ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

「The Eyes of Gray Wolf」 みんなの声

The Eyes of Gray Wolf 作:(不明)
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「The Eyes of Gray Wolf」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 野生動物

    大自然の中に生きる野生動物の姿を描いた絵本。表紙の絵を見ただけでも、どきっとするようなインパクトがあります。そこにあるのは、まさしく野生動物の鋭い目。自然の厳しさを映し出すような目です。娘も、じっと絵を見つめながら、真剣に聞いていました。そして、布団に入ってから、「どうして仲間のオオカミがたくさん人間の罠にかかって死んじゃったの?血がいっぱい出た?誰も助けてくれなかったの?」と、娘なりにいろいろと考えるところがあったようです。ペット1匹でさえも、最後まで愛情と責任をもって飼えない人が増えている今の時代。生き物の命の尊さを子どもたちにしっかりと伝えていきたいですね。

    掲載日:2009/01/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット