だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

てのひらむかしばなし ねずみじょうど 」 みんなの声

てのひらむかしばなし ねずみじょうど 作:長谷川 摂子
絵:下田昌克
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\760+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784001163858
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,330
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 昔話のよさがいきいきと

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    手のひらサイズの絵本ですが、絵がはっきりしていて、遠目にもきく絵本だと思います。
    優しい心の夫婦と、よくばりな夫婦という対照的な話の展開は、最後まで読まずとも話の結末が予想できてしまいますが、それでもなお、何度も読みたくなるのは、昔話の魅力でしょうね。
    結末なんて、まともに受け取っていたら、「そこまでしなくてもいいでしょう。」なんて思ってしまいそうですが、やや残酷なこともさらっとやってのけちゃうところは、いさぎよささえ感じます。
    そして、やはり、昔話はむかしから、子どもたちに道徳的な教えを伝えていたのでしょうね。今も、それを利用しない手はないと思います。このお話もしっかり受け継いで、次の世代に受け渡していかなければなあと感じました。

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 欲張りはいけません

    山に行ったおじいさん、そばもちを、あもあもと食っていると、、、
    こんな言い回しがなんだか美味しそうでいい感じです。
    出てきたネズミの横目がかわいい、おじいさんの目じりのしわが
    優しそうでいい感じ。
    ねずみのお招きにあづかったおじいさん、
    すばらしいねずみのお部屋です。
    そして、お決まりの欲張りの隣のじいさまとばあさまのお話です。
    欲張っては元も子もないですね。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全頁試し読みで読みました。おばあさんの「ねずみじょうど」に比べるとやっぱり、おじいさんのねずみじょうど」を読んでほっとしました。おばあさんは、優しいおばあさんでもちょつと欲がでていたので、それに比べるとおじいさんのは、人柄がよく出ていました。昔はなしは、孫たちにも読んであげたいと思いました。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王道ですが、それもいい

    やさしいおじいさんは幸せに、よくぶかいおじいさんは、とんだめに。
    王道ですが、良いですね!
    長谷川さんの昔話、どれも好きです。
    昔の地方の言葉をふんだんにつかっていて、それも心地いい。
    ねずみの歌など、声にだして読むと、楽しい雰囲気がでて、読み聞かせにもむいてそうです。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 欲張りものが・・・モグラに?!

    はじめて読む昔話だと思いきや・・・
    もしかしてこれは、「おむすびころりん」?!

    ユニークなイラストが物語にぴたりと合っていて、
    楽しく読むことが出来ました。

    最後にモグラになってしまう場面では、
    少しだけ同情しちゃいました!

    欲張ると、ろくなことが無いですよねえ。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • モグラ

    よいおじいさんと、意地悪おじいさん
    昔話の定番ですよね。
    定番すぎて、結末まで見えてしまうのですが、「モグラ」とは驚きました。
    えー、モグラって・・・かわいいけど、かわいそう。

    ネズミの歌も、かわいらしかったです。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今でもおもしろい

     そばもちを少し分けてあげたお礼に、ねずみから、豪華なごちそうをいただくことになったおじいさん。
     ねずみの「なんにもないけど、めしあがって」の言葉に、ちょっと苦笑いしてしまいました。
     
     となりのじいさまの行動は、お笑いのコントみたいでおかしい、と子どもが言っていました。そんな見方もできるんだなと、おもしろかったです。
     最後はもぐらになってしまったのは、インパクトがあります。。

     昔から語り継がれてきたメリハリのあるお話は、今でもおもしろいですね。

    掲載日:2011/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話の知恵満載♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    リズム感のある言葉で
    ぐいぐいおはなしの世界に引き込まれます

    『おむすびころりん』の
    「ころりん」もいいけど
    ねずみ「浄土」というのも、なんとも
    いいですよね

    となりのおばあさんは「火」を貰いに来ます
    昔、「火」を消してしまうのでは
    主婦失格なんですって
    それで、怠け者ってわかるんですって

    最後のオチも
    なるほど〜
    ですよね

    昔話はいろいろな知恵が隠されています
    伝えることの大事なものだと思います

    「うろこだま」もですが下田昌克氏の絵が
    いいですねぇ

    掲載日:2011/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチにはブーッと噴き出してしまいます!

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    昔話によくある、優しいじいさまと意地悪じいさまが
    出てくるお話です。

    ねずみがもちをついているところの、にぎやかな歌が
    とても楽しく、息子は体を揺らしながらニコニコ
    聞いていました。

    意地悪じいさまのふてぶてしい顔つきに、いかにも
    悪い感じが伝わったのか、息子が『おじいさん悪いね〜。』と
    言っていました。優しいじいさまのときと意地悪
    じいさまの時によって、ねずみの表情の違いも
    一目瞭然で、笑えます。

    最後のオチには、変わり果てた意地悪じいさまに
    ブーッと噴き出してしまいました。

    この絵本は、てのひらむかしばなしということで、子どもが
    持つのにちょうど良いサイズで、和紙による千代紙で
    縁どりもされている素敵な絵本です。
    見開きに描かれているネズミも味があって良いです。

    3歳以上のお子さんにおススメします。

    掲載日:2010/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みやすい

    欲張ることはよくないというようなことを教えてくれそうな昔話です。

    このお話は、別の出版社からも出ているのでよく見かけます。

    文が長谷川摂子さんなので、読みやすいのがいいですね。

    本が小さいので、親子で仲良く読むのにちょうどいいような大きさだと思います。

    また、廉価なのもありがたいです。

    掲載日:2010/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット