クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ラッセとマヤのたんていじむしょ ダイヤモンドのなぞ」 みんなの声

ラッセとマヤのたんていじむしょ ダイヤモンドのなぞ 作:マッティン・ビードマルク ヘレナ・ビリス
絵:マッティン・ビードマルク ヘレナ・ビリス
訳:枇谷 玲子
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,100+税
発行日:2009年01月
ISBN:9784072606308
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,512
みんなの声 総数 2
「ラッセとマヤのたんていじむしょ ダイヤモンドのなぞ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子ども探偵、大活躍

    こども探偵、ラッセとマヤのシリーズです。
    この巻が一番最初なのでしょうか、2人の開いている探偵事務所の説明が、他の巻よりもしっかり描写されています。

    事件を熱望している2人が出合ったのは、宝石店から毎日一つずつ消えていくダイヤモンドの謎。
    宝石店のオーナーから依頼を受け、犯人を捜します。

    このシリーズは、子ども向けに易しく書かれているのに、ちゃんと探偵小説になっているんですよね。
    犯人候補?の容疑者たちが3人程度登場し、みんなそれらしく動機を持っていて。
    ラッセとマヤが、聞き込みしたり、証拠を集めたり、、、ちゃんといっぱしの探偵さんなんですよ!

    探偵モノが大好きな息子のお気に入りシリーズです。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちゃんと推理できる

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の息子のための児童書を探していて出会い、息子にはまだ早いかなと思って一人で読みました。

    ラッセとマヤのシリーズの第一巻で、探偵事務所についても詳しく説明されています。宝石店の三人の店員のうち、たびたびダイヤモンドを盗んでいるのは誰か、二人が解決します。

    似たような探偵物では『めいたんていネート』のシリーズも読んだのですが、こちらのシリーズのほうが文章も長く、内容も細かいです。より大きな子向けだと思いました。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いちにちじごく』作者インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット