庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

にんじん だいこん ごぼう」 みんなの声

にんじん だいこん ごぼう 作・絵:植垣 歩子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2008年05月
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,544
みんなの声 総数 12
「にんじん だいこん ごぼう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • お野菜たちの表情がおもしろい

    にんじんさんとだいこんさんとごぼうさん、それぞれのお野菜たちがとってもいい味だしています。三人?の表情がとてもおもしろいです。
    他の絵本でこのお話を読んだことがあったのですが、あらためて楽しいお話だなあと感じました。
    「ごぼうさん、ちゃんとお風呂に入らなきゃダメだよねー。」と子どもも楽しんで読んでいました。
    これからお野菜たちを見る時、この三人のことを思い出してしまいそうです。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • じわじわきます☆

    • ☆だ〜なさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    この内容のお話はタイトルが違うものでいくつか出ているのですが、表紙の絵を見ると他の絵本とはイメージが違います!

    足を組んでおせんべいを持っていたり、のんびりとお茶を入れる姿に子ども以上に私が惹かれました(笑)

    砂場で、トンネルを掘ったり水を流したり・・・
    夢中になって遊ぶ姿には子どもたちもニコニコしながら見ていました!

    野菜たちがどうして今の色なのか。
    よく分かるお話ですが、それ以上に、ベッドにその野菜の形がくり抜いてあったり、シャンプーの名前などに遊び心があって楽しい1冊だと思います!

    掲載日:2015/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう一回!もう一回!

    2才になった息子に読み聞かせをしたところ、
    気に入ったようで、
    「もう一回!」
    と何度も繰り返し読んで欲しがります。
    たくさんの絵本を読み聞かせしていますが、
    こんなにも繰り返しリクエストがある絵本は久しぶりです。
    食べ物であるにんじんと、だいこんと、ごぼうが自分と同じように
    砂遊びしたり、お風呂に入ったり、寝たりしているのが、いいのではないでしょうか。
    笑うわけでもなく、いつもじっと聞き入って見ているだけですが、
    お風呂入ってる!ねんね!おせんたくしてた!など、後から自分で開いて見て、嬉しそうなときもありました。
    昔話ですが、絵はちょっとレトロな現代風?で可愛らしく、私も細かい所までじっくり見て楽しんでいます。
    はじめはみんな白かったという野菜たちのお話も面白いです。

    掲載日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひょうじょうがおもしろい!

    • みきけいさん
    • 40代
    • せんせい
    • 大阪府
    • 男の子17歳、男の子14歳、男の子8歳

    幼稚園の3歳児クラスで読みました。

    有名な昔話で何冊か同じストーリーの本が出ていますが、
    この本が一番お勧めです。

    絵がちょっと今風です。
    ダイニングやお風呂場・寝室などがでてきますが、
    今の子ども達の中には、これくらい自分達の生活に近いものの方が理解しやすいのかな?と感じるほど、すーっと話の中に入っていきました。

    読み終わった後は、
    「みんなは、だいこん?にんじん?ごぼう?」などと尋ねると、
    「だいこーーーーん」と頼もしい返事。

    「ごぼうの子はいない?」などとしっかり会話も盛り上がるので、大勢に読み聞かせるのにはちょうど良いと思います。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホントか!?

    このお話は多分作り話だと思われるのですが、なんかとってもしっくりくる感じで納得できてしまうストーリです。子供も昔あった話かのように聞き入っていて、みんなに教えてあげるんだって言ってました。

    掲載日:2011/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めて息子に読んだのは2歳後半の頃でした。その後5歳後半の今まで、何度となく読み、息子は暗唱してしまっています。風呂に入りながら「ごくらく ごくらく」と大根の真似をしていました。

    ストーリー性がある割りに文字量は少なめです。我が家では息子自身がとても眠たいけれど何か読んで欲しい!と思っているときに読むことが多い1冊です。

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かりやすい

    他の本でこの内容のものを読んだのですが
    短くて短縮して書かれていたので
    子供もよくわからなかったみたいです。

    こちらの本は詳しく書かれてあり
    絵もユーモアたっぷりです。
    それぞれの特徴も分かりやすくて
    最後ベッドにはいって眠る場面なんて
    ホッとしてしまいます。
    お風呂でのごしごしする姿が愛らしい。

    掲載日:2011/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほどねー!!

    4年保育の息子が、幼稚園に入ってすぐの頃読んだ絵本です。
    小さい頃から絵本好きの息子がかなり興味を持った絵本の1つです。

    赤ちゃんの時から大根が大好きな息子。

    その大根がどうして白いのか・・・がこの絵本を読んで分かったようです!

    大人が読んでも「なるほどー」と思わせてくれますよ!

    にんじん&ごぼうも、どうしてその色になったのか、
    この絵本を見ると分かりますよ(^-^)

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ベストだと思う

    有名な『にんじん だいこん ごぼう』のお話です。
    これが出るまで他の絵本で読んでいたのですが、今イチ反応が良くありませんでした。
    でも、これはすごく気に入って、何度も読まされました。
    絵がシンプルでかわいめなのも、ちょっと現代風な感じも子供には良かったみたいです。
    『にんじん だいこん ごぼう』の絵本の中で、一番ウケが良かったので、星5つです。

    掲載日:2010/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話

    昔話にありました、ありました!

    「にんじんさん だいこんさん ごぼうさん」夫々の性格がわかったよ

    うな気がします。にんじんさんは、我慢強くて真面目です。だいこんさ

    んは、綺麗好きで几帳面です。

    ごぼうさんは、面倒くさがりやで物事にこだわらなくて大らかです。

    お風呂に入るだけで夫々の性格がわかるのがとても愉快でした。

    三人とも白かったら見分けがつかなくて困るから、丁度よかったと思い

    ました。夫々性格は違っても同じ屋根の下で一緒にベットを並べて寝れ

    るのが凄いと思いました。

    三人だから、一人はんぱになってしまうのかと思ったら違っていたので

    自分の思い違いだと気がつきました。

    昔話の再話ですが、とても丁寧に描かれていてよかったです。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / にじいろのさかな / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / もりたろうさんのじどうしゃ / くるま かします

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット