モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

ぷーらりさんと1ねんせい」 みんなの声

ぷーらりさんと1ねんせい 作:角野 栄子
絵:ふくだすぐる
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\854+税
発行日:1996年03月
ISBN:9784591049495
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,610
みんなの声 総数 5
「ぷーらりさんと1ねんせい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぷーらりさん

    「ぷーらりさん」のシリーズを、初めて読みました。
    1年生やこれから1年生になる子供には、ちょうどいい内容ですね。
    ぷーらりさんは、かわいいだけじゃなく、とっても頼りになる存在だなと思いました。
    お礼がいつでも「コロッケ3つ」ということに、私は笑ってしまいました。

    掲載日:2013/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぷーらりさん♪いいなぁ〜

    角野さんの作品で
    絵は、かわいらし絵のふくださんではありませんか
    読んだことないな・・・
    と、図書館から借りてきました

    ぷーらりさん
    この響きが、いいです
    おばけ?
    見守ってくれるのかな?
    お手伝いしてくれるのかな?

    森の様子の絵もおもしろい

    小学1年生になるうれしい気持ちと
    なんだか、いやな気持ちと
    そんな気持ちをぷーらりさんが
    いろんなことをしてくれます

    素敵ですね

    「〜しなさい!」って言われるより
    いいもの〜

    かやねずみっこちゃんたちのいたずら兄弟も
    忙しいかやねずみのお母さんも
    個性豊かな1年生たちも
    ぷーらりさんが居てよかったね

    お礼は、コロッケ3こ♪

    絵を見てても楽しくなっちゃう
    年長さんから楽しめますね

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    もうすぐ息子も1年生になるので、タイトルより選び、図書館で借りた絵本です。

    かやねずみのおかあさんに頼まれて、おばけの女の子ぷーらりさんが、もうすぐ1年生になる十匹のねずみっこちゃんたちのお世話をするお話です。
    そのお世話の上手いこと上手いこと!
    うちにも是非ぷーらりさんに来て欲しいと思ってしまいます。
    ねずみっこちゃんたちが1年生になる前〜1年生になり楽しく学校に通うまでのお話なので、年長の息子にはまさにピッタリでした。
    内容的には、年少・年中児辺りからも楽しめると思います。

    掲載日:2010/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛すべきキャラクター

    紹介してくださる方がいて読んでみた本です。

    とても役に立つおばけのぷーらりさん、うちにも来てほしいなあと思いました。

    いたずらっこをつかまえて、学校へ連れて行ってくれるからです。

    ぷーらりさんがいてくれたら、朝の慌ただしい時間がどんなにか楽になることでしょうね。

    ねずみのお母さんがくれるお礼がどうしていつもコロッケ三つなのかなあと思いました。

    絵がふくだすぐるさんなので、ぷーらりさんの絵もふんわり穏やかさが漂っていて、愛すべきキャラクターだなあと思いました。

    「もりのおばけのぷーらりさん」という作品もあるのでこちらの方もぜひ読んでみたいです。

    初めての児童書としても1年生物としてもおすすめです。

    掲載日:2009/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子守上手のぷーらりさん

    ぷーらりさんが大好きな娘。
    ほかのシリーズもあると知り、図書館で借りてきました。
    前作「もりのおばけのぷーらりさん」は
    森での生活において、みんなの役に立ちたいけなげなぷーらりさんを中心に描かれていましたが、
    今作は、学校に行きたがらないねずみの兄弟たちを
    上手にその気にさせるぷーらりさんの手腕が見ものです。
    前作でも子守は得意な様子は描かれていましたが
    今回はもっと、子供をその気にさせるいろんな技を見せてくれます。
    思わず勉強になった私でした。

    掲載日:2008/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット