だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

かさの女王さま」 みんなの声

かさの女王さま 作:シリン・イム・ブリッジズ
絵:ユ・テウン
訳:松井るり子
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784883301690
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,772
みんなの声 総数 14
「かさの女王さま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 絶対行きたい

    拍子の雰囲気が心に響いたのでこの絵本を選びました。将来毎年世界1週を考えていますがこの絵本に登場する村にも絶対に言ってみたいと思いました。素晴らしい伝統技術と誇り高い意識を持つ村人たちに魅せられてしまいました。傘作りを通して色々な事を学んでいく主人公がかっこよかったです。

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • びっくりしました

    ヌットが小さいのにかさにえがかけるからびっくりしました。

    ヌットがぞうの絵をかいていたので、いいのかなあと思いました。

    ぞうの絵はいろんなゾウがいたから楽しいと思いました。

    ぼくだったらヌットのかさがほしいと思いました。

    さいごはよかったと思いました。

    掲載日:2010/02/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぞうが好きな女の子

    傘作りを生業とする村では、誰もが傘作りに参加します。
    ヌットもまたその一人でした。
    傘の絵付けをしたくてしょうがないのですが、絵付けを任されて描きたいのは、自分の好きなぞうの絵。
    仕事で決められた模様と、自分の描きたい模様の違いに悩んでしまいました。
    でも、王様の心に響いたのは、心のこもった絵でしたね。
    派手さはないけれど、味わい深い絵本です。

    掲載日:2016/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 象モチーフのものって可愛いよね。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    伝統工芸に穏やかに反旗を翻したヌットに盛大な拍手を。自分の好きなものに忠実で、確かな目を持った王様にも盛大な拍手を。こんな可愛い傘だったら私も欲しい〜。もっと色んなデザインのものがあっていいはずなのにね!

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少女の描く絵

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    伝統的な花の絵のかさも素敵だとは思いますが、自分が描きたいものを描くのも素敵ですね!
    きっと描きたいものを描いて絵も少女もいきいきとしたいい絵を描いていたのではないでしょうか。
    彼女の絵がしっかりと認められて良かったと思います。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヌットのゾウのかさ

     タイに、何百年も傘を作り続けてきた村がありました。模様は、花とチョウです。でも、小さな女の子ヌットが描きたかった絵は、、、。

     傘を作っている、山あいの村の風景や、村人の表情がいいなと思いました。傘の作り方がよくわかります。
     かさの女王になったヌット、とてもうれしそう。ヌットの喜びがつたわってきます。
     
     ヌットが描いたゾウの模様の傘、私もほしいなと思いました。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイの伝統の傘が見事で美しい!

    国には伝統の工芸品があります、 タイの山あいには 何百年も傘を作り続けているのです。

    お父さんが 木と竹で骨をつくり おばあさんが和紙を作り 絵付けはお母さん みんなが分業で作る傘 伝統の傘が 守られているのですね!

    お正月には 王さまが 傘の女王を選ぶというのです
    みんなは この行事を励みに 腕を磨いて 絵付けをしているのでしょう(伝統を守ることの大切さを 教えてもらいました)

    ここに登場するヌットという少女は、お母さんの絵付けをマネしてお母さんと変わらぬくらい上手く絵付けしました
    お母さんもお父さんも ヌットに絵付けをさせるのです
    子供にこうして伝統の傘の絵付けを伝えているのが よく分かります(親は子供を信じて伝えていくのですね)

    ヌットは 絵付けをしているうちに   花と蝶だけでなく ぞうの絵を書くのですが、そのぞうの絵が 生き生きと 動きがあっておもしろい!
    すごく楽しくなりました!(私なら ぞうの傘がほしいな〜)

    王さまは 傘の女王にヌットのぞうの絵を選ぶのです!

    花と蝶の絵付けは伝統です。 ヌットは それを分かっているのです。
    だから 小さな傘にぞうの絵を書くのでした。  王さまの目に止まり
    ぞうを描いたのはなぜか? 聞かれたとき 「わたしは ぞうが すきなのでございます」

    王さまは この言葉に感動したのですね!
    「この子は こころから 絵付けをしたので女王にえらびます」と
    すばらしい! 王さまですね 
    こうして また ヌットの絵付けも 伝統の中に入り広がっていくのでしょうね
    新しいものを取り入れることも 伝統を守ることにつながると思いました
    良い絵本に出会いました

    絵がとてもステキで、傘の絵も 村の風景も気に入りました

    長い話ですが 高学年の子供たちには読んであげたいお話です!

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユ・テウンさんの描く世界が素敵

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    お国柄が出ている味わい深い作品でした。
    作者は中国系アメリカ人だそうです。
    中国と一口にいってもこの物語の村の風景や、「ぞう」が身近な動物らしいところから推測すると、東南アジア諸国に近い地域が舞台のような気がします。

    物語時代はあまり大きな展開もなく、ラストも予想できるわりと良くあるパターンでしたが、ユ・テウンさんの絵は、色合いや表情、優しい線で描かれた町並みがとても素敵でした。
    赤や黄色で描かれているページが多いので、遠目もきくと思います。
    読み聞かせに使うなら、中学年から高学年くらいにお薦めしたいです。

    掲載日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても落ち着きます。

    4歳の息子と読みました。

    タイの山あいにある小さな村が舞台。
    ここでは、伝統工芸品である傘を作り続けています。

    そして主人公は、絵付けにあこがれる少女、ヌット。

    物語の優しい語り口調と、
    暖かい色彩で描かれた絵が、とっても心地よいです。

    途中で王様が登場します。

    「おっしゃいました」や、「申し上げました」等、
    4歳児には難しい単語も多数でてきますが、
    それでも絵が結構細かいので、
    4歳の息子も話はつかめた様子。

    最後に、ヌットが「かさの女王様」に選ばれるという、
    ハッピーエンドで終わります。

    読み聞かせをした私の方も、聞いている息子の方も、
    とっても落ち着く、そんな感じの絵本です。

    掲載日:2010/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい気持ちになれる絵本

    • がるこさん
    • 20代
    • その他の方
    • 埼玉県

    かさ作りを続けてきた村に生まれたヌットちゃんは、絵つけを教えてもらって、自分もかさ作りに参加します。大好きなゾウの絵を描くけれども、伝統的な柄でないと商品にならないと言われてしまいます。

    いやな気持ちにさせる人がいない、心あたたまるお話だと思います。
    家族や村の人たちの様子をみて、自分もかさ作りに加わりたいと思う女の子。その才能をしっかり認められる大人。
    ヌットちゃんは商品にならない絵をかさに描いてしまいますが、それをきちんと家族がさとし、ヌットちゃんも理解します。絵つけが仕事であると認識しているからです。小さいころから日常的に大人たちの仕事の風景を見てきたからでしょうか。
    こうした話の流れが、この絵本の大切な部分だと思います。ヌットちゃんが「伝統は堅苦しい、私は自分の好きなように描く」と言ったら、このお話の魅力は半減してしまいます。個性と自分勝手を履き違えずに、仕事は仕事、趣味は趣味ときちんと区別したことで、結末の部分が生きてくるのではないでしょうか。伝統を重んじて産業を続けてきた村の人たちなんだなあという印象を受けました。
    王さまもとても素敵で、きちんと話を聞いてくれる、やさしい人ですね。この人の存在が、ヌットちゃんはもちろん、読者にも安心感を与えてくれます。
    大人たちがしっかり見て、ときには認め、ときには説明し、子どもとちゃんと向き合ってくれるところが好きです。(もちろん、素敵な絵を素直に描くヌットちゃんもとっても魅力的!) この絵本に出てくる大人のように、周囲の子どもたちに接したいと感じました。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット