しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ゆきとくろねこ」 みんなの声

ゆきとくろねこ 作:竹下 文子
絵:おおの麻里
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784265070008
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,935
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • シンプルな表紙に惹かれて・・・

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    白い背景に黒猫。このシンプルな表紙は、不思議なくらい目を惹きます。
    主役は黒猫。雪を見たことのない黒猫ですが、その日はなぜか朝からそわそわ。
    “なんだろう あさから おちつかない”
    “なんとなく いつもと ちがう”
    すごいですね。動物の勘?
    読んでいると、なんだか心が洗われる感じがする。
    時間がゆーったり流れる。雪がしっとり降る。
    真冬のそんな寒い日に読んでほしい絵本です。

    掲載日:2011/01/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 寒い冬もなんだか楽しい

    12月、2年生の三女のクラスで読み聞かせの一冊目に選びました。今年の冬はホントに寒くて、身近に感じてもらえるかなと思って。くろねこくんにとっては初めての雪。雪の冷たさと部屋の暖かさが伝わってくるお話です。

    掲載日:2013/01/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • しんしんと降る日に!

    ネコの目線、言葉で描かれ、子どもも聞きやすかったようです。
    私は、かわいいなぁ、うちのもこんなこと考えているのかなぁと、よく似た仕草の挿絵を見ながらホンワカ。
    寒い日の温かな部屋を連想する絵本です。

    作者が好きなので手に取りましたが、絵がなんとも素敵。
    シンプルでありながら、練りに練られた色使い。もっと見たいもっと見たいという衝動にかられます。
    これ以上ないというくらいシンプルなのに、文章のいう光景が、三次元で伝わってきます。オススメ!
    なにげなく読んだけど、手元に欲しくなりました。

    娘も気に入ったようです。優しい眠りに就きました。

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 冬のはじまり。

    とても素敵な絵です。

    うちの中(壁)の薄ピンク・・・さくら色がとってもいい雰囲気です。

    絵本の紙質と文字の書体・大きさも工夫していると感じました。

    くろねこがはじめて「ゆきが降ってくる時」を体験するお話です。

    雪が降り始めると、あーこれから長い冬がやってくる・・・
    と、暗い気持ちになりますが、こんな風に迎えられたらいいですね。

    掲載日:2016/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙が大人っぽいので手に取りました。作品全体に漂う静寂さは、星の王子様と似ていますが、星の王子様が女の子を遮断した世界に見えるのに対し、こちらは男の子を遮断した世界のように受け取れました。ページをめくることで感じられる黒猫の動きと白い雪の足音は、孤独を慈しむことのできる人の共感を呼ぶのではないでしょうか。

    掲載日:2016/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人女子が好みそうな可愛い絵本です。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    これ、キラキラ絵本って言うんですね。このシリーズの絵本、もっと読みたい。この猫は意外と色んな事をわかってる。猫って雪をこんな感じで捉えているんだね。静かなお話。猫の表情がとてもいい。今の時期に丁度おすすめの絵本です。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • わお!まっしろだ まっしろじゃないか

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    絵はおおの麻里さんという方が描かれています。この方は絵本作家というより、どちらかというと広告や雑誌の挿絵などが多いみたいです。

    だから、でしょうか?1つ1つの挿絵や単発の黒猫の絵はすごく魅力的なのですが、
    何となくストーリーとはまた別の世界観があるような気がしました。
    この絵本の竹下さんの文は黙読するより、音読した方が物語が見えてきました。

    一番気に入ったシーンは、雪の降り始めたところを黒猫と女の子が窓から見ているところです。
    「わお!
     まっしろだ
     まっしろじゃないか」
    この猫のセリフがたまらなくよかったです。

    全体的に淡い色合いで、ピンク色もいっぱい使っているし、黒猫の飼い主は女の子なので、パッと見女の子向けの作品にも見えなくありませんが、黒猫のセリフを読むとどう見ても男の子な感じなので、
    学校などで寒い雪がよく降る季節に読み聞かせに使ってもいいかもしれない。と、思いました。

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かで素敵な本です。

    静かで分かりやすい本です。
    文章とぴったりな静かな絵もとても素敵です。

    3歳の息子がとても気に入ったらしく、文章を覚え、独り言のようにつぶやいています。

    ちょうどその後雪が降ったので、大喜びでした。

    掲載日:2010/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫の目

    表紙の猫の目がとても個性的で特に金色の部分の色が渋くて素敵だったのでこの絵本を選びました。とても詩的な文章が気に入りました。猫の性格を感じられる文章の構成に感動しました。独特の文字の形と言いアングルと言いとても素晴らしかったです。特に女の子と主人公が二人で上を向き雪を楽しむ場面が極上でした。灰色と淡いピンク色の使い方も気に入りました。

    掲載日:2009/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵

    絵にとても洗練された魅力があると思いました。

    線の色にとても魅力があります。木にすずめさんが止まっている絵が

    とくに好きです。初めての雪にいつもの朝とはなんとなく違う・・・

    落ち着かない・・・・・


    車が通る、人が通る「寒いですねえ」いつものおばさんの挨拶。

    なんだかとっても微笑ましかったです。

    おばさんってやっぱり、いつもお天気の挨拶をするなあって納得しま

    した。一番無難で、言葉を交わすっていいことだと思います。

    掲載日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / かえる ごようじん / きらいさ きらい / だるまだ!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット