十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

縞模様のパジャマの少年」 みんなの声

縞模様のパジャマの少年 作:ジョン・ボイン
訳:千葉 茂樹
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784001156232
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「縞模様のパジャマの少年」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 衝撃的でした

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子16歳、女の子14歳

    第2次世界大戦、ドイツ、ヒトラーによるホロコーストが舞台の話です。

    主人公、ブルーノはドイツヒトラー側の少年で、今なにが起こっているのか全く知りません。

    戦争ってこんな感じなのでしょうね。こどもたちに事実が告げられることはほとんどないのです。

    それが生んだ悲劇です。

    中学生に読んだので時間の都合一部しか読ません。最後がどうなるのかが、気になって仕方のないお話しです。

    事件に興味をもったこどもも何人かいました。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • フェンスの意味

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    父の仕事の都合で、ベルリンから遠い地への引越しをした少年ブルーノ。
    彼の新しい部屋の窓から見えたものは、何とも言いようのない不気味な世界でした。

    本文中にはそこがどこなのか、ハッキリした名前は明確にされていませんが、ブルーノの父への言葉で予感が的中したことを確信しました。
    「ハイル、ヒトラー」
    そう、舞台となっていたのはユダヤ人大虐殺が行われていた、あの収容所だったのです。
    ブルーノは、その言葉の意味を「さようなら、ごきげんよう」だと思っていたのでした。

    フェンスをひとつ隔てたむこうとこちらでは世界が全く違います。
    ブルーノは自分と同じ日に生まれた少年と出会いますが、その境遇はまさに天と地。
    2人の心は、何一つ変わりがないというのに。

    このフェンスは「差別」の象徴のように思いました。
    今では当時のような恐ろしいことはもちろん行われていませんが、差別意識を持つ人は少なくありません。
    日本で本書を読んだ人たちも、人種差別や宗教による差別は自分たちには無関係だと思うでしょう。
    でも、それ以外の差別は?
    自分と異なる行動をしたり、考えを持つ人を、見下したりいじめたり不当な待遇をするのも差別です。
    私たち人間の心の中からフェンスが取り外されたとき、世の中はもっと平和になるのではないかと感じました。

    このお話のラストは、私の中で過去にないほどの衝撃的なものでした。
    それだけ読後にも、深く考えさせられるものとなりました。
    本書は2009年度の青少年読書感想文全国コンクール課題図書(高等学校)であり、2009年夏には映画も公開予定です。
    お話はフィクションですが、背景となっている大虐殺は実際にあったことです。
    同じ過ちを繰りかえさないためにも、このような事実があったことを多くの人に知ってもらいたいです。

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット