ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

モイモイのポッケ」 みんなの声

モイモイのポッケ 作・絵:H@L
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784776403258
評価スコア 4.09
評価ランキング 17,890
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たからものをさがして

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    オリジナルな鳥さん?ポッケを持つ鳥のモイモイがポッケに入れるたからものをさがすお話です。
    子供ってなんでもたからものにするところがあるし、いったいなにがたからものになるのかな?と思いつつ読みました。
    みんなに「ぼくのたからものをしらない?」と言ってまわりますが、なかなかみつかりません。
    たからものって人によって違いますよね。うちの子どもたちのたからものはその時々で変わります(笑)。

    掲載日:2016/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい絵が魅力。

    何と言っても、優しい絵が魅力だと思います。
    お母さんのポケットには宝物が入っていて、それを聞いたモイモイは宝物探しに行くのです。それをぽっけに入れるために。

    モイモイはしっかりおかあさんのぽっけの中にいるんです。
    モイモイもおかあさんのたからものなのね〜と子どもと話しました。

    最後にはモイモイだけの宝物を見つけます。
    優しい気持ちになれる絵本だと思います。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな絵を描けたらな〜

    優しい色合いで女の子がとっても好きそうな絵
    子供が描いたのかしら?と思うようなのっびのびした絵
    とっても「絵」が印象的な絵本。
    我が子がこんな絵を描いてくれたらな〜と思いました。

    お話も素敵。
    自分の宝物を探しに行くんです。
    息子と一緒に読んだので、自分だけの宝物を見つけてほしいな〜と伝えました。

    掲載日:2011/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわかした絵です。

    モイモイの宝物探しのお話です。

    かわいい絵とかわいいお話です。

    子供受けはう〜ん?話が長すぎるのか途中で飽きちゃってるみたいでした。
    もうちょっと大きくなってからのほうがよかったのかな?

    掲載日:2011/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ポッケどり」だって!可愛い〜!

    娘が6歳になったばかりの頃に読みました。
    今でもお気に入りです。
    表紙もとっても可愛いので子どもの部屋に飾るのにも良いです。

    「ちびっこポッケどり」のモイモイが、ポッケに入れる宝物を探しに出かけます。
    いろんな動物に出会って、それぞれから宝物を教えてもらおうとしますが…。
    娘は、ワニさんに驚かされる場面に「ウキャー」と喜んでいました。

    絵もお話もファンタジーでとにかく可愛い…。
    素敵なタッチなので大人の絵本好きの方にも好まれるかも。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    子どもの描いたような不思議な絵です。でも色鮮やかで、独特の雰囲気があって素敵。
    登場するのはポケットどり。ポケットがたくさん付いた鳥なんです。そして「わららかの木」に住んでいます。絵と同様に不思議な世界。
    お母さんに言われて、モイモイは自分のポケットに入れる宝物を探しに出かけます。
    きりんに聞いたり、わにに聞いたり、そして最終的にたどり着いた宝物は意外なものでした。
    4歳の娘にはちょっと分かりづらかったかな。
    でも、お母さんのポケットにちょこんと入っているモイモイを発見して、嬉しそうにしていました。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんの宝物を詰め込んで☆

    ポッケって子どもの大好きアイテムですよね。
    5歳も娘も洋服にポッケが付いていると嬉しいらしく
    葉っぱや折り紙などいろんなものを入れて楽しんでいます。

    この本ではポッケに入れる宝物を探しに出かけます。

    モイモイのたからもの
    モイモイのたからもの・・・

    という独り言がかわいいです。

    むすめも、本を読んだ後ポッケに入れるものをおもちゃ箱から
    「○○ちゃんのたからもの・・・
     ○○ちゃんのたからもの・・・」と、さがしていました。

    色使いも明るく、わくわく感が感じられる絵本です。
    ラストのお母さんのポッケに収まっている
    モイモイがかわいらしい。

    お母さんのたからもの、モイモイなんですね。

    楽しく読みました。

    掲載日:2010/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きです

    最近の作家さんでこんな素敵な絵本を描いている方を発見してとても嬉しいです。

    「子供が描いた様な」はみだし気味の絵はとてもカラフルなのに何か赤ちゃんのとき胎内にいたような懐かしささえ感じます。

    お話もかわいいです。
    自分の体にいくつもぽっけをもっているモイモイはポッケに入れる宝物を探すたびに出ます。
    ハラハラドキドキの旅の末に得たモイモイの宝物とは。。。?

    途中、文字のないページがありますが、私は読み聞かせのとき、このページで一番子供と会話をします。

    2歳になったばかりの息子がはまった最初のストーリーのある絵本です。「モイモイはどこ?」といつも読んでとせがまれます。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • きっとこれからも増える宝物。

    きっと初めにモイモイが想像していた宝物は形のあるものだったのではないでしょうか。そして、フクロウさんに色々な体験談を聞かせてもらう内に、ちょっと心が成長して、フクロウさんのお話を宝物だと感じたのかなと思います。
    きっとこれからもモイモイのポッケには素敵な宝物が増えていくんだろうなぁと感じました。

    子供のポッケにもそんな宝物を残してあげたいなと思いました。

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポケットの宝物

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    お母さんのポッケにはたくさんの宝物。
    モイモイは自分のポッケに入れる宝物を探しに出かけます。

    ポケットに宝物。
    うちの娘も散歩の途中に拾ったドングリを、宝物のようにポケットにしまいます。
    そんなことを思い出しながら楽しく娘と一緒に読みました。

    モイモイのけな気な様子がとても微笑ましいです。
    やっと見つけたのは、とっても素敵な宝物。
    「この宝物をモイモイはポッケにしまうんだよ」と娘に話すと、娘はさっとそれを掴み、自分のポッケにしまいこみました。
    それはモイモイにとっての宝物なんだけどね。

    掲載日:2009/01/22

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / 14ひきのひっこし / がたん ごとん がたん ごとん / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / かいじゅうたちのいるところ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット