かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれものの試し読みができます!
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!

ロボママ」 みんなの声

ロボママ 作:エミリー・スミス
絵:村山鉢子
訳:もりうちすみこ
出版社:文研出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年05月
ISBN:9784580815445
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,355
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ロボママ!

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子9歳、男の子7歳

    天才科学者だけど家事はダメダメ、そんなママの度重なる
    失敗に、とうとう息子の勘忍袋の緒が切れます。
    怒りが爆発した息子に「あなたは私のこと、何だと思ってる
    の?ロボット?」と言い返した時、ママは閃くのです。
    代わりに家事をしてくれるロボママを作ればと。

    この児童書、古本屋で見つけた掘り出し物ですが、娘は読ん
    だ後に「思ってたより面白かった」と、わざわざ本を持って
    きて、どこが面白かったかを説明してくれるぐらい心に残っ
    たようです。
    ロボママのすごいきっちりしてる所が面白いと言ってページ
    をめくり、生身のジェイムスからただのジェイムスに変わっ
    た所、スネリングさんの「おろしてちょうだい!」のエピソ
    ード等、気に入った場面をいくつか読んでくれました。

    ユーモアにあふれる内容で、時折入る挿絵も面白くて読みや
    すいおすすめの作品です。

    お気に入りの場面
    娘:ロボママのすごいきっちりしてる所
    息子:ロボママとの楽しいやり取り
    僕:ユーモアにあふれ、心温まるストーリー

    掲載日:2013/02/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 長い本だったようですが。

    小学1年生の娘が小学校にあったこちらの絵本を一人読みしてきました。
    普段それほど長くない絵本を読むことの多い娘にとっては長い本だったようですが,「長い本読めた」と「ロボママ」の題名を口に出し言うので,この本を一人で読んだことは娘の読書に対する自信になったようでした!
    一人で最後まで読めたということは,面白く魅力的なお話だったのでしょう。

    掲載日:2017/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当にロボママが来た!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    頭が良くて仕事はできるけど日常がまるでダメ…そういう人っていますよね。
    そんなママと息子ジェイムズとのけんかの勢いで口から出た「ロボママ」。本当にロボママを用意してくるところがすごいです。
    このロボママ、いちいち機械だなーと感じるところばかりでした。「天才エディと呼んで」と言われたら素直にずっと天才エディと呼び続けるとか。ロボママは至って真面目なんですがね。でもその機械っぽさが面白かったです。
    人間にできる思いやりや心づかいがロボママにはできない。失敗をしてもそんな心づかいをしてくれる人がそばにいることは、どんな最先端のロボットをもつことより、ぜいたくなことというあとがきに同意し、ママの立場からも勇気づけられました。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忙しくて家どころではないママが、助けを求めたのは、ロボットのお母さん。
    「生身のジェイムズ」の表現が「ただのジェイムズ」に変わるところ、「ジェイムズは故障している」と表現するところ、おかしいけれど、コンピューターってそんなものだと知ってしまうと、結構「生身のママ」と「機械のママ」比較できて決して浅くはないユーモア物語です。
    自分の家族の思考回路を考え直してしまいました。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生身のママが一番

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    仕事で忙しいママは家事が大の苦手。
    そこへやってきたのは家事を完璧にこなすロボット、ロボママです。

    ロボットに子どもは憧れ、家事をやってくれる便利さにお母さんはちょっと(いや、かなり)欲しくなってしまうのではないでしょうか。

    人間でもロボットでも、人の心を満たす完璧さは難しいものだと、改めて感じました。
    でも言われたことをただこなすだけの心のないロボットでも、やはりずっと一緒にいると情が沸いてきてしまうものですよね。
    やっぱり本物のママがいいと思っても、ロボママも別れがたくなる心情がよく分かります。

    ロボットはとっても便利。
    でも愛情のある生身のママが一番。
    親子の気持ちが通じ合うラストに、心が温まります。

    掲載日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロボママ うちに来てっ!!!

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    ものすごく難しいお仕事は完璧なのに、家の中のことは落第生のママが作ったのは ・・・
    家の中のことを完璧にしてくれる「ロボママ」。

    掃除も完璧 お買い物はモチロンお料理も完璧!!
    学校まで迎えに来ていたロボママを 最初は不審者扱いしていた校長先生が 学校の掃除をお願いするくらいの完璧さなんです・・。
    とっても愉快でけらけら楽しそうに娘たちも笑いながら聴いていました☆
    ロボママの絵も ちょっとドラム缶チックでなんだかとっても親しみいやすくってかわいいのです☆☆

    でもでも・・・病気で苦しい時、そばにいてほしい時、さみしい心の中を満たしてくれるのは やっぱりママなんだと気づくところ、
    身近にいるからこその感謝・・・みたいなところが ただただ愉快なだけの内容じゃなくってじんわり 
      よかったなぁ・・
    って読み終わった後思いました☆☆

    母は・・・こっそり「ロボママに来てほしいなぁぁ」
    なんて思っているのだけれど。
    難しいお仕事とかしていないから 来てもらえないねぇ。残念。

    そんな気持ちを知ってか知らずか・・・
    でもきっと わかっているんだろうな☆ 母を見る目がニコニコしていました☆☆☆

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



読んで笑ってつっこんで!家族みんなであたたまる絵本

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット