ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

空とぶゴーキー」 みんなの声

空とぶゴーキー 作・絵:ウィリアム・スタイグ
訳:木坂 涼
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1996年07月
ISBN:9784883301140
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,210
みんなの声 総数 3
「空とぶゴーキー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小学1〜3年に読みたい

    イタズラ盛りのお子様へ。そして子どもの気持ちはわからないと思い始めた君たち、どう?

    お父さんとお母さんが留守のあいだに、ありとあらゆる物を混ぜて実験! お母さんの大事な香水だって入れちゃう!
    できたものは……空飛ぶ薬。

    イタズラの結果を実践して楽しむゴーキーでしたが、責任も自分で負わなければなりませんでした。空の上ではお父さんの手もお母さんの手も借りられないから。

    自分で考えて行動してようやく戻ってきたところを察して、あんな風に対処しくれる親がいいですね。ラストがいい。
    ただ甘やかすのでもなく、理解という形がよかった。

    娘は幼稚園で読んでもらったと、知っていました。
    私は小学校低学年〜中学年に読みたいなぁ。

    掲載日:2010/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいはつめいです

    ウィリアム・スタイグの本がおもしろくて、すきなので、かりてきました。

    てきとうにつくったえきたいをもって、ねたら、空にうかんだので、びっくりしました。

    すごいはつめいだと、おもいました。

    空をとんでるゴーキーとかみなりがしょうぶして、ゴーキーはどうなるのかなあっておもいました。

    かみなりにあたったら、ビリビリして、しなないかなあってドキドキしました。

    えきたいをぞうの上にかけたら、ほんもののぞうになったから、びっくりしました。

    すごいはつめいです。

    こんなことができたら、すごいなあっておもいました。

    掲載日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 根底に確かで温かい家族愛が感じられる

    今年に入ってから、ウィリアム・スタイグ三昧をしています。

    台所にあるものを適当に混ぜて作った液体で、空を飛んでしまうところが、とても不思議です。

    こんなもので、本当に飛べるのという感じがしましたが。

    でも、飛んでいるだけで、家に戻れなくなったらって困りますよね。

    結末は知っていたものの、ドキドキハラハラしました。

    スタイグを読んでいて、気持がいいのは、根底に確かで温かい家族愛が感じられることです。

    お父さんの「空をとんで疲れただろう。

    家に帰って少しお休み」に、子どもに寄せる親の愛が感じられて、心が温かくなりました。

    掲載日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット