もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

みんなの聖書絵本シリーズ 10 ダビデとゴリアト」 みんなの声

みんなの聖書絵本シリーズ 10 ダビデとゴリアト 作:日本聖書協会
絵:藤本 四郎
出版社:日本聖書協会
本体価格:\952+税
発行日:2009年01月
ISBN:9784820242390
評価スコア 4
評価ランキング 23,168
みんなの声 総数 1
「みんなの聖書絵本シリーズ 10 ダビデとゴリアト」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ダビデが大好きな息子と読みました。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    ミケランジェロの「ダビデ像」で有名な、ダビデ王のお話。

    ダビデ王が8人兄弟の末っ子だったことや、
    ひつじかいだったこと、
    琴の名手だったこと、この絵本で始めて知った息子でした。

    ダビデがゴリアトを倒した話が大好きな息子は、
    ダビデの放った石ころがゴリアトの額にあたって、
    それでゴリアトが死んでしまった、という絵本の内容に
    ちょっと不服そう。
    ほんとは、石があたってゴリアトが倒れたから、
    ダビデがゴリアトの剣をひきぬいて、
    クビをとったんじゃなかったっけ?

    との、息子からの指摘。
    息子のダビデ物語への理解力に脱帽でした。

    ダビデがサウル王の娘、ミカルと結婚したこと、
    後にサウル王からうとまれて追い掛け回されたときは、
    ミカルと、サウル王の子供であり、ダビデのよき共となったヨナタンが
    ダビデを助けたこと等も、巻末に解説があり、
    息子のダビデへの理解がより深まった一冊でした。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



くんぺい童話館 東英子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット