おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ことりのピチコ」 みんなの声

ことりのピチコ 作・絵:どい かや
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年01月
ISBN:9784052030963
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,073
みんなの声 総数 22
「ことりのピチコ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 初めてのお友達

    どいかやさんの作品は、読んだことがあったのですが、パステル調というかかわいらしい絵という印象があったのので、この表紙を見たときは、すぐにどいさんとは気づきませんでした。

    全体的に落ち着いた渋めのトーンで、新たな魅力を見つけた喜びがあります。

    鳥の子育ての様子・巣立ちの準備などの様子がよくわかりました。
    自立し始めの一人遊びで、初めてのお友達ができた、小鳥のピチコ。
    ミチコという女の子でした。
    「ピチコとミチコって、似ているね」と、子供も言っていました。

    どんなに楽しく遊んでいても、親鳥との約束を忘れていない、しっかり者のピチコが素晴らしく思えました。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 入園祝いによさげ

    ものすっごく綺麗で、図書館で借りてくるだけではもったいない気がしました。
    家で何度も開いたり飾ったりしたいなぁ。かわいらしく愛しい本です。
    鳥のフォームもですが、色彩もとても美しく、ビーズが散らばったシーンは、乙女真っ盛りな娘を惹きつけました。

    絵だけでなく、ストーリーもとても優しく温かく。親が見ていない所で友達と遊ぶようになった頃の悦びに溢れています。
    入園祝いなんかによさげ。

    掲載日:2011/05/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいい!の連続で

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子7歳

    どいかやさんの絵本を読むときは、いつも心癒されたい思いをいっぱいにしてとびらを開くのですが、今回のこの絵本もその期待を裏切らない作品でした。
    ことりのピチコ。。。とってもかわいいです。この言葉でしかこのかわいさを表現できないのが口惜しいくらい。
    何も知らない赤ちゃん鳥のピチコが少しずついろんなことを知っていくようすが、読んでいて「守ってあげたい!」という気持ちを高めていきます。
    ピチコと心優しい女の子ミチコとの出会いもすてきですね。自然の賜物である実の色と、ミチコが大切にしているビーズの色がコラボしてきらきらしていて、、、ずっと見ていたいページでした。小鳥と人間がこうやって共存していける世界を大切にしていかなきゃいけないなあって思いました。
    お友達にプレゼントしたら喜ばれるだろうなあって思う一冊です。

    掲載日:2010/04/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • やさしい絵。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子9歳

    淡い色彩に、心癒されます。
    お池のシーンも、夕焼けのシーンも、
    ビーズが散りばめられたシーンも美しい。
    小鳥のピチコも、毛並みがふわふわして、とてもかわいい。

    おとうさん、おかあさんに愛されて育ったピチコ。
    鳥の世界だけのお話しかと思っていたら、
    人間の女の子が出てきます。

    ピチコにとって、初めてのお友達。
    時間を忘れるくらい、とっても楽しかったのでしょうね。
    ピチコの嬉しさや喜びが伝わってきます。
    もっともっと遊びたかったけど、
    おかあさんとの約束を思い出します。
    偉いな〜ピチコ。

    おとうさん、おかあさんのいる場所に向かって飛ぶ姿に、
    不覚にも、ウルウルしてしまいました。

    掲載日:2010/01/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • おかあさんとの約束

    かわいい小鳥のピチコのお話です。
    ある日ふゆいちごを見つけ、夢中で食べていると女の子に出会います。
    初めて出来たピチコのお友達。ビーズを見に来ない?と女の子に誘われますが、もうあたりは夕焼け色・・・。

    ピチコはちゃんとお母さんと約束していたこと、忘れていなかったんですね。もっともっと遊びたいけど、もう帰らないとならない・・・。子どもならこの気持ち共感できるだろうと思います。目の前にわくわくすることが待っているのに、きちんと「またこんど」とさよならを出来たピチコ。偉かったです。
    色とりどりのビーズが辺り一面に散らばっている場面はとても綺麗で、女の子ならうっとりしてしまうと思いますよ。
    どいかやさんの優しい絵と、温かいお話で、心癒される一冊です。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 優しさに溢れています!

    どいかやさんの作品で、優しさに溢れています。

    ご両親の愛情いっぱいに育ったピチコは、心も安定していて人にも優し

    いと思いました。

    両親の言いつけを守って「夕焼け空になったら、お家に帰る」ピチコに

    両親の愛情の深さを思いました。

    女の子との出会いもこれからのピチコは、「お友達」とのかかわりで

    楽しい時をいっぱい経験すると思いました。

    淡い色彩の優しい絵に癒されました。

    とても可愛いピチコを抱きしめたくなります。

    掲載日:2009/05/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいらしい小鳥

    小鳥のピチコは春に生まれ、親鳥に大切に育てられ、
    上手に飛べるようになった冬に初めての体験をします。

    とってもかわいい小鳥です。
    娘が「かわいい!」を連発していました。
    ビーズはキラキラしていて小鳥はふんわり。
    本当に可愛いです。

    子どもは「小鳥のお友達なんて素敵っ私も友達になりたい♪」
    といった感想ですが、
    親の私は子どもが1人で行動することで
    出会う、様々なことを想像してしまって心配に。
    初めてのお友達が人間だと聞いた親鳥はどう思ったかしら?
    約束を守って帰ってきたピチコはとてもえらいです。
    子どもを信じて見守るしかないのかな?
    そんな余計なことを考えてしましました。

    掲載日:2009/04/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 初めての友達

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    春に生まれて飛べるようになった小鳥のピチコ。
    遠くまで飛んだときに、ビーズを落として困っている女の子と出会います。
    一緒に拾ってあげて、その女の子と仲良くなったピチコの喜びが伝わってきます。
    そして、ひとり立ちしても、両親の言いつけ(夕方になったらおうちに帰る)をしっかりと守る
    ピチコの様子が頼もしいです。
    ふゆいちごにビーズ、どいかやさんの絵の色彩が映えます。
    幼稚園や学校、と一歩ひとり立ちしたお子さんには共感してもらえると思います。

    掲載日:2009/04/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 嬉しさがあふれています

    チリとチリリシリーズのどいかやさんの新刊です。

    ふんわりとしたタッチのイラストがとてもかわいいです。
    今回の主人公は小鳥です。
    どんなお話かなとひきこまれ、ピチコが
    新しいものを見つけたり、お友達と出会ったり
    なんともいえないワクワク感と嬉しさが
    あふれていました。

    読み聞かせたのは息子ですが
    連続3回も繰り返し読まされました。
    冬イチゴを食べる場面では、自分も食べてみたいと
    食べるまねをしていたの一緒にまねしてみたり。

    男の子にも女の子にもオススメの絵本です。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 私と娘の宝物

    3歳の娘の幼稚園入園を前に購入しました。

    娘はピチコという響きがかわゆかったのか、すぐに気に入ってくれました。
    近所の公園の池を見ては
    「ピチコといっしょだね〜」
    夕焼け空を見ても
    「ピチコといっしょだね〜」
    (ピチコの絵本にも池や夕焼け空が出てきたねという意味)
    娘の目には、池や夕焼け空が、この作品のどいかやさんのほっこりとした絵のようにうつっているのかな。

    親目線からも、子育てに始まり 一人で外に飛んでいけるようになったばかりのおぼつかないピチコを見守る親鳥の姿が、入園を目前にした私の心境と重なり、切なくなります。

    いつの日か、娘が子育てを始めたら思い出してもらいたい大切な一冊です。

    掲載日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット