アリとくらすむし アリとくらすむし
写真・文: 島田 たく  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
アリとくらす、知られざるむしたちにせまる写真絵本。アリに姿をにせて身をかくすむしや、アリと助けあうむしなど、驚きの姿を大紹介!

おばけのゆびきり」 みんなの声

おばけのゆびきり 作:那須 正幹
絵:はた こうしろう
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784333023585
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,051
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 【あらすじ】
    森に棲む子どものお化けは、ある日、年よりお化けが、そろそろ寿命で死んでしまうことを知ります。一人ぼっちになる事を悲しんだお化けは、友達を作ろうとしますが、森の動物たちは怖がってしまい、うまくいきません。
    そんな中、森のはずれに住むおばあさんと仲良くなります。耳と目が不自由なおばあさんのために、お化けは薬を作りなおしてあげました。若返ったおばあさんは、お化けを見るや否や拒否します。ガッカリしたお化けに、ねずみが助け舟を出しますが…

    【感想】
    おばけは、「もともと、数の少ない動物」という事実にびっくり!
    おばけが両親もいないのに生まれるしくみやお化けの寿命などを、私も年よりお化けから教えてもらって、勉強になってしまいました。
    水木しげる氏のお化けの印象が強いので、どうしてもお化け=怖い、悪さをする、わけがわからない…と思っていたので、こんなに可愛くて、純真なお化けがいると感動しますね。

    この話は、最後の場面で終わるのではなく、更に続きがありそうな感じがします。
    ねずみは元・おばあさんをちゃんと説得できたのか?そもそもネズミが出て行ったら、「キャー!ねずみ〜!」と怖がられて話し合いどころではない状況になるのか?
    更に先を読みたくなる物語は、本を閉じても楽しいものです。勝手にあれこれ話を作っております。

    「おばけは、生まれたときも ひとり、死ぬときも ひとりじゃ」
    年よりお化けのセリフですが、こんなカッコいいセリフを言うのに、着ぐるみを着たコントの人みたいな見た目がシュール。生まれても死んでも、どこか喜劇的。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ない気持ちに・・・

    この本は、絵本というか、児童書というか、その中間くらいの
    読み物です。
    最近、長いお話も好きな娘に読み聞かせをしたのですが、
    じっと聞いていて、最後は、ほっとして・・・という様子が見て
    とれ、あーちゃんとわかったんだなーと、感心しました。
    絵も多いので、入りやすかったのでしょうね。
    心優しいおばけが、お友達をつくるお話なのですが、楽しかったり、
    切なかったり、ほっとしたり、笑顔になれたり、いろんな場面を
    楽しむことができました。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大事な友達

    このお話は、親のいないお化けの子どもが自分の友達を見つけるお話でした。はじめはおばけのおじいさんしか知り合いがいなくて、でも、そのおじいさんも年なのでもうすぐ死んでしまうという衝撃の展開!!序盤の寂しい感じから友達を見つけることができた幸福な感じとハッピーエンドのお話でした。

    掲載日:2014/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • さみしいものなんですね

    • Yuayaさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳、

    おばけにはお父さんもお母さんもいない。霧の中から生まれてくる・・・
    おじいさんおばけの話はありえそうで興味深かったです。
    数も少なく、生き物たちからは嫌われ、そしてとても長生き。
    おばけってとっても淋しいものなんですね。

    お友達が欲しくて彷徨う子どものおばけ。
    やっと見つけたお友達は年老いたおばあちゃんでした。
    目がよく見えず、知り合いの子供と勘違いして声をかけているだけのこと。
    それでも大切に思い、目が見えなくなったおばあちゃんのために薬の材料を必死に集めた子どものおばけでしたが・・・
    若返ったおばあちゃんのおばけを見たときの反応があまりにも残酷でした。
    かわいそうだったけれど、でも大丈夫。
    おばけの優しさをちゃんと見ていてくれた子がいたね^^
    指きりの後どうなったかとても気になります。

    掲載日:2012/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなカワイイおばけなら!!

    子供のおばけが、ものしりおばけから「寿命」の話を聞いて、
    なんだか淋しくなってきて「ともだちを作ろう」とするお話。


    だから、この本には・・・

    「おばけとともだちになる方法」

    が書いてあるんですよ〜〜〜


    そして・・・
    子供のおばけの優しさ・無邪気さに触れることができて癒されます。
    イラストも可愛らしいですしね。

    4歳の息子に読み聞かせましたが・・・
    少し長かったようで・・・
    やはり小学生位がよかったかなと・・・
    もう少し大きくなったらまた是非読みたいです。

    掲載日:2009/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


好評につき第2弾!もしあなたが桃太郎だったら?!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット