十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ロッタちゃんとクリスマスツリー」 みんなの声

ロッタちゃんとクリスマスツリー 作:アストリッド・リンドグレーン
絵:ヴィークランド
訳:山室 静
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1979年12月
ISBN:9784033270500
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,485
みんなの声 総数 15
「ロッタちゃんとクリスマスツリー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 小さいけれど頼もしい

    「あたい、やろうとさえすれば、なんだって できるのよ。」というのが口癖のロッタちゃん。小さいけれどとてもできない頼もしい女の子です。

    子どもの頃「長靴下のピッピ」が大好きでした。女の子がとても強いこと、それは女の子にとって憧れでもあります。

    お兄ちゃんにいじわるなことを言われても、めげるどころか言い返すところが、小さい子どもにとってはとても胸がすく場面だと思います。息子もロッタちゃんに年が近いせいか、長い話なのに、とても興味を持って聞いていました。

    ゴミ袋とパンの袋を持ってゴミ捨てに、間違えないかとハラハラする場面もあって、読み物としても楽しませてくれます。

    お父さんが苦労しても見つからなかったもみの木を、ロッタちゃんがなぜか調達できてしまいます。

    調達方法がおもしろいので、ぜひ読んでみてください。やろうと思ったことは何でもやってしまう行動派の女の子。読むと元気が出てくる本だと思います。クリスマスのお話ですが、季節を問わず楽しめる内容だと思います。

    掲載日:2008/01/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • ロッタちゃんかっこいい!

    「あたい、やろうとおもいさえすれば、なんだってできるのよ」
    自分でこんな風に言うように、ロッタちゃんはなんだって
    できるんだ!そう思います。
    行動的で、元気で。
    でも考えてみれば、我が子もロッタちゃんに似てるかも。
    いや、我が子だけでなく小さい子どもというのはこんな風に
    「やろうとおもいさえすれば、なんだってできるのよ」って
    思い込んでいるふしがありませんか?
    それでもってなんだってかんたんにできると思っていたことが
    実はできなくて、癇癪をおこしたり、泣いたり八つ当たりを
    したり、卑屈になってみたり・・なんてことが日常茶飯事なのでは
    ありますが(汗。
    娘のそんな様子に怒ったり困ったりする私ですが、絵本でロッタ
    ちゃんに接するのとおんなじように(できるだけ)、もうちょっと
    引いて我が子を見てみたれば、もしかしたら、あんまり怒ったり
    困ったりすることもなく「意外とやるじゃん」なんて思えるのかも
    なあって思いました。
    たくさんのロッタちゃんに乾杯!

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • あなたならきっと何でもできる

     「ロッタちゃんとじてんしゃ」を読んだのは、もう随分前のことになりますが、“相変わらずのロッタちゃん”に久しぶりに会えたような気がして、とてもうれしくなりました。

     本当に子どもらしいロッタちゃん。子どもならでの失敗もしてしまいます。
    でも、ごまかさず、悲観せず、精一杯自分のできることをがんばるところもまた健気でかわいらしいですよね。
    そして、そんなロッタちゃんに待っていた大きな大きなごほうびは・・・?

     「小さいから無理」、「この子にはできない」と決めつける前に、子どもの可能性を信じて、「あなたならきっと何でもできるわよ」と言ってあげられる度量のある親になりたいな、と思います。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしゃれな冬の着こなし

    いつもロッタちゃんには
    楽しませてもらっています。
    娘たちもロッタちゃんが大好き。
    とくに下の子は、
    ロッタちゃんを自分とだぶらせて、
    勇気をもらっているようです。

    今回のロッタちゃんは、
    なかなか手に入らないクリスマスツリーを、
    ちょっとビックリな方法で、見事に手に入れてしまいます。
    こんなことってある?
    と、思わず吹き出してしまう、
    愉快、痛快。
    本当にたのしいお話。

    私はこのロッタちゃんの
    青い帽子に赤いセーターとジャンパー、
    グリーンのタイツの上にぶかぶかズボンをはいて、
    手には手袋、足下はワークブーツという
    おてんばでおしゃれな冬の着こなしが大好きです。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 願いはかなう!

    絵本から児童書の移行期におすすめです。
    文章は長めですが、きれいなイラスト付きなので、子どもも飽きずに聞けます。
    ロッタちゃんの前向きな姿勢が読んでいて気持いいです。
    「あたい、やろうとおもいさえすれば、なんだってできるのよ。」
    いつものドタバタの中でロッタちゃんは、楽天的に自分の信念を貫き、みんなを驚かせます。
    娘が、もう少し大きくなって、困難に立ち向かわなくてはならない時、こういった前向きな本を再度読むと、少し楽になるかも、と思いました。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすがロッタちゃん

    元気いっぱいのロッタちゃんシリーズ、この本ではクリスマスの出来事が描かれています。

    「なんでもできる」と言い張るロッタちゃん。
    いろいろ無茶をするけど、とっても優しい心の持ち主です。
    毎年楽しみにしているツリーが今年は手に入らないという父親の言葉に、家族のみんなもしょんぼり・・・
    そこでロッタちゃんの出番です!!
    はたしてロッタちゃんはツリーを手に入れることができるのか??

    私が小さいころに児童書で読んで大好きだったロッタちゃん。
    以前に映画にもなりましたよね。
    こうして自分の好きだったお話を、自分の子どもと一緒に楽しめることはとても嬉しいことです。
    息子も、元気なロッタちゃんが大好きです。

    ロッタちゃんは女の子だけれど、男の子でも十分楽しめる絵本です。

    掲載日:2009/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 北欧の田舎に夢を馳せつつ

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子5歳

    『ロッタちゃんとじてんしゃ』が年長の息子、年中の娘に講評だったので(特に娘。女の子が主人公の絵本が好き)、図書館で借りてみました。やっぱり面白がっています。『ひとまねこざる』シリーズと似ていて、1つの起承転結があるのではなく、1つのテーマにそって2、3のエピソードが入っている感じです。この本では、まず「クリスマスツリーが町中で売り切れ」というテーマがあって、その中でロッタちゃんがスラロームの挑戦したり、病気のおばあさんにパンを持っていこうとして失敗したり……。5歳児の1日って本当に忙しいんですよね。あらゆる体験が大事件になって、それを通して、子供は成長していくんだと思います。親としては、本物のクリスマスツリーがある田舎暮らしにあこがれます。絵が細かくてきれいなので、さらにそそられてしまいます。ここまで日本と違う暮らしぶりが描かれているのに、子供はどう感じているのやら、何も言いません。暮らし方より、ロッタちゃんへの共感が強いのかしら。1つ、疑問なのは、ロッタちゃんが男の子口調であること。原文がそうなのかな。我が家の娘も兄の影響で男の子口調ですが、少し違うような。

    掲載日:2007/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだってできるのよ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    スウェーデンの作家リンドグレーンが書いた子ども達は
    北欧の厳しい生活の中で元気いっぱいなのが魅力です。
    この作品でのロッタちゃんも子どもらしい行動力が全開です。
    冒頭よりロッタちゃんは「なんだってできるのよ!」とご機嫌です。
    そんな自信がぐらつくことも起こりますが、
    ロッタちゃんの元気がそうさせたのでしょうか、
    運がよかったとはいえ、それを実現してしまったロッタちゃんに脱帽です。
    クリスマスの準備の様子、ロッタちゃんの活躍など、
    お話は長いけれど、生き生きと展開していきます。
    ぶたのぬいぐるみが手放せないなどまだ小さな少女ですが、
    大人にも一人前に交渉に行くところなどは
    すごいなあ、と感心してしまいます。
    ロッタちゃんのシリーズ、他のお話も読んでみようと思いました。

    掲載日:2006/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • この時期に読むのにぴったりです

    • よいこのママさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、男の子10歳、男の子6歳

    ロッタちゃんのシリーズのうちの一冊です。
    クリスマスツリーを手に入れるために一生懸命の
    ロッタちゃんは、子どもにとっては何度も読み返したくなるようです。
    優等生でもお上品でもないロッタちゃんのこどもらしい
    言動が子どもの共感を呼ぶようです。

    掲載日:2006/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • バムバムバムセ

    • 沙織さん
    • 20代
    • その他の方
    • 福岡県

    ロッタちゃんは行動的で思いついた事はすぐに実行。病気のおばさんの看病をしたり、お母さんのお手伝いもお手の物。口笛だって上手なのです。そして偶然の奇跡を起こす面も。これはもう才能です。いつも前向きな姿勢で周りを大切にするから奇跡も起こせるのかもしれないですね。私にない物をたくさん持っている女の子なのですごくうらやましいです。読むたびに元気をもらいます。

    掲載日:2006/04/20

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット