おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

この世でいちばん すばらしい馬」 みんなの声

この世でいちばん すばらしい馬 作・絵:チェン・ジャンホン
訳:平岡 敦
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784198626600
評価スコア 4.88
評価ランキング 26
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 期待通りの作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「ウェン王子とトラ」がつとに有名なチェン・ジャンホンの作品。
    2004年の作品で2008年の邦訳ですから、実は「ウェン王子とトラ」の1年前の作品ということになります。
    あの名作の作者の作品なので、期待をもって読みましが、結論からいくと期待通りです。

    チェン・ジャンホンは、中国生まれでパリ在中。
    今回の作品の主人公あるハン・ガンは、1200年前以上の中国に実在した画家ですが、この作品は、ハン・ガンと同じ手法で絹地に墨と絵の具でかいたものです。

    ハン・ガンは素晴らしい馬の絵で知られていますが、この作品はそれを題材に創作したもの。
    ハン・ガンの描く馬の絵は、あまりに生き生きしているんので、生きて絵から飛び出すという噂がありました。
    1人の武将が、その噂を聞き、戦のためにこの世で一番、気性が激しく勇敢で力の強い馬を描いてくれと頼みます。
    そして、何と馬は絵から飛び出し戦に臨むことになるのです。

    絵から生きた馬が飛び出すという発想は、日本人に馴染むものなので、ここまでは予測できる内容です。
    チェン・ジャンホンが凄いのは、ここから。
    その馬が戦いの悲惨さを目の当たりにして、涙を流してからエンディングまでのストーリーは、心の琴線に触れるもの。
    見開きで大きく描かれた馬が涙する絵は、圧倒的存在感があって、その悲しみの深さが手にとるように分かるものです。

    良く構成されたストーリーに加えて、大型絵本の見開きのページを一面に使用した躍動感溢れる絵は、正に絵本の醍醐味と呼ぶに相応しいもの。
    年長への読み聞かせ、あるいは、小学校低学年生が読んで欲しい一冊です。
    こうした心に残る作品はなかなか出せないものだと思いますが、チェン・ジャンホンの次回作が本当に待ち遠しいです。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    3
  • 迫力のある絵と内容でした。

    • みもれさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子6歳

    小学3年生の読み聞かせで、読みました。

    戦争の悲惨さを感じてほしくて読みましたが、
    子供たちは、絵から馬が飛び出して、
    本当に駆け抜けていく描写に、驚いていました。

    高学年向きの挿絵だと思いますが、
    3年生くらいでも、十分内容は理解していたと思います。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • すごい絵描き

    このお話は、絵を描くのが好きな男の子が大人になって絵描きになって、その書いた絵が動き出すというお話でした。この絵が本当に紙の中から出てきて実際に載れたりするのです。ある日、将軍に馬の絵をお願いされて絵を描いたのですが、その絵の馬は戦争が悲しくなってこの絵描きの所に戻ってきました。本当に絵を大事にしているから、描いた絵もこの絵描きの所に戻ってくるのですね。

    掲載日:2016/02/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議な馬のおはなし

    少年ハン・ガンは、絵の上手さから皇帝の目にとまり、絵の学校に行くようになる。ハンガンは、絵の腕をめきめき上げ、彼の描いた馬が本当に走り出るという噂がひろがる。ひとつのことに集中して取り組めることって、すごいパワーを発揮するんだなと、実感。とくに子供は。
    ある晩、噂をきいた武将が訪ねてきて、ハン・ガンにこの世で一番力の強い馬を描いてくれと頼む。
    ハン・ガンが失敗した絵を火にくべると、本物の馬が飛び出した。この場面は、不思議だけれど、ハン・ガンが、心をこめて絵を描いているから、そんなことが起こったのかもしれない。
    武将はその馬に乗り戦場で戦った。しかし、たくさんの人や馬が犠牲になったのを思い馬は、突然涙を流し、走り去る。武将は、そのことに、充実感を覚えたのかもしれないが、馬には、心があり、つらい気持ちになる。ハン・ガンの心とつながっているのかもしれない。
    武将は、馬を探すが見つからない。馬は、ハンガンの絵の中に帰って行った。馬は、最後安らかな気持ちになったのではないかと思う。

    水墨画的な美しい絵が印象的。中国の風俗も分かるし、馬の躍動感が伝わってくる。

    掲載日:2015/02/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵から飛び出した馬

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    今から1200年以上も前、中国に実在したハン・ガンという画家をモチーフに
    創作された作品。
    水墨画の技法を使って描かれた絵は実にリアルで迫力があります。
    ハン・ガンは貧しい家の出身でしたが、絵の才能を認められ、宮廷で学ぶまでになります。
    ある日、一人の武将が噂を聞きつけ、馬の絵を描いて欲しいと頼みます。
    承知したハン・ガンは、一心に描き、とうとう、馬の絵が完成し、
    噂どおり、生きて絵から飛び出したのです。
    ところが、武将とともに戦場に行った馬は、無敵であるにもかかわらず、
    戦の場面の惨状に耐え切れなかったのです。
    戦の悲哀が切々と伝わってきます。
    鋭くにらむ馬の瞳が、その気持ちを生々しく語っているようです。
    ハン・ガンの絵と同じく絹地に墨と絵の具で描かれており、
    同じ時空を体感した思いでした。
    筆や絵の具も丁寧に描かれていて、芸術的にも素晴らしいと思います。

    掲載日:2011/05/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • やっぱり凄い!

    ウェン王子とトラのチェン・ジャンホンさん。

    描いた絵の馬が、紙から飛び出し、本物の馬になるというお話。
    その設定だけでも、すごく惹かれるものがありますが、何が凄いって、チェン・ジャンホンさんの画力です!
    この馬なら、本当に飛び出してきそう…そう思わされました。

    お話の中の絵描きハン・ガンも、馬の絵への執着や愛情がとても強く、本物の馬になったことが、自然なことのような錯覚すら覚えます。

    一見堅そうな雰囲気ですが、娘も「すごくおもしろかった!」と大満足でした。
    「本物」と言いたくなる一冊です。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文字が絵を邪魔していない読み易い本。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    中学生のための読み聞かせが地元の中学で始まり、お勧めの一冊として選書しました。
    チェン・ジャホンの作品なので、絵本ならではの見ごたえのある作品でした。
    主人公の絵師:ハン・ガンは実在した人物だそうです。
    作品iにも丁寧に描かれていますが、馬を愛した絵師だったそうなので、チェン・ジャホン自身の絵も1ページ1ページとても丁寧に迫力のある馬を描いていました。

    馬の動きや乗っている武人の装具(日本の鎧とはまたちょっと違います)なども素晴らしいです。
    なによりこの本のすごいところは、文字が絵を邪魔しないとても読み易い場所に配置されていることです。
    読み聞かせにはもってこいです。
    重厚感のある物語なので、高学年以上高校生や中学生にじっくりたっぷり読んであげたいです。

    掲載日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハンガンの絵が素晴らしいという噂がいつしか本当になり、とうとうハンガンの馬は絵から飛び出した!この馬の絵を見ているだけでこちらの闘志も漲るようです!しかし馬には心があった。戦う事をやめた馬はまたハンガンの絵の中に戻る…。いいお話です…!

    掲載日:2014/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作者の創造力もまた素敵です

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    「ウェン王子とトラ」が、個人的に「絵本大賞」でしたので(笑)
    この絵本もすぐに借りました。

    やはり力強い、迫力のある絵。でもどこか、馬を愛する気持ちや、馬絵の憧れのような気持ちが溢れているようにも感じました。

    巻末の、実在のハン・ガンの絵から、このストーリーを創造した作者にも圧巻です。

    学生時代に漢詩の世界、漢文の世界にハマった自分が、好きな世界観です。
    日本人にはなかなか、この妙に大きなスケールのストーリーは創り出しにくいのかな〜なんて思っちゃいます。

    小学生が、自分で読む絵本にもいいなと思いますが、前作は幼稚園の息子たちにも好評でしたので、今夜さっそく読み聞かせしてみようかな。

    掲載日:2011/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひづめの音まで聞こえてくるようでした。

    • まゆしおんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子7歳

    絵師、ハン・ガンの描く、本物のような馬がまるで本からも出てきそうな勢いで驚きました。
    馬の流す涙が、戦は悲しいものだと伝えているようでならない。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット