十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

マタギに育てられたクマ」 みんなの声

マタギに育てられたクマ 作:金治直美
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784333023523
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,267
みんなの声 総数 3
「マタギに育てられたクマ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 近年は子ども向けにテーマが多彩ですね

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    夏休み推薦図書に選ばれた本作品は、どの本屋さんに行っても店頭にどかっと、置かれています。
    この作品も、その中の一つです。
    児童向けのノンフィクションシリーズ。

    私も子どもの頃はこういうシリーズをよく読みました。動物そのものが好きだったこともあり、椋鳩十三とか、ファーブル昆虫記とか夏休みの感想文に書きましたね〜。(懐かしい)

    正直、テーマというか、題名にもちょっと驚きました。
    児童向けのノンフィクションで、「マタギ」とか「クマ」とか使うんだ〜。近年はいろいろな動物たちの話が取り上げられるようになったんですね。

    ノンフィクションといっても、全然固くない文体で、写真も多く、作者が要所要所に子どもたちが変わりやすく読めるよう、説明を入れてくれているので、大変読みやすい作品でした。
    自然とか、動物とかに興味はあるけど、本を読むのはちょっと苦手。というお子さんにお薦めです。

    掲載日:2009/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然との共存としてのクマ狩り

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    読書感想文全国コンクール小学校高学年の部課題図書。
    自然との共存について考えさせられるノンフィクションです。
    世界遺産でもある青森県白神山地のマタギ(伝統的なクマ狩りをする人々)について
    書かれてあります。
    まずは、表紙と巻頭の、かわいらしい子グマの姿に惹き付けられます。
    題名にもあるように、熊の湯旅館の吉川さんはクマを2頭飼っているのです。
    立派なツキノワグマ。
    なぜ、そうなったのかを読み進めるうちに、
    吉川さんのマタギとしての生活、そして、さらに祖父までさかのぼって
    マタギの伝統的な狩りの様子が描かれます。
    たくさんの神聖な儀式をこなしていくことで、その精神が伝わってきます。
    まさしく、自然との共存の姿があります。
    クマ狩りを含めて、山の恵みをいただくことへの感謝の念。
    その精神が脈々と代々伝えられているそうです。
    いのちというものの根源について考えさせられます。
    子どもたちにも様々なことを考えさせてくれるように思います。
    クマのこともよくわかりました。
    この本をきっかけに、椋鳩十さんの『月の輪ぐま』、シートン動物記等も読んでほしいですね。

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然を大切に

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    マタギという言葉を初めて聞きました。
    東北地方でツキノワグマなどの狩りをする人々のことです。
    クマを狩りする人が何故クマを育てるのか。
    そこには、ある狩りでの失敗と子ぐまとの出会い、マタギの決心があったのです。

    クマの狩りの様子、狩りのときのおきてやしきたりなど、普段目や耳にすることのない世界が詳しく描かれています。
    狩りは生き物の命を奪うことになります。
    けれども、命を決して粗末にはしません。無駄な殺生もしません。
    命をもらいながらも、誰よりもその命の大切さを知っているマタギ。
    山を愛し、命を大切にし、感謝の気持ちを忘れないその姿に、尊いものを感じます。

    クマは人を襲う恐ろしいイメージを持つ人が少なくないでしょう。
    よくテレビのニュースなどでも、人里に下りてきては民家の食料を荒らしたりするクマの姿を映し出しています。
    けれども何故そんなことをするようになったのか。
    本当に恐ろしいことをしているのは誰なのか。
    たくさんの人に知ってもらいたいです。

    この本ではマタギに育てられた2頭のクマ以外にも、興味深いクマたちのお話も描かれています。
    母子で雪すべりをするクマのお話です。
    クマも私たちと同じように子供と遊び、同じように子供を愛しているのだと実感できます。

    自然を大切にすること、命を大切にすることを教えてくれる素敵な作品です。

    掲載日:2009/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット