庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

世界のお話傑作選 十二の月たち」 みんなの声

世界のお話傑作選 十二の月たち 文・絵:出久根 育
再話:ボジェナ・ニェムツォヴァー
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784039639004
評価スコア 4
評価ランキング 18,695
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 道徳的な教えと自然の厳しさ

    • かよたさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    暗い色使いにもかかわらず、あたたかい雰囲気のする表紙に惹かれて、図書館で借りてきました。
    このイラストを描いたのは出久根育さん。ブラティスラヴァ世界絵本原画展にてグランプリを受賞したことがある方だそうです。

    継娘マルシュカがいじわるな母娘に無理難題を押し付けられるというスラブ民話。
    ある寒い冬の日、マルシュカは森でスミレを摘んでくるようにといいつけられます。山の頂上にはたき火を囲んで座る、12人の男たち。男たちの力を借り、マルシュカはスミレを摘んで家に帰りますが…。

    シンプルなお話ですが、その中に道徳的な教えや自然の厳しさが描かれています。分かりやすい内容なので、読み聞かせにもピッタリだと思います。

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然の厳しさ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    スロヴァキア地方に伝わる民話を再話した作品。
    他にも内田莉莎子さん再話の『12のつきのおくりもの』があります。
    善良なマルーシュカは、まま母とその娘ホレナから激しい嫉妬を受け、
    厳寒の冬の森へ行かされます。
    でも、不思議な12の月に出会い、無事帰り着きます。
    何度もされるいじわると、そのたびに繰り返される不思議な出来事。
    民話らしいリズムが心地良いです。
    あとがきにも書かれてありますが、
    この作品では、大自然の持つ厳しい冬の森の様子がとても強調されています。
    画面いっぱいに描かれた雪の様子から、その凍てつく様子が伝わってきます。
    どこまでも清純で働き者のマルーシュカの様子にも心が洗われるようでした。

    掲載日:2010/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくある話だけど…でも

    このお話はスラブ民話なんですが
    どこかで知っているようなストーリーだと思う人もいると思います。
    意地悪な継母と娘に美人でやさしい娘。
    いつもの展開ではいじめられるんですが、ここでも同じなんです。
    そのいじめられているページでは、継母と娘に腹を立てることも…。
    そして気のやさしい娘が幾度となく救われるシーンでは
    出久根さんの素敵な絵で、心が救われる思いがします。
    そして心の中までポッと温かくなってしまいますよぉ〜(*^∇^*)
    世界の民話に触れてみてくださいねぇ〜♪♪

    掲載日:2009/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が魅力!

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    出久根育さんの絵が、自然の厳しさを見事に表現しています。見開きの森に雪が降っている絵を見ているだけで、絵本の世界にすいこまれてしまいます。主人公の女の子や十二人の月たちをはじめとする登場人物の姿も繊細に描かれていて魅力的です。
    お話は、広くスラブ地方で知られている民話で、継母とその娘にいじめられている主人公の女の子が、十二の月たちに助けられてしあわせになるというものです。
    大型で遠目もきくので読み聞かせにも良いと思いますが、お話が少々長いので、それに我慢できる学齢、お話を聴くことに慣れているグループなど、対象を見極める必要がありそうです。
    個人的には、一人でこの厳しく美しい自然の世界にひたってもらえたら良いと思います。

    掲載日:2009/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬の時期のお話としてぴったり

    スラブ地方の昔話だそうですが、子どもの頃によく似たお話を読んだ覚えがあり、それはスミレではなくてまつゆき草が出てきた記憶がありました。

    裏表紙にも見返しにも雪の情景の絵がありますが、幻想的な雰囲気の絵が合っていると思いました。

    欲深いことやいじわるはいけないことだというのがよく伝わってくるお話ではないでしょうか。

    冬の時期のお話としてぴったりだと思います。

    掲載日:2009/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / じゃあじゃあびりびり / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 1
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット