あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…

コドモザウルス」 みんなの声

コドモザウルス 作・絵:土屋 富士夫
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784333023486
評価スコア 4.35
評価ランキング 10,272
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 意外な展開に、マン丸目のまま一気読み

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子16歳、男の子14歳、男の子 6歳

    ただ今、恐竜好きの6歳の息子。恐竜展に出かける前にと選んだ絵本。まぁ子供っていうのは、火を噴かない怪獣そのものだものなぁと日頃から思っていた私。まさにコドモザウルス。ピッタリ。でもでも意外な展開に親子で目を丸くしたまま一気に読み切りました。それもそのはず主人公のダイちゃん、化石で発見される衝撃的なオープニング。それも発見者は恐竜達。ここまでお話ししただけで気になってきましたでしょう!?ラストは大きな夢を膨らませておなかいっぱいになります。眠る前の1冊に、親子で読む1冊にお勧めします。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 恐竜好きの子におすすめ

    自分が化石になって恐竜たちの前にさらされるというユーモラスなお話。
    恐竜好きの子にはたまらない絵本だなと思いました。内容もユニークで面白い!
    主人公の男の子を通じて化石になった気分を味わえます。
    土屋さんの本はどれも面白いですが、今回は本を通して恐竜に興味をもつきっかけをくれてます。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • あべこべ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    化石となって恐竜たちによってたかってあれこれと「コドモザウルス」として騒がれてしまう男の子のお話。
    あべこべですねー。ですが恐竜目線で見ると我々は恐竜に対してそうしているわけでちょっと複雑な気分です。
    「コドモザウルス」の説明を見て我が家の娘もコドモザウルスだ、と思ってしまいました(笑)。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実は全然違う・・・かも?!

    えー!!化石になっちゃうの?!
    その展開に、冒頭からもうびっくり!!

    博物館に展示されている恐竜たちも、
    実はこんな気持ちなのかもしれませんね・・・。

    「人間が生きていない時代にいたのに、どうして姿かたちが分かるの?」
    「研究に基づいているって言っても、実は全然違うんじゃない?」

    そう思ったことは1度や2度ではないので、
    同じように思っている人もいるんだなあと、親近感が湧きました。

    「目が覚めてハッピーエンド!」という描写だけで終わらないラストも、良かったです。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜から見ると

     ある意味、子どもは本当に恐竜みたいなところがありますよね。

     いつも恐竜の化石を研究している人間が、研究される側になるなんて、、、。意外な展開で笑ってしまいました。恐竜から見た人間の子どもは、こんなふうに見えるんだなと、おかしかったです。
     
     うちの子も恐竜大好きですが、恐竜の夢は見たことがない、といっています。こんな夢を見れたら、楽しいでしょうね。恐竜のキャラっておもしろいなと思います。

     柔らかい色で、すみずみまでていねいに描かれた絵が、よかったです。

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 予想外の展開

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子4歳

    これはやられましたね。とってもいい意味で期待を裏切ってくれました。
    コドモザウルスと聞き、恐竜の如く素晴らしい悪ガキっぷりを堪能できるものだと思っていました。
    ところがところが、とても奥が深く、もう、今までと同じ見方では図鑑は見られなくなりました。図鑑だけではありません。理科の教科書も歴史の教科書も然りです。
    本当に素晴らしい!いいものを読ませていただきました。

    掲載日:2011/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然史博物館

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    1〜2歳児の親子のお話会で、恐竜のお話は男の子だと好きになる子も多いのでママたちに紹介しました

    作者が自然史博物館に行った際に、脳みそが刺激されこのようなお話が生まれたようです
    考古学は化石のお話を聞いてあげることなんですね
    お話を通して化石の立場になって語られているところが、興味深いです

    いつだって子供達はみーんなコドモザウルスのような気がします・・・

    掲載日:2011/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声なきものの声を聴く

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    土屋さんの作品は、どれも本当に面白いですね!
    恐竜大好きなダイちゃんが、
    化石になって恐竜に発見されるとは!!
    実際の恐竜の化石達も、
    人間の解釈を「違う違う」なんて思っているのでしょうか(笑)。
    ちょっと大変な体験をして、悲しい気持ちも経験して、
    ともすれば「もうこりごり・・・」と感じそう。
    でも「だからこそ声なきものの声を聴こう!」と思うダイちゃん。
    素晴らしい博士になれそうですよね^^

    掲載日:2011/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 逆になる発想がヒット!

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    恐竜や、恐竜発掘の番組などが大好きな息子たちはまず、本の題名にくいつきました!!

    コドモザウルス・・・ぼくっちぃ〜〜???なんて笑ってました。

    うたたねしていた大ちゃんが目を覚ますと、なんと化石になっていて、恐竜世界の恐竜たちが大ちゃんを「コドモザウルス」として新発見!
    大騒ぎでみんなで「コドモザウルス」について語ったり・・・

    ほんとのぼくは、こんな変な性質の恐竜じゃないよぉ!と大ちゃんが慌てて・・・

    今 解っている恐竜の歴史や性質なんかも、想像でしかないかもしれないね!だって実際見てきた人間はいないんだもんね〜と、息子と笑いました。

    土屋さんの、奇想天外な展開が、ホント息子たちに大ウケで、大ファンです。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • このセンス!素敵です♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    おもしろ〜い!
    シンプルでいいです

    「もっちゃう」「よりみちエレベーター」「3ぷんまてないよ」の
    方だな・・・と「全ページ立ち読み」で読ませていただきました

    そうしたら「てじな」もだったんですね!?
    びっくり

    おもしろさのツボといいますか
    芯といいますか
    いいんですねぇ

    色使いが素敵で
    恐竜が人間らしくて
    怖くありません

    「本当のこと」を言いたいのは
    その恐竜の方かもね、確かに!

    絵本を閉じると
    あらら・・・今度は
    コドモザウルスの帽子を被った恐竜くんが・・・

    おもしろい感覚です!
    おはなし会で読んでみたいです

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クララ
    クララ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今からおよそ300年前、ヨーロッパを旅したサイのはなし。実話をもとに描かれた感動の一冊。
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


2016年に発売された絵本で好きな絵本は?

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット