あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

おてがみ」 みんなの声

おてがみ 作:なかがわ りえこ
絵:中川 宗弥
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1998年
ISBN:9784834015003
評価スコア 4.39
評価ランキング 9,389
みんなの声 総数 22
「おてがみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 期待通りです

    • みきけいさん
    • 40代
    • せんせい
    • 大阪府
    • 男の子15歳、男の子13歳、男の子7歳

    本当にかわいく、フワフワしたお話です。

    今、クラスではお手紙のやり取りが流行っているので、この本を読んであげようと思いました。

    本当はにおに届けられたお手紙ですが、次々と色々な友達が読むことになり、少ししっかりした子は、にお以外の友達が読むと「ちがう〜」等とつっこんでいましたが、最終的にたまこちゃんが、遊びにきてくれた子全員分のおやつの準備をしたので、ホッと安心していました。
    手紙は個人とのやりとりですが、たまこちゃんの手紙みたいにみんなが読んでも大丈夫な手紙って、とても温かいですね。

    大人になるにつれ、心が狭くなっている自分に気付きました。
    子ども達にも、こんな温かい手紙もあるんだよという事は伝わったような気がします。

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • くりとぐら

    ”ぐりとぐら”を読んで以来中川りえこさんの作品が大好きなのでこの絵本を選びました。幸せな時間を感じられる絵本でした。絵もクーピーを使ったような柔らかな質感のものと太い筆で大胆に描いてあるのを組み合わせているのがとてもセンスを感じました。主人公の書いた一通の手紙が沢山の友達を巻き込んで幸せにしてしまうのはとても素敵なことだと思いました。改めて手紙っていいな!と感じました。読んだ後は私も主人公のように大切な友達に手紙を書きたくなりました。

    掲載日:2008/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 幸せなお手紙

    風船のお手紙って、いいなあ・・・・。「遊びにきてね、たまこ。」

    たったそれだけの手紙なんだけれど、4匹のねこを幸せにしたお手紙

    でした。大きく、大きく風船を膨らませて希望の幸せを運ぶ風船です。

    風船にお花の種をつけて飛ばしたくなりました。

    ねこの名前も、にお、みーた、くろすけ、どら、と可愛い名前です。

    名前も優しいし、文章を読んでても優しい気持ちになります。

    なかがわ そうや の絵も優しくなれます。

    クレヨンのなぐりかけの絵にも微笑んでしまいます。

    ほんわかする絵に癒されました。

    掲載日:2008/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夢がある空から来たお手紙

    普通の手紙ではなくて、風船についている手紙というところが、とても効果的に使われている本です。

    こんな風に風船に手紙がついてきたらどんなに素敵なことでしょう。風船についてくる手紙というだけで夢がありますし、こんな手紙ならきてほしいなあと思いました。

    なかがわそうやの描くねこの絵もかわいらしかったですし、ねこたちが、飛んできた風船についた手紙を自分に来た手紙と勘違いするところがおもしろかったです。

    掲載日:2007/08/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 中川ご夫妻の絵本も素敵!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子6歳、女の子2歳

    こねこのにおのところに、たまこちゃんから郵便が届きます。開けてみると、真っ赤な風船についた「あそびにきてね」というおてがみ。ところが、途中で風船が飛んでいってしまい、みけねこみ−たのところへ。自分へきたおてがみだと勘違いしたみ−たは・・・というように、いろんな雄ねこたちが、たまこちゃんからのお手紙に大喜びして・・・。
    これが、人間社会だったら鼻持ちならない(?笑)のでしょうけれど、絵本の世界の、かわいいねこたちのお話ですから、ラストもとてもほほえましいです。
    作者は「ぐりとぐら」のなかがわりえこさん、絵はご主人のなかがわそうやさんです。姉妹コンビもいいけれど、夫婦コンビの作品もまた違った魅力がありますよね。

    掲載日:2002/12/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • お手紙のリレー

    このお話は、ねこの世界が舞台のお話でした。一匹の猫が友達の猫に「あそびにきてね」という手紙を風船につけてとばしたのですが、それがどんどんリレーみたいに友達の手に渡っていって、最終的にはたくさんのお友達猫が遊びに来ることになりました。友達のリレーがとっても素敵なお話でした。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • あらら・・・勘違い。

    2歳の息子に図書館で借りてきました。

    なんとも個性的な絵に惹かれてしまいました。
    今息子は郵便屋さんにはまっているので
    お手紙を上げたり(空想で)もらったりして楽しんでいるので
    この絵本も気に入ってくれたようです。

    赤い風船とともに、お誘いの手紙がたくさんの人に読まれて
    それが自分への手紙だと疑いもせず、信じて喜んでいる。
    その姿がかわいいな〜と。
    そしてたまこちゃんが人気ものであることがよくわかります。

    たくさんの友達が遊びにきてもあわてず用意しちゃう
    懐の深さがもてる理由の一つでしょうか?

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手書きのてがみ

    手紙をもらった時の喜びが伝わってきます。
    ケータイやPCメールではなく、手書きの手紙っていいですね。
    ふうせんも子どもが好きなアイテムです。
    ラストは本当に子どもの憧れだと思います。
    ねこたちがいきいきと描かれている絵が、物語をよりおもしろくしています。
    背景をあっさりと描いてあるので、よりねこが引き立つようになっています。
    手紙を書きたくなる絵本です。

    掲載日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • とらたの人だねえ

    詠み始めてすぐに、娘が「とらたの人だねえ」と気がついたので
    ちょっとうれしかったです。
    とらたの絵本と同じように、ほんわかとあったかい気持ちになりました。
    みんながぶらさがったふうせんがとんできた場面では、微笑ましくて
    私も娘もけらけらと笑ってしまいました。
    お手紙を書くことが大好きで、誰かを招待することが大好きな(でも
    たいていは自分のぬいぐるみ達ばかりなのですが)娘は、たまこの
    ことがとってもうらやましかっただろうなあと思いました。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • だれ宛の・・

    お手紙のやり取りの温かさを感じる本を探していて、
    この本を手に取りました。

    ここで出てくる手紙は
    ポストに入れるお手紙ではなく
    風船に取り付けられたお手紙。
    あて先はなく、差出人だけなため
    読んだお友達が次々と集まってくるのです。
    想像していた「やり取りするお手紙」ではなかったけれど
    とても温かさを感じました。
    娘はというと
    落ち着いた心のやり取りをイメージしていたようで
    「なんだかバタバタしてるわね」と、すこし期待はずれのようでした^_^;

    掲載日:2012/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット