貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ねんねん ねこねこ」 みんなの声

ねんねん ねこねこ 作・絵:ながの ひでこ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1996年02月
ISBN:9784752000457
評価スコア 4.08
評価ランキング 19,646
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 長野ヒデ子さんの家のねこの子守歌とはおもしろい
    しかも 楽譜付きで 「いとまきまき」の詩でうたうのだそうです

    やんちゃなこねこですね   おひるねがいやで あそび出すのです
    ボールあそび楽しそう     そして外へとびだして
    とんぼを 捕まえようと いたずらっこ    水たまりにはまり かえるたちに笑われてる〜
    あーんあーん  大粒涙で泣いてる
    母さんねこが どろんこなめてくれて うれしいこねこ
    母さんは こねこをちゃんとねかせてあげて
    なんだか ほのぼのとした 絵本です
    長野ヒデ子さんの絵は かわいくて愛嬌たっぷり   
    みんなに読んであげたいな〜 ♪いとまきまき♪のリズムでね

    掲載日:2018/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカルな、わらべ歌のような

    リズミカルな、わらべ歌のような雰囲気で
    簡単な文章がついています。
    こねこが、いたづらをして、どろだらけになって
    お母さん猫に、連れて帰ってもらって
    きれいにしてもらって、眠るおはなしが
    描かれています。
    ながのひでこさんの、丸いかわいい絵が好きです。

    掲載日:2018/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆったりした気分に

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    ねこ好きの娘に。
    最初、いとまきの歌に合わせて読める本だと
    気づかずよみましたが
    グググッと引き込まれたように、
    ねこみたいにくっついて甘えてきながら
    聞いてくれました。
    最後のページで歌に合わせても読めるとわかり、
    もう一度のリクエストがあったので、
    次は歌いながら読んでみたら、
    興味津々で飛び込んできたのは五歳の
    お兄ちゃんの方でした。
    この歌知ってるー!といいながら、
    一緒に歌って読みました。
    娘のほうは、歌に合わせずに読むのも好きみたいで
    気分に合わせて読んでいます。
    ねこの気ままな感じと甘々な感じが
    かわいらしい、のんびりふんわりした気分に
    なれる一冊です。

    掲載日:2017/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子守唄によさそう

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    1歳の次男がいただいた本です。

    「いとまきまき」の歌の替え歌になっています。こねこのいたずらと冒険が語られていてとても可愛いです。読み終わっても頭に残って、ついつい口ずさんでしまいます。

    しかし、なぜか息子には受けが悪いのです。私の歌が下手なのかもしれません。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこねこ

    手遊び歌「いとまきまき」のメロディーで、歌える歌詞だったのですね。
    あとがきを読んでから気がついたので、「いとまきまき」の音ではなかったのですが、自然と歌うような感じになりました。
    ネコちゃんのいろんな表情が、面白くてかわいかったです。

    掲載日:2012/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいこねこ

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子7歳、女の子4歳、男の子1歳

    お昼寝の時間になって布団に入ったのに、まだまだ遊び足りないこねこ。布団から抜け出して、遊びに言っちゃう様子が「ねんねんねこねこ」のテンポのいい文章でつづられています。

    2歳の子どもにはじめて読んであげたら、自分と重なるのかページをめくって読むたびに「あはは」と喜んで聞いていました。

    子どものお休みタイムの前に読んであげて、こねこのように最後は気持ちよさそうに眠りにつけたらな〜と、最後のほうはだんだん声を小さくしながら「おやすみなさい」と読んでいます。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長野ヒデ子さんが、サラダちゃんの為に作った子守唄です。

    「いとまきまき」の節で歌うとピッタリと書いてあったので、歌ってみ

    ました。本当にピッタリで、上手く出来た替え歌でした。ねこの為に愛

    情が込められているだけあって、優しさが伝わってきました。

    「ねんねん ねこ ねこ」のねこの部分を孫の名前に置き換えても上手 
    く歌えました。絵にもとっても優しさが込められていて、可愛い絵にも

    ほのぼのとしてきます。寝るのが嫌でいつまでも遊んでいたいこねこち

    ゃんに、優しく見守るお母さんねこに我が子を思う気持ちがとても強く

    伝わってきました。子育てに忍耐も必要だよって学ぶところもありまし

    た。忍耐強く見守って育てるのも協力できたらいいと思いました。

    とても優しい気持ちになれる絵本でした。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムがいいね。

    最初は、知らなかったので、普通に読んでいて
    「しつこいほどの繰り返しで、読むのがイヤだなぁ」って
    思っていたのですが、あとがきを読んで
    「いとまきまき」のふしで歌うと知ってからは
    印象が大きく変わりました。
    この絵本、「いとまきまき」のふしにピッタリとあい
    あんなにイヤだった繰り返しが、リズムに乗って
    心地よい物になりました。
    絵本を読むのに、リズムって大切なんですね。
    私は、割と早口で歌うのですが、旦那はゆっくりなペースで
    歌っています。
    人によって、リズムの速さが違うのが面白いなぁって思いました。

    ここに登場するこねこちゃんは、寝るのがイヤだと
    脱走しちゃうんですが、子どもの行動そのままで
    可愛いですね。
    1歳8ヶ月の娘もそんなこねこのいたずらと
    冒険を楽しんでいます。
    最後は、安心して眠れるのでおやすみ前に読むのが
    おすすめですね。

    掲載日:2008/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の集中絵本

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    0〜1.2歳児の読み聞かせでいきなり
    「ねんねんねこねこ〜♪」
    と歌いながら絵本を見せたら一斉に子供がシーンとした
    集中力ばつぐんの絵本でした
    ながのさんの「サラダ」ちゃんというこねこが自由自在に遊びまわります
    途中ででころがっては絵本を動かしたり
    「あーんあーん」と泣きながら歌ってみたり
    母さんねこが迎えにくると2歳児は安心した様子
    最後はだんだん声を小さくして・・・
    「おやすみなさい・・」
    お昼寝の前に読んで寝てくれたらいいですよね

    掲載日:2007/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 糸巻き巻き

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子1歳

    『ねんねん ねこ ねこ ねんねん ねこ ねこ』を
    『糸 巻き 巻き 糸 巻き 巻き』のフレーズに合わせて歌いながら読むとリズムに合わせて体を揺らす娘。
    普段と違った絵本の読み方が楽しいようです。

    掲載日:2006/12/07

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.08)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット