんでした。
    どうやら、じいちゃんには見えない飛行機の中の猫たちの様子を見ているようです。
    言葉が繰り返しなので、一緒になって「ごろごろにゃーん」と読んでくれるのは嬉しいですね。

    掲載日:2008/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「2歳から大人まで」楽しむ一冊に?

     4歳孫娘が2歳の頃、購入しました。
     私は、なんともいえないユニークさに惚れこみましたが、残念、孫娘の反応はイマイチでした。
     ところが、その後思い出したように、ときどき引っぱりだします。

     このたびは、中ページの円盤型物体について、「宇宙の飛行機だよ」と、解説(?!)してくれました。
     読むたびに、新たな何かを発見し、想像しているようです。
     孫娘が「2歳から大人まで」楽しむ一冊になるのかも。

    掲載日:2007/01/24

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい / そらまめくんのベッド / ねないこ だれだ / あおくんときいろちゃん / だるまさんが / おふとんかけたら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

みんなの声(108人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット