あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

「Harry by the Sea(うみべのハリー)」 みんなの声

Harry by the Sea(うみべのハリー) 作:(不明)
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「Harry by the Sea(うみべのハリー)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 思い出に残る1冊

    ハリーのサマーバージョンのお話ですが、真冬に読んでも楽しかった〜!!特に、今年の夏は(秋になっても)、犬を連れて、よくビーチに出かけたので、娘には親しみのわくお話だったようです。
    ハリーは、涼しい日陰を求めて、あっちに行ったり、こっちに来たり・・・子どもたちが作った砂のお城に潜り込んだときには、「あ〜、ひびが入っちゃったよ!」と、娘もひやひやしながら見ていましたが、後ろからついてくるハリーに向かって、“Get lost!”と怒鳴るふとっちょのおばさんには、「こういうおばさん、よくいるよね!」と、2人で顔を見合わせて笑ってしまいました。
    また、全身海藻に覆われたハリーを見て、“Sea Monster!?”と、大受けの娘でしたが、うれしさのあまり飛び跳ねた瞬間に海藻が落ち、元のハリーに戻ったときには、またまたにっこり。ラストは、本当に「めでたし、めでたし」で、いつもしあわせな気分になれます。
    みなさんのレビューから、日本語版では、”Hurry”の訳がどうもしっくりこなかったようですが、原文では、やはりそこが1番盛り上がるところで、先日、買い物に行った帰りにも、「Hurry Hurry! Harryじゃないよ、雨が降ってきたから、Hurryって言ってるんだよ!」と、娘も面白がって使っていました。
    長い文章が続くページもあり、難しい語彙もいくつかあるのですが、10回と読まないうちに覚えてしまい、ある晩、パパを呼んできて、2人で声を合わせていっしょに読み始めると、パパもびっくり仰天! 読み終えて、感動の渦に包まれながら、いっぱい、いっぱい褒めてあげると、娘も本当にうれしそうに、「どういたしまして。Jも、パパとママが喜んでくれて、うれしいよ」と答えてくれました。娘が初めて全文暗唱した英語の絵本。親の私たちにとっても、思い出深い1冊になりそうです。これからも、日本語、英語にかかわらず、よい絵本をたくさん読んであげたいな、と思います。

    掲載日:2009/01/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット