庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ドーナツだいこうしん」 みんなの声

ドーナツだいこうしん 作・絵:レベッカ・ボンド
訳:さくま ゆみこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年01月
ISBN:9784032027105
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,676
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • タイトル

    タイトルが気に入ったのでこの絵本を選びました。タイトルの”ツ”の描き方と、男の子の表情、歩き方も気に入りました。ドーナツがとても美味しそうで私も食べたくなりました。繰り返しの文章が心地良かったです。沢山の人を魅了する過程にドキドキしました。主人公のドーナツを巡ってどんどん展開していくストーリーに目を見張りました。

    掲載日:2010/06/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 集まる集まる

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ビリーがつけたドーナツのあとをにわとり、ねこ…と次々とついていくものたちがどんどんどんどん増えていきます!
    まさにタイトルとおりのドーナツだいこうしんですね(笑)。
    ついにはユニコーン等々、物語のものたちまで行進に参加してしまうのには驚きました。
    2歳と4歳の子に読みましたが、2人とも気に入ったようです。
    人が人を呼ぶってよくありますよね。

    掲載日:2016/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだかくたびれる

    なんだかくたびれる本です。ビリーはどーやってドーナツをつけてるのかな。ってみんなそんなについてこないでしょ。絵本にしても、あまり夢のある感じでもないしとっても微妙な絵本でした。娘もまた読んでとは言わないです。

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い

    5歳長女に読みました。選んだのは表紙からドーナツがどうなるのか?という疑問からですが、思った以上に単純なお話でした。男の子がつるしたドーナツにどんどん動物達、そして人間たちもついていくお話です。ただそれだけなんですが、楽しい。長女はハンプティダンプティまで出てきたとこに大笑いしていました。きっとこんな行列があったら私もついていってしまいそうだなと思いながら読みました。男の子が一人だけマイペースなとこに笑えました。

    掲載日:2013/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドーナツが食べたい♪

    ビリーが腰に糸でつるしたドーナツ。
    そのドーナツにつられて、気が付けばみんなで大行進。

    町中の色んな人を巻き込んで、物語の主人公までついてきて
    大騒ぎになっていく様子が楽しいです♪
    なのに、ドーナツの持ち主のビリーは、
    その騒ぎを全く気にしてないのが面白いですね!!

    絵も「アメリカ!」って感じの素朴な雰囲気がいい味を出しています。

    ビリーが大事そうに持っていた大きな箱は
    お誕生日のプレゼントだったのですね!
    タイトルの次のページを見て気付きました。

    楽しい気分になれる絵本です。

    掲載日:2012/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 単純だけどおもしろい

    表紙の美味しそうなドーナツに惹かれて、図書館で借りてきました。

    糸でつるしたビリーのドーナツから始まった騒動。
    鶏・猫・犬・女の子・劇の仲間達・・・・・どんどん加わっていく沢山の人たち。

    とっても単純なお話なんだけど、とっても面白い展開でした。
    最後は、ニワトリさんだけがドーナツを食べれたんですね!!

    掲載日:2012/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヒモで下げんでも

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    腰から糸でつるしたドーナツ1こ。

    そのドーナツにニワトリがついてきて、
    ニワトリを狙ったネコが・・・と
    もう大行列になってしまうお話ですが。

    後ろの大騒ぎを全く気にせず歩くビリーと
    腰から下げたドーナツ。

    いたずら?いたずらなのかな?って思いながら読んでました。

    な〜んだ、そういうことだったのか。

    先がわからなくて、兄ちゃんも次男もドキドキしながら
    聞いてて、最後のオチで「な〜んだ!」って笑えました。

    でもさ、なにも腰から糸で下げなくてもいいんじゃないの〜?
    途中でパクッと割れて落ちちゃう!と次男は心配だったそうです。

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビリーに贈られたプレゼントからはじまりました。大事にかかえてドーナツを糸でつるした姿が なんとも おもしろい。

    ここから お話がはじまり にわとりが ドーナツのかけらがついてきますビリーは 知らぬ顔で 大事そうにプレゼントの箱もって、

    ねこ 犬 劇の練習中の女の子 裸ん坊よ! 仲間  ランナー どうしてこんなに みんなが ついてくるんでしょうね??楽しそうに見えると みんな お祭り騒ぎが大好きなんですね!

    消防士や 看板や 結婚式のみんなも ここまでくると ナンセンスですが  人間の お祭り騒ぎ好きと 人のマネをしたがる気持ちが おもしろおかしく 描かれています。

    絵がおもしろく やかんや コップ スプーンまで 町中が お祭り  みんな 好きですね〜   大騒ぎが・・・・!

    絵がきれいで 楽しそうなので ナンセンスですが 楽しめるんです
    くもを捕まえた人(網でね こんな 夢もあるんだね)
    まさに お祭りの行列だ!

    ドーナツひとつで たのしい おまつり みんなが おどる みんながうたう  こんなことはあり得なくても 平和な証拠ですよね!
     
    なんと おち  ビリーはというと プレゼント中身、 船だったのですね 海に 船を浮かばせたかったんですね。 ビリーは みんなのことなんか そ知らぬ顔で・・・船を浮かせて ねころんで ドーナツぱくり。  にわとり あげているところが なかなか良い ビリーは とってもしあわせそうで〜す。
    ドーナツだいこうしんというタイトルですが・・・

     ビリーの目的は 船とドーナツ食べたかったことかな?

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最初の出だしが面白い!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    積み上げ話ではないけれど似たような…、“ことがだんだん大きくなっていく”楽しさがある物語でした。

    まぁ、町全体がお祭り好きじゃないと、なかなかこういう現象は起きないかもしれませんが…。
    レベッカ・ボルトさんの子どもや動物たちの描き方がとても好きです。
    今回は特に、一番最初についていくにわとり(めんどり)の足の動きが可愛かった〜!

    ページの進行の仕方も、一度読み始めたら、読者をぐっととらえる作りで、楽しく読めました。
    最後のオチはさ〜っと波が引くようにあっさりしていて「あれだけ大騒ぎを起こしといて、結果がこれかい!」って、ちょっと突っ込みたくなりましたが、それはそれで「突っ込みたくなる自分」が笑えました。

    色使いは薄めですが明るい色が多いので、意外と遠目も利きそうです(教室1つ分くらいは平気だと思います)
    小学校中学年、高学年くらいのお子さんにいかがでしょう?

    掲載日:2011/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 平和で明るくて楽しい

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    なんで、腰に糸でドーナツをつるしているのか??
    最後に、ようやく訳がわかりました!
    ドーナツにちゃんとついてきたにわとりだけが、最後に分け前があったね!(笑)

    にわとりに、ねこ、犬・・・・・と、どんどん増えていく行列に、「次は?次は?」とワクワクします。そして、行列がすっころんで、お祭りになって。平和だぁ・・・と思いました。
    一人読みで読んだ息子も、「これ、面白いよお母さん」と笑って内容を話してくれました。

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット